BingX

BingX取引所ガイド|評判・手数料・入金出金などの使い方解説

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

(※重要)投資に関する判断は自己責任でお願いいたします。本記事に記載されている事は、記事執筆時点での情報に基づいて記載をしています。

この記事を見ている方は仮想通貨取引所のBingXに関して、何らかの興味を持っていたり仮想通貨に興味のある方がほとんどだと思っています。

現状ネット上には仮想通貨取引所のBingXについての情報は少ないのが現状です。

筆者はBingXを普段使いの仮想通貨取引所の一つとして利用しているので、この経験を記事にしていきBingXに興味を持っている方の為の記事を書いていこうと思っております。

BingXはアプリも使いやすくデリバティブに力を入れている仮想通貨取引所という事もあり、今後伸びて行く可能性は十分あると考えていてます。

ぜひ、この記事がみなさんのお役に立てばと思います。

この記事で分かる事

  • BingXの特徴
  • BingXでの入金方法
  • BingXでの出金方法
  • BingXの手数料
DNくん
DNくん

主に上記を中心に書いていきます

このブログについて

筆者は、ブログ・Twitter・Youtubeで仮想通貨に関する情報を日々発信しています。

仮想通貨と接してきた経験をもとに本記事を執筆しています。

当ブログはアフィリエイトプログラムに参加をしています。

当ブログ内で利用されているリンクはアフィリエイトリンクを利用しています。

DNくん
DNくん

分かりやすく説明していくよ!!

目次

おススメ国内仮想通貨取引所

基本的に国内仮想通貨取引所は取り扱い銘柄が少なく海外の仮想通貨取引所は取り扱いが豊富という違いがあります。

どこの仮想通貨取引所を利用するかは個人の判断でお願いします。

まだ、国内の仮想通貨取引所を開設していない方はこの機会に開設してみてくださいね。

DMM Bitcoin

【PR】有名なDMMグループが運営する仮想通貨取引所であるDMM Bitcoin。

【PR】DMM Bitcoin公式ホームページはコチラから

暗号資産をはじめるなら、DMM Bitcoin

Coincheck

【PR】500円の少額から利用できるコインチェックの口座を持っていな方はこの機会に口座開設をサクッと行っておきましょう。

コインチェック

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

Coincheckの新規口座開設はコチラ

仮想通貨の税金について

仮想通貨の損益の計算を簡単にしてくれる損益計算ソフトの”クリプタクト”を実際に利用してみました。

DNくん
DNくん

レビューを記事にしたので読んでみてくださいね♪

確定申告のギリギリになって慌てないように事前に導入の検討をしておきましょう。

【PR】公式ホームページはコチラから

合わせて読みたい 【確定申告】仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)を導入した感想&新規アカウント開設方法

合わせて読みたい 仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)の新規アカウント開設方法を解説【税金・確定申告】

当ブログBingXの招待コード

まず最初にBingXの招待コードを掲載しておきます。

当ブログの招待コードは「ULXQSNARH」となっています。

ご自由に利用してください。

また、当ブログの下記のような招待ボタンから公式ホームページに行く場合は自動的に招待コードが入力されている仕様になっています。

下記リンクより新規口座開設で取引手数料20%オフ(永久)

BingXの新規口座開設はコチラ

BingXってどんな仮想通貨取引所?

BingXはビンエックスと読みます。

BingXは2018年に設立された海外の仮想通貨取引所です。

BingXの基本情報

設立年2018年5月
登録されている国United States
取り扱い銘柄数530以上
日本語の対応
取引手数料メイカー0.02%/テイカー0.05%
全世界ユーザー数500万人以上
展開国数100以上
ライセンス4か国
記事執筆時点の情報に基づく

BingXの歴史

  • 2018年 設立
  • 2019年 コピー取引の開始 アジア圏での拡大
  • 2020年 英語圏への拡大 世界規模へ
  • 2021年 24時間取引量でCoinMarketCapで8位にランクイン

BingXの保有ライセンス

BingXの登録されている国は仮想通貨トラッキングサイトのCoingekoによるとアメリカ合衆国に登録されていると分かります。

そして支店は、ヨーロッパ・オーストラリア・香港・台湾などで支店を置いており、世界的な規模で運営をしている海外の仮想通貨取引所です。

BingXが保有しているラインセンスは4つの国です。

BingXソーシャル取引プラットフォームについて
  • アメリカ合衆国
  • カナダ
  • EU(リトアニア)
  • オーストラリア

上記のように現地の当局からのライセンスを得ている信用できる仮想通貨取引所という事が分かります。

また、BingXの場合はライセンスの詳細が分かるように各国のライセンスが分かるライセンス取得の証明ページへのリンクがついていますので、みなさんが実際にラインセンスに関しての確認を行う事が可能になっています。

そういった点も非常に信用性・透明性があると言える点です。

下記リンクより新規口座開設で取引手数料20%オフ(永久)

BingXの新規口座開設はコチラ

BingXでの新規口座開設方法について

BingXでの新規口座開設は非常に簡単です。1分で完了して、もちろん完全無料です。

新規口座開設には下記の二つが必要になってきます。

口座開設に必要な物

・メールアドレスあるいは電話番号

・パスワード

メールアドレスに関してはヤフーメールやGmailなどのフリーメールでも問題はありません。

下記リンクより新規口座開設で取引手数料20%オフ(永久)

BingXの新規口座開設はコチラ

BingXのアプリは使いやすく好評

最近はスマホの普及に影響してFXを外出先で簡単に行う方も多く見受けられます。

そんなスマホ社会の現代において取引所がリリースしているアプリに関しても事前に知っておく必要がありますね。

アプリの利便性・機能性についてです。

実際に筆者自身もBingXのアプリを利用していますが使いやすくおススメできます。

実際にアプリに関してはGoogle play storeの評価をチェックしてみると非常に高い評価を得ているのが分かります。

アプリの評価

(2023年1月17日の記事執筆時点での評価)

★4.8 7680件のレビュー

ダウンロード数 50万以上

DNくん
DNくん

高い評価を得ているんだね!

非常に利便性に優れているBingXのアプリに関しては強いて言えば少し改善の余地はあります。

というのも、一度アプリを閉じてしまうと再ログインが必要になる点が少し手間だと感じる部分はあります。

再ログインに関しては指紋認証や顔認証などで楽に行うことができるのですが、一回一回再ログインが必要になります。

他の取引所であればログインした後に30分経過した後に再度認証を求められるというシステムを採用してる取引所もあります。BingXは安全性については、良いとは思うのですが利便性との兼ね合いという点で考えていくと考慮の余地はあるかもしれませんね。

※追記 上記のような仕様は改善されました。更に利便性が増しています。

下記リンクより新規口座開設で取引手数料20%オフ(永久)

BingXの新規口座開設はコチラ

BingXの手数料について

ここからはBingXでの手数料について確認をしていきましょう。

各種手数料については以下のようになっています。

まず現物取引手数料について見ていきます。

現物取引手数料

銘柄メイカー手数料テイカー手数料
ビットコイン BTC/USDT0.1%0.1%
イーサリアム ETH/USDT0.1%0.1%
リップル   XRP/USDT0.1%0.1%
BNB     BNB/USDT0.1%0.1%

現物取引手数料は以下のようになっています。

上記は主要なコインだけを抽出したものになっています。

コインによって手数料は変わってきますが基本的に0.05%~0.2%の範囲内に収まります。

続いては入金出金手数料についての確認を行いましょう。

入金・出金手数料

ここからは入金・出金手数料について見ていきますが、チェーンによって手数料は異なってきます。

したがってBNB Smart Chain (BEP20)という皆さんが比較的多く利用するチェーンで見ていきます。

入金手数料出金手数料
ビットコイン(BTC)無料0.00001
イーサリアム(ETH)無料0.0005
リップル(XRP)無料0.24
USDT無料0.8

BingXでの入金手数料は基本的に無料になっています。

出金手数料に関してもUSDTで0.8程度なので他の仮想通貨取引所と比較しても変わらない程度の安い水準になっています。

送金する際はリップルを使うとお得

上記の表でも分かるように出金手数料はリップルが一番安いという事が分かります。

多くの仮想通貨取引所でもリップルの出金手数料は安く設定してあります。

少しでも出金手数料を安くできるというメリットの他、出金に要する時間もリップルは優秀です。

ビットコインの場合は一般的に10分以上の時間が必要になると言われていますが、リップルの場合は大抵数十秒で処理が完了します。

リップルは出金に適した仮想通貨と言えるでしょう。

先物取引手数料

ここからは重要な先物取引手数料について見ていきます。

現物や出金手数料に関して言えば、普段の取引で頻発するような取引ではないのでそこまで気にする必要はあまりありません。

しかしながら先物取引手数料になると普段から、取引を繰り返しますので積み重なり大きな金額になります。

最悪、手数料負けという事になりかねません。

まずは、BingXの手数料について確認を行っていきます。

BingXの手数料

メイカー手数料テイカー手数料
先物取引手数料0.02%0.05%

BingXの手数料は上記のような価格になっています。

この価格は他の仮想通貨取引所と比較すると安いのか?高いのか?について見ていきます。

他の取引所との比較

仮想通貨取引所の名前メイカー手数料テイカー手数料
KuCoin0.02%0.06%
Bybit0.02%0.06%
Bitget0.02%0.06%
BingX0.02%0.05%
Gate.io0.02%0.05%
OKX0.02%0.05%

BingXでの先物取引手数料と他の仮想通貨取引所と比較が上記になります。

大手仮想通貨取引所よりも少し安い水準になっているのが確認して頂けます。

BingXはデリバティブ取引に強い取引所でコピートレードも行われている取引所でもあるので、手数料が安い水準に抑えられているという事は非常に良い事だと感じます。

要チェック 【放置で稼ぐ】仮想通貨取引所・BingX(ビンエックス)でのコピートレードのやり方

下記リンクより新規口座開設で取引手数料20%オフ(永久)

BingXの新規口座開設はコチラ

VIP会員になる事で更に手数料が安くなる

BingXではVIP会員制度があります。

VIP会員になる事で、先物取引手数料を更に安くすることが可能になっています。

VIP会員になる方法

VIP会員になる方法は2種類があります。

  • 既定の取引量をクリアする
  • 口座内の資金が一定額を超える

上記のどちらか一方をクリアする事でVIP会員になる事が可能です。

VIPレベルは0~5までの段階があります。

全てユーザーはレベル0からスタートするので、ほとんどのユーザーがレベル0という事になります。

VIPになると、どこまで手数料は安くなるのか?

ここからは、VIPレベルと手数料について見ていきます。

VIPレベル取引要件(30日間でクリアするUSDT額)前日の資産(USDT)メイカー手数料テイカー手数料
0<10,000,000<50,0000.0200%0.0500%
1≥10,000,000<50,0000.0060%0.0475%
2≥20,000,000≥200,0000.0040%0.0425%
3≥50,000,000≥1,000,0000.0020%0.0400%
4≥100,000,000≥2,000,0000.0020%0.0375%
5≥200,000,000≥3,000,0000.0015%0.0350%

VIP手数料については上記のような水準になっています。

VIPレベリングに到達するとテイカー手数料が業界最安レベルの0.0350%に到達します。

資産額に関しては、特に使用する必要がなく口座内に入ってさえいれば良いので比較的達成しやすいかもしれませんね。

下記リンクより新規口座開設で取引手数料20%オフ(永久)

BingXの新規口座開設はコチラ

BingXの世界的ランキングは?

という事で、ここからはBingXのランキング順位を見て行きましょう。

「ランキング順位なんてドコが発表しているの?」という声が聞こえて来そうな気もしますが仮想通貨取引所にはランキングがあるんです。

というのも仮想通貨サイトには通貨のランキングと取引所のランキングが掲載されていたりするので今回は、その順位を見て行きます。

ただ、ランキング上位だからと言って安全かと問われると必ずしもそういう事ではありませんので、あくまで目安に過ぎません。

気軽な気持ちで見て頂ければと思います。

仮想通貨取引所ランキング上位だから安全?

猫くん
猫くん
DNくん
DNくん

安全とは言い切れません。あくまで民間サイトの評価値になります。

Coingeckoでの順位

設立年2014年4月
取り扱い銘柄数10000以上
月間ページビュー2億+
平均月間ユーザー数100万+
ダウンロードされたアプリ数100万+
公式ホームページ仮想通貨価格、チャート、仮想通貨時価総額 | CoinGecko

仮想通貨トラッキングサイトのCoingekoから見ていきましょう。

Coingekoでは「トラストスコア」という独自の基準に基づく評価方法で仮想通貨取引所の信用度を数値化している事が特徴の仮想通貨トラッキングサイトです。

トラストスコアは評価「8」(10点満点中)

デリバティブ部門7位

CoinmarketCapでの順位

設立年2013年5月
取り扱い銘柄数8192(2021年時点)
設立者Brandon Chez氏
月間ページビュー3億5000万回
1日のアクティブユーザー数44万5000人
公式ホームページ仮想通貨価格、チャート、時価総額 | CoinMarketCap

Coinmarketcapは世界最大の仮想通貨トラッキングサイトです。

2013年に設立されていますが、現時点では仮想通貨取引所Binanceに買収されています。

運営自体はBinanceから分離して行われています。

現物部門38位

デリバティブ部門15位

下記リンクより新規口座開設で取引手数料20%オフ(永久)

BingXの新規口座開設はコチラ

BingXの運営はどんな人たちなの?

ビンエックスの運営さんたちはどんな人たちなの?

猫くん
猫くん
DNくん
DNくん

BingXの公式ホームページに記載されていますが、世界的な有名企業の第一線のインターネットチームで構成されているという事です。

  • JPモルガン
  • チェース
  • スタンダード・チャータード
  • Google
  • テンセント
  • アリババ

BingXの創設チームやコアメンバーは上記の世界的な企業出身のチームで構成されています。

金融やインターネット関係の業界で10年以上の経験を積んだメンバーもいるようです。

下記リンクより新規口座開設で取引手数料20%オフ(永久)

BingXの新規口座開設はコチラ

BingXでの入金方法

ここからはBingXでの入金方法についての解説を行っていきます。

まだBingXの新規開設が済んでいない方は下記のボタンからアカウントの作成をしてみて下さいね。

下記リンクより新規口座開設で取引手数料20%オフ(永久)

BingXの新規口座開設はコチラ

入金の大まかな流れ

  • BingXのトップページに移動
  • 右上にある資産の項目から(入金)を選択
  • 入金に関する情報を出金元の仮想通貨取引所で入力

①まず、BingXのトップページに移動

②右上にある資産の項目から(入金)を選択

③入金に関する情報を出金元の仮想通貨取引所で入力

  • 送付する通貨を選択
  • ネットワーク名
  • 入金アドレス

下記リンクより新規口座開設で取引手数料20%オフ(永久)

BingXの新規口座開設はコチラ

BingXでの出金方法

ここからは、仮想通貨取引所BingXでの出金方法についての解説です。

出金の大まかな流れ

  • BingXのトップページに移動
  • 右上の出金の欄を選択
  • 出金の欄で必要事項を入力

①BingXのトップページに移動

②右上の出金の欄を選択します。

③出金の欄で必要事項を入力

必要事項の入力は下記を入力します。

  • 送付する通貨を選択
  • ネットワーク名
  • 出金アドレス
  • 出金数量
  • コメント(任意)

下記リンクより新規口座開設で取引手数料20%オフ(永久)

BingXの新規口座開設はコチラ

BingXでの入金・出金に関する注意事項

ということで、今回はBingXでの仮想通貨の入金・出金について説明をしてきました。

初めての方や久しぶりに利用する方は、最初は戸惑うとは思いますが、作業自体は難しくはありませんので心配無用です。

特に注意するのは最初にテストで少量を試すという事です。

私自身も経験がありますが仮想通貨で管理していないアドレスに送金してしまうと戻ってくることは、ほぼ無いと言えるので自身の大事な資産を失わないように面倒であっても必ず試しで少額をテストしてください。

下記リンクより新規口座開設で取引手数料20%オフ(永久)

BingXの新規口座開設はコチラ

BingXでアフィリエイトを行う方法

アフィリエイトって何?

アフィリエイトとは紹介制度ともいえるでしょう。

アフィリエイターが発行する、紹介リンクから新規に登録したユーザーがいるとします。

そのユーザーが取引所で取引をした場合に、本来取引所が受け取る手数料の一部をアフィリエイターが受け取るシステムのことを言います。

一般的には海外の仮想通貨取引所のアフィリエイトリンクでは紹介された側にもメリットがあります。

リンクを踏んでくれたユーザーに対して、手数料割引の優遇があったりするケースがあるので、アフィリエイターとユーザー相互にメリットがあるケースが多くあります。

アフィリエイトをする前にBingXアカウントが必要

アフィリエイト申請の前にBingXのアカウントを作る事は必須条件になっています。

と言っても、KYC認証も不要ですし実際に取引をする必要はありません。

なぜ、アフィリエイトを行うのにBingXのアカウントを作る必要があるの?

アフィリエイトを行って報酬が発生する場合には、BingXのアカウントに報酬が支払われることになります。ややこしいですが、BingXのアカウントとBingXのアフィリエイトアカウントは別物で独立しています。この二つのアカウントがリンクされていることが必要になってくるので、BingXのアカウントも必要になってきます。

気軽に開設することが出来ます。1分で開設可能なのでサクッと解説をしてみて下さいね。

下記リンクより新規口座開設で取引手数料20%オフ(永久)

BingXの新規口座開設はコチラ

アフィリエイト申請を行う方法

新規口座開設が完了しましたら実際にアフィリエイト申請を行ってみましょう。

大まかな流れ

  • BingXのトップページへ
  • 「詳細」より「アフィリエイトプログラム」へ
  • 必要事項を記入の上、アフィリエイトプログラムを申請する

BingXでのアフィリエイトプログラムについての申請は以上のようなステップを踏んで行います。

ここからは画像付きで解説を行っていきます。

①BingXのトップページへ

②「詳細」より「アフィリエイトプログラム」へ

③必要事項を記入の上、アフィリエイトプログラムを申請する

必要事項に関しては非常にシンプルな仕組みになっており、プロモーション方法を詳細に記入する事で、審査の通貨がし易くなるという記載があります。

しかし、推測にはなってしまいますが、ほとんどの場合は審査の承認が通ると思いますので安心してくださいね。

記事執筆時点ではBingXの認知度だったりアフィリエイターも他の取引所と比較すると、少ない状況になります。取引所からするとBingXを宣伝してくれるアフィリエイターは非常に貴重な存在と言えるでしょう。

そこまで審査に関して心配する必要はないと思います。

入力する必要事項は下記の通りになっています。

  • ニックネーム
  • メールアドレス(任意)
  • プロモーションリソース(どの媒体で宣伝するか)
  • 連絡方法 連絡先(テレグラムやDiscordやlineなどから選択)

連絡方法には関しては、テレグラムやDiscordをやってない方も多いと思うので補足ですが、Twitterのアカウントでも問題ないと思います。筆者自身もTwitterアカウントのDMで担当者の方ともやり取りをしている状況にあります。Twitterのアカウントだったら宣伝用に匿名で簡単に開設できますので、保有していない方は、この機会に開設を検討してみてはどうでしょう?

下記リンクより新規口座開設で取引手数料20%オフ(永久)

BingXの新規口座開設はコチラ

複数アカウント作っても大丈夫?

筆者も多くの取引所で複数アカウント運用中

筆者は数多くの仮想通貨取引所とのパートナーになっており、実際に複数の仮想通貨取引所ではアカウントを2つ作成して運用しております。

「なぜ、複数のアカウントを必要としているのか」という点に関してお答えすると用途に応じて使い分けを行っているという点とブログ作成用に必要という理由から複数のアカウントを作成しております。

実際にブログに掲載する情報に関しては「自分で実行してみる」あるいは「運営さんの日本市場担当者さんに確認をする」という事を行っています。

前者の「自分で実行してみる」という事を行うと、見えてこなかった問題点などが浮かび上がってくる場合がありますので、できる限り実際に行動に起こすことを意識しながら行っております。

多くの取引所は複数アカウントに寛容

多くの仮想通貨取引所は複数アカウントの作成に関しては、寛容です。

不正目的や新規登録の恩恵を得るために大量のアカウントを作成するなどの事をしない限りは複数アカウントの作成に関しては許可あるいは黙認されているのが現状です。

しかしながら、多くの仮想通貨取引所では上記で述べたように寛容ですが一部の取引所では複数アカウントに関して推奨できないという取引所も存在しています。

したがって、複数アカウントの開設を行う際には事前に規約の確認や運営などへの問い合わせを行ったほうが確実です。

今回の当記事では実際にBingXの日本市場の担当者さんに確認を行いましたので下記に記載していきますね。

下記リンクより新規口座開設で取引手数料20%オフ(永久)

BingXの新規口座開設はコチラ

複数アカウントを作る上での最大のデメリット

複数アカウントを作成する上での、最大のデメリットは両方のアカウントでKYC認証を行うことができないという点があります。

複数アカウントの事例

・アカウントA KY認証できる

・アカウントB KYC認証できない

ポイント

二つのアカウントでKYC認証はできないので要注意

基本的には仮想通貨取引所ではアカウントの本人確認であるKYC認証を行うことは必須ではなく、認証しなくても普通通りに取引を行うことができます。

KYC認証をしない事で大口の出金ができなくなる等の一部取引に制限がかかるというデメリットを許容できるのであれば問題ありません。

今後KYC認証が必須の時代は来るのか?

今後、KYC認証をしない事での出金限度額の幅は少なくなる流れが想定されます。大手仮想通貨取引所であるBybitは出金上限額の改定を2022年に行われました。大手が行った改定は他の取引所にも波及する可能性があります。業界全体の健全性などは今後ますます求められると思います。

下記リンクより新規口座開設で取引手数料20%オフ(永久)

BingXの新規口座開設はコチラ

BingXで複数のアカウントを開設するのは大丈夫なのか?

BingXでの複数アカウントはやめておいた方が良い

結論から言うと、複数アカウントの開設は控えるべきだと規約を読むと解釈できます。

結論

BingXでの複数アカウントはやめておいた方が良い

一般的には仮想通貨取引所では複数アカウントの開設に関しては、可能な場所が多いですがBingXの場合は利用規約を読んで解釈すると控えるべきだと、筆者自身は判断しました。

規約を見てみましょう。

BingXの規約を確認

5.1 登録

各登録は1人のユーザーに対してのみ行われ、各ユーザー(企業または法人であるユーザーに関するものを含みます)はBingXにおいて1つの有効なアカウントのみを維持できます。

利用規約 – BingX

ポイント

有効なアカウントは1つのみ維持できる

上記の規約にもあるように、ユーザー(企業または法人であるユーザーに関するものを含みます)はBingXにおいて1つの有効なアカウントのみを維持できます。との記載があります。つまり、この規約により複数アカウントの開設を否定されていると解釈が出来ます。

あくまでも規約を文章通りに解釈をすると上記のような結論を導くことができます。筆者自身が規約を解釈したまでなので、個人によっては見解は分かれるかもしれません。

他にも複数アカウントの所持がBingXで禁止されていると思える文章が公式ホームページに記載がありましたので、下記の章で見ていきたいと思います。

下記リンクより新規口座開設で取引手数料20%オフ(永久)

BingXの新規口座開設はコチラ

コピー取引でも明確に「複数アカウントからの取引」が禁止されている

明確に禁止と書かれている

上記の章では、規約を読んで複数アカウントの所持は禁止されているのではないかという事を確認していきました。

BingXはコピートレードでも有名ですが、コピートレードのページにも複数アカウントの所持が禁止されていると解釈できるページがありましたので確認をしていきましょう。

コピートレードのページに複数アカウントの所持が禁止の旨が記載されている

コピー取引でトレードをフォローする際にも、「複数アカウント」からの利用が明確に禁止されています。実際のBingXのホームページから引用をしていきます。

規約を確認

複数のアカウントを用いての注文のコピーは禁止しており、複数アカウントがある場合他のアカウントの閉鎖と本人確認認証が行われます。トレーダーはがトレードへの参加を了承した場合にのみフォロワーがコピーできます。トレーダーは、他のトレーダーの注文をコピーすることはできません。

BingX コピートレード | ワンクリックコピー取引 トレーダー取引戦略 チャート分析 |CopyTrading™

上記のようにBingXは複数アカウントの所持に対しては厳しい対応する事が明確に記されている事が分かります。

規約上も確認しましたが、BingXでの複数のアカウントを開設する事は控えるべきだと思います。

ただ、複数アカウントからの「コピートレード」が明確に禁止ということは分かりましたが、所持することに関しては解釈の余地があるのでは?と筆者は感じましたのでBingXの日本市場担当者さんに確認を取りました。下記の章で確認をしていきますね。

下記リンクより新規口座開設で取引手数料20%オフ(永久)

BingXの新規口座開設はコチラ

BingX運営の見解

BingXの日本市場担当さんに、複数アカウントに関して問い合わせを行いました。

規約上は上記の章で確認しましたが、規約の解釈に関して伺ってみました。

問い合わせを行った結果、「複数アカウントの解説をする事はできるが、推奨はしない」

以上のような返信を頂きました。

実際に、返信を頂いた内容を下記に掲載しておきます。

あまり推奨はできかねますが、一応複数アカウント作成はできます。 kycなしでもアカウント作成はできます (KYC認証はパスポートや身分証明書など一度のみで再度同じのは使用不可)

上記のような回答を頂きました。規約上でも見てきましたが、やはりBingXでの複数アカウントの作成は控えるべきとの結論です。

困ったことや分からないことは運営さんに、問い合わせをする事は非常に重要です。

下記リンクより新規口座開設で取引手数料20%オフ(永久)

BingXの新規口座開設はコチラ

複数アカウント開設に関するまとめ

今回の記事を整理していきます。

結論は、BingXでの複数アカウントの作成は推奨できない。

複数アカウントについて

  • 規約上は、有効なアカウントは1つのみ維持できるとの記載あり
  • 複数アカウントのコピー取引は利用できない

公式ホームページでの確認は上記のようになりました。

その後、運営さんに確認をしたところ下記のような回答を頂きました。

「可能ではあるが、推奨できない」

したがって、BingXでの複数アカウントの開設は推奨できないとの結論といたしました。

下記リンクより新規口座開設で取引手数料20%オフ(永久)公式

BingXの新規口座開設はコチラ

よくある質問

BingXは日本人でも利用している人は結構いる?

はい。最近はBingXの知名度も上がってきたこともあり日本人での利用も増えてきました。BingXの特徴であるコピー取引ですが、日本人インフルエンサーのトレーダーの方も参入しているという事もあり、徐々にではありますが有名になってきている印象があります。取引所に関しては一定の知名度を得るには時間がかかり、ある水準から認知度はアップしていきますからBingXはこれからの仮想通貨取引所であるといえますね。

BingXでKYC認証をしていない場合には、出金にどういう影響がある?

一般的に海外の仮想通貨取引所でKYC認証をしていない状況で利用する場合は一定の制限が掛かります。よほどの大口取引をする方以外は、ほとんど関係の無い話にはなります。BingXではKYC認証をしていないアカウントは出金に関する制限があります。KYC認証をしていないアカウントは「24H以内の出金の上限が50,000USDT」に制限が掛かります。大口の投資家以外はあまり気にする必要はないと言えます。ちなみにKYC認証を行った後には「24H以内の出金上限金額が1,000,000USDT」にアップグレードします。

Bingxは新規口座開設特典はありますか?

はい。最大5000ドル相当の体験記の付与があります。タスクを完了する事により最大5000ドルまで体験金の付与がありますので、ぜひ新規口座開設で獲得してみて下さい。BingXはこれからの仮想通貨取引所ということもあり、積極的なイベントも開催しています。

下記より公式ホームページへ

BingXの新規口座開設はコチラ

  • この記事を書いた人

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

-BingX
-

error: このページは右クリックなどはできません。