仮想通貨解説

仮想通貨のBen(ベン)って何?特徴・将来性・買い方・価格予測について解説【草コイン・ミームコイン】

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

(※重要)投資に関する判断は自己責任でお願いいたします。本記事に記載されている事は、記事執筆時点での情報に基づいて記載をしています。

みなさんこんにちは!

今回は仮想通貨のBenに関しての記事になります。

犬のイラストが可愛いキャラクターでですが、一体どんな特徴があるのでしょうか?

皆さんと一緒に確認をしていきたいと思います。

DNくん
DNくん

それではよろしくお願いいたします!

仮想通貨のBenって何?

ベン (bencoineth.com)

基本情報

公式ホームページベン (bencoineth.com)
公式ツイッター$BEN(@bencoin_eth)さん / Twitter
コントラクトアドレス0x9bf1d7d63dd7a4ce167cf4866388226eeefa702e
最大供給量420,690,000,000,000 BEN
時価総額¥4,674,588,426
自己申告供給量420,690,000,000,000 BEN
Coinmarketcapへの掲載2023年5月8日
情報は記事執筆時点の情報に基づく

犬のキャラクターのミームコイン

仮想通貨のBenに関してはミームコインに分類されるコインと言えます。

ミーコインとは

ミームコインとはインターネット上のスラング・ノリ・文化から生まれたミームを元にしたコインなどを指します。基本的には実用性が無いものがほとんどです。単純にジョークで生まれたコインなので娯楽目的と言えるでしょう。過去にミームコインの中では50万倍の高騰をした仮想通貨もあるのでミーコインミリオネアを目指す方も多くいます。

現時点での犬のキャラクターは今後変更していくようです。

Twitterに告知されています。

今後は、もっとポップなデザインの犬のキャラクターが採用されていくようですね。

猫くん
猫くん

可愛いイラストだと思うにゃん

価格推移

Ben(BEN)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap

仮想通貨トラッキングサイトのCoinmarketcapで価格推移について見ていきます。

仮想通貨のBenは最低価格から約20倍程度の価格上昇を見せております。

最高価格May 10, 2023$0.0000001885
最低価格May 08, 2023$0.000000009416

最高価格から、一定の価格下落を起こしていますが、悪くないし順で推移している状況にあります。

146万人インフルエンサーの方が言及

BitBoy Crypto - YouTube

仮想通貨系のインフルエンサーであるBitBoy Cryptoさんがこの仮想通貨Benに関して言及しているツイートは何個か確認することが出来ます。

BitBoy Cryptoさんの名前はBENさんという本名みたいですね。

Twitterで複数の言及

BitBoy Cryptoさんは上記のような形でツイートを行っています。

仮想通貨Benに関して言及するツイートは4~5程度あるのを確認できました。

BitBoy Cryptoさんが立ち上げたわけではない

BitBoy Cryptoさんの本名はBENといいますが、彼がこのプロジェクトを立ち上げたわけではなさそうです。

I did not launch the project. 私がプロジェクトを立ち上げたわけではありません。

上記のような文言が本人からツイートされています。

約6.5万人インフルエンサーが創設者

Ben (bencoineth.com)

仮想通貨Benの創設者は公式ホームページ上で公開されています。

この方を調べてみるとTwitterで発見することが出来ました。

記事執筆時点の情報に基づくと約6.5万人程度のTwitterフォロワー数を獲得しているアカウントのようでした。

創設者のTwitter

ben.eth(@eth_ben)さん / Twitter

上記のTwitterアカウントが創設者のアカウントで間違いないようです。

プロフィール欄にも仮想通貨Benに関する言及があります。

上記のようなツイートも行っています。

$BEN IS A FIRST OF IT’S KIND INFLUENCER MEME TOKEN. $BENは初めてのインフルエンサーのミーム トークンです。

インフルエンサーであるBEN氏が発行したトークンであることを示唆したツイートもされておりました。

DNくん
DNくん

この方は、他にもコインを発行しているようですね。その件については後述していきます。

購入方法

仮想通貨のBenは国内の仮想通貨取引所では購入することが出来ません。

海外の仮想通貨取引所で購入しましょう。

仮想通貨じい
仮想通貨じい

最新草コイン銘柄は海外の仮想通貨取引所で購入するしかないんじゃ

購入の大まかな流れ

  • 国内の仮想通貨取引所でリップルを購入する
  • リップルを海外の仮想通貨取引所に送金する
  • 海外仮想通貨取引所で購入する

上記のような手順で海外の仮想通貨取引所で購入を行っていきます。

仮想通貨のリップルを送金する理由には二つあります。①送金スピードが速い事②送金手数料が安い事。という理由があります。リップルは送金に適した仮想通貨なのでリップルを選んでいます。

国内仮想通貨取引所

国内仮想通貨取引所の新規口座開設をしていない方は、この機会に新規口座を開設しましょう。

10分もあれば十分開設できます。

【PR】CoinCheck

【PR】おススメ仮想通貨取引所

コインチェック

👉【PR】Coincheckの特徴

  • アプリDL数がNo1
  • 初心者にも分かりやすいサイト設計
  • 365日体制のサポート
  • 国内最古の歴史がある取引所

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

コインチェック

合わせて読みたい 仮想通貨取引所のコインチェック(Coincheck)とは?安全性や使いやすさなどの実際に使用してみての感想

合わせて読みたい 仮想通貨取引所のコインチェックで仮想通貨を購入する方法(販売所編)

【PR】DMM Bitcoin

【PR】おススメ仮想通貨取引所

👉【PR】DMM Bitcoinの特徴

  • 出金手数料が無料で利用できる
  • 安心・安全のセキュリティ体制
  • 365日体制のサポート
  • 国内No1のレバレッジ取引

【PR】DMM Bitcoin公式ホームページはコチラから

DMM Bitcoin

合わせて読みたい DMM Bitcoinってどんな仮想通貨取引所?評判や口コミ・選ばれる理由も解説

合わせて読みたい DMM Bitcoinでの新規口座開設方法について解説します

購入できる海外の仮想通貨取引所はドコ?

現時点で購入できる主な仮想通貨取引所はMEXCになります。

シンガポール発の仮想通貨取引所のMEXCの新規口座がまだの方は、こちらも開設すると便利です。

仮想通貨取引所のMEXC

どこの国の仮想通貨取引所?シンガポール
最大レバレッジ数200倍
取り扱い銘柄数約1600
設立年2018年
展開国数170以上
ユーザー数1000万人以上
スマホアプリandroid&iPhone
日本語対応
MEXCの基本情報

下記リンクより新規開設で手数料ずっと10%オフ

MEXCの新規口座開設はコチラ

仮想通貨じい
仮想通貨じい

手数料が安くて有名な取引所じゃ

👉MEXCおススメポイント

  • 世界トップレベルの取り扱い銘柄数
  • 非常に安い手数料水準
  • 使いやすいく優秀なプラットフォーム
  • 日本語完全対応

関連 【初心者用】MEXCでの新規アカウントの口座開設方法について解説します

関連 MEXCでのGoogle二段階認証の設定方法について解説します

DNくん
DNくん

取り扱い銘柄数は下記のとおりです

仮想通貨取引所の名前取り扱い銘柄数
Binance(バイナンス)約360
Bybit(バイビット)約300
Kucoin(クーコイン)約750
MEXC約1600
Bitget(ビットゲット)約500
Gate.io約1700
OKX約350
BTCEX約190
CoinEx(コインエックス)約700
BingX(ビンエックス)約500

創設者の別のコインで訴訟問題(?)

仮想通貨Benの創設者である「ben.eth氏」に関しては少しトラブルになっているような記事も発見しました。

なので、少し注意が必要になってきます。

「ben.eth氏」は仮想通貨Benの他にも他の仮想通貨を発行しています。

$PSYOPに関してのトラブルで訴訟問題に発展しそうだという事が記事になっていました。

そちらのトラブルが大きな問題になった場合には仮想通貨Benに関しても影響が出る可能性がありますので注意が必要になってきます。

詳細については関連する記事にて確認をしてください。

下記は訴訟を起こす可能性があると警告している方のTwitterになります。

まとめ

という事で今回は仮想通貨Benに関しての記事になりました。

ミームコインになりますのでコイン自体に価値がなく娯楽目的の仮想通貨になります。

魅力的な部分もありますが、リスクもあります。

男の子
男の子

DYORでお願いいたします

注意が必要になってきます。

今回の記事は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

仮想通貨女子
仮想通貨女子

ありがとうございました~

  • この記事を書いた人

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

-仮想通貨解説
-

error: このページは右クリックなどはできません。