Bitget(ビットゲット)

Bitget解説|新規口座開設&2段階認証・KYC認証の設定について

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

(※重要)投資に関する判断は自己責任でお願いいたします。本記事に記載されている事は、記事執筆時点での情報に基づいて記載をしています。

今回の記事では海外の仮想通貨取引所であるBitegetの新規アカウント開設方法について解説をしていきます。

開設自体は1分程度で終了します。もちろん新規アカウントを開設するには無料で行う事が可能になっています。

そして必要な物は、メールアドレスあるいは携帯電話番号のみで簡単にサクッと開設する事が出来ます。

初心者の方にも分かりやすい説明をしていきますのでよろしくお願いいたします。

よろしくお願いいたします!!

当ブログのリンクから新規アカウントの開設で取引手数料がずっと30%オフ

Bitgetの公式のホームページはこちら

このブログについて

筆者は、ブログ・Twitter・Youtubeで仮想通貨に関する情報を日々発信しています。

仮想通貨と接してきた経験をもとに本記事を執筆しています。

当ブログはアフィリエイトプログラムに参加をしています。

当ブログ内で利用されているリンクはアフィリエイトリンクを利用しています。

DNくん
DNくん

分かりやすく説明していきますね~!!

目次

おススメ国内仮想通貨取引所

基本的に国内仮想通貨取引所は取り扱い銘柄が少なく海外の仮想通貨取引所は取り扱いが豊富という違いがあります。

どこの仮想通貨取引所を利用するかは個人の判断でお願いします。

まだ、国内の仮想通貨取引所を開設していない方はこの機会に開設してみてくださいね。

DMM Bitcoin

【PR】有名なDMMグループが運営する仮想通貨取引所であるDMM Bitcoin。

【PR】DMM Bitcoin公式ホームページはコチラから

暗号資産をはじめるなら、DMM Bitcoin

Coincheck

【PR】500円の少額から利用できるコインチェックの口座を持っていな方はこの機会に口座開設をサクッと行っておきましょう。

コインチェック

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

Coincheckの新規口座開設はコチラ

仮想通貨の税金について

仮想通貨の損益の計算を簡単にしてくれる損益計算ソフトの”クリプタクト”を実際に利用してみました。

DNくん
DNくん

レビューを記事にしたので読んでみてくださいね♪

確定申告のギリギリになって慌てないように事前に導入の検討をしておきましょう。

【PR】公式ホームページはコチラから

合わせて読みたい 【確定申告】仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)を導入した感想&新規アカウント開設方法

合わせて読みたい 仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)の新規アカウント開設方法を解説【税金・確定申告】

Bitgetの特徴について

Bitgetをメインの仮想通貨取引所として普段使いをしている筆者がBitgetのKYC認証について解説をしていきます。

その前に、Bitgetの基本的な特徴を簡単に説明していきたいと思います。

Bitgetは2018年に設立された仮想通貨取引所でありますが、基本的な特徴を下記にまとめてみます。

Bitgetの基本的な特徴

  • セキュリティに関して高い評価をされている
  • コピートレードで有名
  • デリバティブ取引で世界5位にランキングされている
  • 800万人のユーザー
  • 1000億ドルの取引高(2021年)
  • 世界100か国以上で展開している

以上がBitgetの基本的な特徴になっています。

コピートレードが有名

やはり一番皆さんのイメージにあるのは「Bitget=コピートレード」という印象だと思います。

Bitgetのコピートレードは世界トップレベルで活発に取引が行われており日本のインフルエンサーのトレーダーの方も在籍している印象がおります。

有能なトレーダーの人では「年間数千万円」レベルの利益を達成している方も見られます。トレーダーの現在保有しているポジションや利益金額などは、いつでも誰でも公開されている状況にありますのでみなさんもぜひ確認をしてみて下さい。

優秀なトレーダーの取引をマネできるコピートレードでは、経験豊富なトレーダーのテクニックを享受できるメリットがありますね。

興味があるかたは当ブログの下記の記事も参考にしてみてくださいね。

合わせて読みたい Bitget|コピートレードのやり方・手数料・やって分かったおすすめ設定について解説

当ブログのリンクから新規アカウントの開設で取引手数料がずっと30%オフ

Bitgetの公式のホームページはこちら

FTX崩壊後に一番成長した仮想通貨取引所

2022年は仮想通貨において非常に困難な年になりました。LUNAショックとFTXの崩壊が訪れましたが、FTX崩壊後に一番成長した仮想通貨取引所がBitgetになります。FTX崩壊後にセキュリティ面や安全性を考慮したユーザーたちがBitgetを選択した数字と言えるでしょう。

下記のような記事も出ています。

2023年1月19日 - 大手仮想通貨デリバティブ取引所Bitgetは、2022年のFTXの破産後の市場心理が悪いにもかかわらず、市場シェアの2.6倍の増加や世界100カ国以上で800万人の登録ユーザー達成など、優れた業績を達成したとともにデリバティブ分野で世界のトップ3仮想通貨取引所の1つとなりました。

BitgetがFTXの倒産後に最もシェア拡大を実現 | Cointelegraph | コインテレグラフ ジャパン

上記の記事でもありますように、たった数か月で2.6倍の拡大をするという急成長を遂げているのです。

単純にFTXを使っていたユーザーの移動があったでしょうが、FTXも有名な取引所であったのでかなりのユーザーを抱えていたことでしょう。

当ブログのリンクから新規アカウントの開設で取引手数料がずっと30%オフ

Bitgetの公式のホームページはこちら

Bitgetでの新規アカウント開設方法

ここからはBitgetでの新規アカウントの開設方法について解説を行っていきます。

まずは新規アカウント解説においての大まかな手順の流れをご紹介します。

新規開設の大まかな手順

開設の手順

①公式のホームページにある「登録」ボタンを押す

②メールアドレス(携帯電話番号も可)とパスワードの入力を行う

③検証で出題される簡単な問題に回答する

④メールアドレスに届いた認証コードを入力する

⑤新規アカウントの開設が完了

以上がBitgetでの新規アカウントを開設する方法になります。

この記事の冒頭でもお話ししましたが1分ほどで新規アカウントの開設が完了します。

新規アカウントの開設に必要な物はメールアドレスあるいは携帯電話番が必要になります。

メールアドレスに関しては、ヤフーやグーグルで取得する事が可能なフリーメールアドレスでも問題ありません。

それでは開設の手順どおりに画像付きで一緒に新規アカウントの開設を行っていきましょう。

それでは、ここから実際に新規アカウントの開設を行っていきますよ~!

手順①公式のホームページにある「登録」ボタンを押す

まずは、Bitgetの公式ホームページに移行していただき、右上に表示されている「登録」ボタンを押してください。

当ブログのリンクから新規アカウントの開設で取引手数料がずっと30%オフ

Bitgetの公式のホームページはこちら

この記事をご覧になっている時期によってはBitgetのデザインが変わっていると思いますが基本的に行う事に変わりはありませんので安心してくださいね。

手順②メールアドレス(携帯電話番号も可)とパスワードの入力を行う

ここからは、今回作る新規アカウントへ登録するメールアドレスとパスワードの設定を行っていきます。

メールアドレスではなく携帯電話番号を利用しての新規アカウントの開設も可能となっております。

携帯電話番号を利用する場合は「携帯電話番号+パスワード」の入力を行っていきます。

今回の当記事ではメールアドレスで新規アカウントの開設を行っていきます。

入力が完了しましたら、「利用規約に同意する」にチェックが入っているのを確認して頂き、「アカウント作成」のボタンを押してください。

手順③検証で出題される簡単な問題に回答する

「アカウント作成」のボタンを押すと下記のような画面に移行します。

ここからは、あなた自身がロボットではない事の確認を行うための簡単なクイズに回答していきます。

「クリックして確認しよう」というボタンが出現しますのでそちらをクリックしてください。

そうすると下記のような問題が出題されます。

絵の描かれた画像が出現しました。

問題は右上の画像の順番で①②③の数字を画像に付けていくことでロボット出ないことに関して照明をしていく問題のようです。

問題に関しては今回は偶然このような問題が出題されましたが時期によっては、出題される問題自体も変わってきます。

それでは実際に回答していきます。

上記のように回答を行いました。

右上の絵の順番通りに番号を振って問題への回答は完了です。

回答が終わりましたら「ok」のボタンを押してください。

これで、回答に正解していたらロボットでないことの証明は完了します。

もし、仮に問題に不正解だった場合は、もう一問質問が出題されると思いますのでもう一度回答をやり直してくださいね。

手順④メールアドレスに届いた認証コードを入力する

次に、登録したメールアドレスがあなた自身の物なのかの確認を行っていきます。

Bitgetから6桁の認証コード付きのメールが届きます。

実際に届いたメールが上記のようなものになります。

黒塗りになっている部分には認証コードが表示されていますので、そちらの認証コードをBitgetの入力画面で入力を行ってください。

入力を行ったら「登録」を押すことにより、新規アカウントの開設が完了します。

認証コード付きのメールが届いて場合は迷惑メールボックスを確認してみてください。

新規アカウントの開設が完了

メールアドレスの認証が完了すると公式のホームページ画面に戻ります。

これでBitgetの新規アカウントが開設されました。

新規アカウントの開設は完了ですね!お疲れ様でした!

当ブログのリンクから新規アカウントの開設で取引手数料がずっと30%オフ

Bitgetの公式のホームページはこちら

新規アカウントの開設後には二段階認証の設定を

新規アカウントの開設が完了したら忘れないうちに二段階認証の設定を行うようにしましょう。

解説間もないアカウントのセキュリティレベルは低い状態にありますので、様々な設定の導入をお勧めしたいところです。

まずは、ログインする際に二つ目の暗証番号を入力する必要がある二段階認証システムは悪意の第三者からアカウントを守る優秀なシステムなので、新規アカウントの開設が完了した流れでそのまま設定しましょう!

Google二段階認証ってなに?

二段階認証とはアカウントに二つ目の鍵を設定する事をいいます。

本来であれば、Bitgetのアカウントにログインする際にはメールアドレス(あるいは携帯電話番号)とパスワードを利用してログインを行います。

しかし、Google二段階認証を導入することにより上記にプラスしてもう一つのパスワードを入力しないとログインできないような設定にすることになります。

設定前

メールアドレス(携帯電話番号)+パスワードでログインを行う

設定後

メールアドレス(携帯電話番号)+パスワード+二段階認証のパスワードでログインを行う

ログイン時や出金時に二つ目のパスワードを求められることで悪意の第三者から大事な資産を守ることが出来ます。

Bitgetの公式もGoogle二段階認証の設定を推奨しているようです。まだ設定が住んでいないという方はこの機会に設定を行ってみてくださいね。

当ブログのリンクから新規アカウントの開設で取引手数料がずっと30%オフ

Bitgetの公式のホームページ

二段階認証の種類

二段階認証の種類は3種類が存在しています。

二段階認証の種類

①メールアドレス認証(初期設定)

②SMS認証

③Google二段階認証

上記のような二段階認証の設定が存在しています。厳密にいうと出金時のファンドパスワードも二段階認証に分類されますがこの記事では割愛をします。

Bitgetのセキュリティは非常に高いレベルにあります。

アカウント登録をメールアドレスで行った場合はメールアドレスでの二段階認証が初期設定として設定されています。

しかしながら、メールアドレスがハッキングされてしまうリスクを考えるとセキュリティ強度としてはSMS認証あるいはGoogle二段階認証の方が優れていると言えます。メールアドレスがハッキングされるか否かは各種メールサービスにも依存してしまいます。

SMS認証とGoogle二段階認証のアプリとの違いは生成されたパスワードの有効期間に違いがあります。

Google二段階認証のパスワードは生成されてから30秒で廃棄され、また新しく生成されるのでGoogle二段階認証が3種類の中ではセキュリティ面で一番優秀と言えるでしょう。

メールアドレスがハッキングされるリスクに関しては公式のホームページでも注意喚起が行われています。

※セキュリティ向上のため、SMS または認証アプリによる二段階認証の設定を推奨します。お客様のメールアカウントがハッキングされた場合、メールによる二段階認証は突破されてしまうリスクがあります。

二段階認証の設定/解除 (bitget.com)

今回の記事ではGoogle二段階認証の設定方法について解説をしていきます。

当ブログのリンクから新規アカウントの開設で取引手数料がずっと30%オフ

Bitgetの公式のホームページ

まずはアプリのダウンロードから

Google二段階認証の設定方法について本題に入る前に、前提準備をお願いしたいと思います。

Google二段階認証アプリをお手持ちのスマートフォンあるいはタブレット端末でダウンロードをして頂きますようよろしくお願いいたします。

二段階認証のパスワードはアプリで生成されるもので、パソコンでは導入することが出来ません。

スマートフォンあるいはタブレット端末を持っていないという方は、Google二段階認証の設定はすることが出来ませんので携帯電話番号のSMS認証をお勧めします。

ここから本題に入りますが、一旦アプリのダウンロードが完了しているという前提で話を進めていきたいと思います。

当ブログのリンクから新規アカウントの開設で取引手数料がずっと30%オフ

Bitgetの公式のホームページ

Google二段階認証の設定方法

ここからはBitgetでのGoogle二段階認証の設定方法について画像付きで解説を行っていきます。

初心者の方でも問題なく設定を行っていただけますので安心してくださいね。

それでは解説を始めていきますね~!

大まかな流れについて

まずはGoogle二段階認証の設定方法についての大まかな流れについて見ていきましょう。

設定の手順

①Bitget公式のホームページの右上にある「人のマーク」を押す

②メニューに表示をされた「セキュリティ設定」を押す

③Google Authenticatorコードの欄にある「設定」をクリックする

④Google二段階認証アプリとの連携を行い設定完了

大まかに以上の手順を踏んでいただくとGoogle二段階認証の導入が完了します。

手順①Bitget公式のホームページの右上にある「人のマーク」を押す

まず最初にBitgetの公式のホームページに行っていただきます。

そこで右上に人のマークをクリックするとプルダウンメニューが表示されますのでクリックしてください。

手順②メニューに表示をされた「セキュリティ設定」を押す

ご覧のようにプルダウンメニューが表示されます。

表示されたプルダウンメニューの中に「セキュリティ設定」の項目があります。

こちらの「セキュリティ設定」を押して次に進んでください。

手順③Google Authenticatorコードの欄にある「設定」をクリックする

「セキュリティ設定」に進むとGoogle二段階認証の導入がまだ済んでいない方には以下のようなポップアップが表示されます。

上記のような画像のようにポップアップが表示された場合には「リンク」というボタンを押してください。

押していただくとGoogle二段階認証の設定画面に進みます。

時期によってはBitgetの仕様が変わる場合がありますので、上記のようなポップアップが表示されない場合についても解説をしておきます。

二段階認証の設定に関しては「Google Authenticatorコードの欄にある「設定」をクリックする」と二段階認証の設定画面に移行します。

二段階認証の設定画面に移行したら、アプリとの連携を行っていきます。

手順④Google二段階認証アプリとの連携を行い設定完了

ここからはGoogle二段階認証のアプリとの連携を行っていきます。

設定画面に進むとあなた自身に割り当てられた「QRコード」と「キーコード」が表示されます。

事前にダウンロードして頂いたGoogle二段階認証のアプリでいずれか一つの作業を行っていただき、アプリ内にBitgetのパスワードが表示されるように設定していきます。

いずれかを行う

①アプリを起動しカメラでQRコードを読み取る

②キーコードをコピーしてアプリ内にペーストしてBitgetの追加を行う

Google二段階認証のアプリを開くと右下に「+」のマークがあります。

そちらを押していただくと、追加するが出来ますので「QRコード」あるいは「キーコード」を登録してください。

登録していただくとBitgetの欄が新たに表示されます。

追加が完了したら、生成されたパスワードをBitgetの設定画面で入力をしていきます。

追加が完了したら「送信」を押すと二段階認証の設定は完了になります。

設定は以上になります。お疲れ様でした!

当ブログのリンクから新規アカウントの開設で取引手数料がずっと30%オフ

Bitgetの公式のホームページ

コードの保管に要注意

二段階認証の際に表示されたコードについては管理をしっかり行うようにしてください。

もし仮にGoogle二段階認証のアプリがインストールされたスマートフォンあるいはタブレット端末を紛失してしまった場合には、上記のキーコードさえ保管されていれば、新しい端末で復元する事が可能になっています。

しかしながら、保管していない場合は運営に問い合わせをして二段階認証を解除することになります。

筆者の保管方法

筆者の保管方法は、二つの手段を採用しています。

①まずは上記のキーコードが表示されている画面をスクリーンショットを取ります。そしてそのスクリーンショットをオフラインの状態でUSBメモリに保管するという事を行います。

②次に文字の羅列であるキーコードに関して手書きのメモで保存をします。

上記のような二段構えで管理をしています。

当ブログのリンクから新規アカウントの開設で取引手数料がずっと30%オフ

Bitgetの公式のホームページ

KYC認証とは?

KYX認証とは”本人確認”

ほとんどの仮想通貨取引所で採用をされているKYC認証ですが、その意味を簡潔に説明すると「本人確認」です。

KYC認証と聞くと、聞き馴染みが無いので抵抗はあるかもしれませんが私たちの日々の生活の中で「本人確認を求められる」ケースはありますよね。

仮想通貨取引所での本人確認を求められるという事に関して少し抵抗がある方がいるかもしれませんね。

実は・・・私もそうでした笑。

KYC認証による情報流出が怖い?

情報流出が怖い。

と不安な気持ちが多くありましたが、今はKYC認証をした方が良かったと思っています。

ちなみに・・・

現時点でBitgetではKYC認証を行う必要はありません。行っていないくても問題なく取引が可能ですのでしたい人だけがすれば良いという事になっています。

冷静に考えるとこれまでの生活の中で、Googleなどの海外のサイトでアカウントには氏名・住所などは提出していたし、なんで仮想通貨取引所というだけで特別に抵抗を感じているのだろうと思うようになりました。

まあ、仮想通貨を触っている人は少なくまだまだメジャーとは言えませんからね。「~~もやってる」というなんとなくの安心が欲しいのかもしれませんね。

KYC認証が危険というよりは、反対にKYC認証をしていない方がセキュリティ面では脆弱になります。

考えて見てください。何かしらの原因でアカウントにログインが出来なくなった時にそのアカウントを自分のものと証明する方法はいくつあるのでしょうか?

「メールアドレス」と「パスワード」を忘れてしまったと仮定すのであれば、KYC認証をしておけば自分自身のIDカードで突合でき証明が出来ると思います。

そのような観点から自分自身はKYC認証を行いました。

下記リンクより新規開設でずっと手数料30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

KYC認証を求められる理由

KYC認証は、仮想通貨取引所であれば求めららる所が大半だと思いますが何故、仮想通貨取引所は、みなさんにKYC認証を求めるのかわかりますか?主な理由は下記の理由があります。

仮想通貨取引所がKYC認証を求める主な理由

  • マネーロンダリングを防ぐため
  • なりすましを防ぐため
  • 市場の信頼の担保&健全化

仮想通貨の世界では匿名性が高く、特に投資に関して知識や興味がない方であれば「怪しい」や「怖い」などのイメージを持たれている方もいるかもしれません。

架空の人物などを用いて犯罪者が不正に得た資金のマネーロンダリング(資金洗浄)をする可能性がありますので仮想通貨取引所はKYC認証をしていないアカウントをある程度の制限をかける事により不正に利用されないような環境づくりをしていると言えます。

マネーロンダリング事件は多く起きている

仮想通貨を利用したマネーロンダリング事件は結構起きています。

例えば下記のような事例があります。

高齢女性から騙し取ったお金約2億を仮想通貨に換えて資金洗浄を行った(2022年7月愛知県)

やはり犯罪によって、得た収益を資金洗浄するために仮想通貨を使われたようですね。

こういった事例があるので仮想通貨の世界でも各取引所がそういった事がなるべくなくなるようにKYC認証というシステムを取り入れているのです。

まあ、ただ現時点では海外の仮想通貨取引所はKYC認証について任意次項になっていますのでザルと言えますが。

下記リンクより新規開設でずっと手数料30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

1枚の運転免許証で複数アカウントのKYC認証は可能?

仮想通貨取引所のBitgetでは複数アカウントの開設が可能になっています。

参考 仮想通貨取引所Bitgetで複数のアカウントを開設する最善の方法

筆者も複数アカウント持ってます

筆者はBitgetをメインの仮想通貨取引所として利用しています。筆者自身も複数アカウントの開設を行っていて問題なく使用できています。また、Bitgetの運営さんに問い合わせを行って複数アカウントの開設は大丈夫との回答も得ています。

さて、1枚の運転免許証などのIDカードで複数アカウントのKYC認証は出来るのでしょうか?

答えは、できないです。

上記でも説明したようにマネーロンダリングなどに使われることを防止する事で作られたKYC認証です。

1枚のIDカードで複数アカウントのKYC認証ができてしまったら本来の意味がなくなってしまうからです。

したがって、複数のBitgetアカウントを持っている場合には下記のような構成になります。

  • KYC認証をしているアカウント
  • KYC認証をしていないアカウント

もちろん現時点ではKYC認証は任意次項なので両アカウントでKYC認証せずとも利用する事が可能になっています。

将来的にKYC認証が義務になる可能性は?

ここからは将来的にBitgetでのKYC認証が義務化される可能性について考えていきましょう。

Bybit(バイビット)ではKYC認証が実質義務化になった

2023年5月8日に仮想通貨取引所のBybitで大きな規約変更がありました。

それはKYC認証を行っていないユーザーに対して、機能・サービスのほとんどを利用できなくなるという物でした。

出金のみが可能となっているような利用規約変更です。

したがって、大手の仮想通貨取引所であるBybitがこのような措置を講じたという事もあり今後仮想通貨業界全体がこのような流れになる可能性があるという点を考えると今後BitgetでもKYC認証が必須化する可能性があります。

規約変更があったとしても段階的

仮にBitgetでKYC認証が実質義務化したとしても段階的になる可能性があると思います。

したがって現時点では大きく心配する必要はないと言えます。

例えば上記の例で出したBybitですら段階的にKYC認証に関する規約を変更していきました。

一度に大きく変更するのはユーザーに不信感を与えてしまう可能性があるからです。

Bybitでは実は2022年12月15日にKYC認証に関する規約変更をし、2023年の5月にKYC認証を実質義務化しました。

2022年12月には下記のようにBybitは規約変更しています。

2022年12月15日以降、法定通貨を利用した暗号資産の購入(暗号資産を購入、P2P取引)、特典センターでの特典の受け取り、NFTの入金・出金・取引にも、KYCが必須となります。

上記のような過程を経ているBybitを鑑みてBitgetで義務化の動きがあったとしても、スグには変更されないと見ています。

KYC認証をする事によるメリット

Bitgetを利用する際にはKYC認証をしなくても利用する事が可能であります。

しかしながら、KYC認証をしているアカウントしていないアカウントには機能の一部に制限をかけていたりするので注意が必要です。

BitgetのKYC認証をする事で得られるメリット

  • 一日に出金できる仮想通貨の量が増加する
  • セキュリティが向上する
  • キャンペーン企画に参加できる
  • クレジットカードで仮想通貨の購入をすることが出来る

一日に出金できる仮想通貨の量が増加する

Bitgetでは、一日に出金できる仮想通貨の上限が設定されています。

KYC認証をしていないアカウントは20BTC、KYC認証をしているアカウントは200BTCという限度額が設定されています。これは上記でも説明したようにマネーロンダリング防止対策であり特にKYC認証をしていないアカウントは不正に利用される可能性がありますので、金額は小さめに設定されている現状があります。大口の取引をされる方以外は関係の無い話かもしれませんが、大きな金額を動かす予定のある方はKYC認証をしておきましょう。

セキュリティが向上する

BitgetではKYC認証をする事により悪意のある第三者による不正を未然に防いでくれます。また、KYC認証をすることにより、もし仮にアカウントに問題が生じた際にはKYC認証した事により本人の照合が出来るので問題解決に役に立つケースがある場合があります。大事な資産を守るためにもKYC認証をおススメします。

キャンペーン企画に参加できる

Bitgetでは、様々イベントを行っております。そのイベントではKYC認証をしている方限定のイベントなども行われていたりなど取引所側でもKYC認証を勧めている事が多いです。KYC認証をする事によりセキュリティ対策以外でも特典となるケースがあります。

クレジットカードで仮想通貨の購入をすることが出来る

仮想通貨の購入の際にはクレジットカードを利用して購入することが出来るのですが、KYC認証をする事により、その機能を利用できます。やはりセキュリティ対策の面で不正に入手されたクレジットカードが仮想通貨の購入に利用された場合は大変なので取引所の法でもKYC認証済のアカウントのみに利用を提供しているみたいですね。

下記リンクより新規開設でずっと手数料30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

KYC認証の方法

さあ、ここからはKYC認証の方法について簡単に説明していきます。

KYC認証については簡単に設定できますので心配は不要になります。

仮想通貨じい
仮想通貨じい

大まかな手順は下記のようになるんじゃ

  • BitgetのTOPページのマイページから「KYC認証」に進む
  • 「個人の認証」あるいは「法人の認証」を選択
  • 必要事項を記入していく

手順① BitgetのTOPページのマイページから「KYC認証」に進む

まずは、Bitgetの公式ホームページに行きましょう。

公式ホームページから「KYC認証」に進んでください。

手順②「個人の認証」あるいは「法人の認証」を選択

こちらでは、「個人の認証」なのか「法人の認証」なのかを選択していきます。

ほとんどの場合は個人の認証だと思いますので今回の説明は「個人の認証」で進めていきます。

手順③ 必要事項を記入していく

ここからは必要事項を入力していきます。

画面のように記入するスペースがありますので順番に入力していきます。

入力が必要な個人情報は以下のようになります。

  • 国あるいは地域
  • 名前
  • 提出するIDカードを選択(IDカードあるいはパスポートあるいは、その他の証明方法)
  • IDナンバー
  • 生年月日
  • 証明書の写真

以上のような形になります。筆者の場合は運転免許証でKYC認証を完了させました。

運転免許証の場合は「IDカード」を選択すれば問題ありません。

その他、IDカードの写真の提出は「表面」「裏面」「顔と一緒に移した写真」の3種類の提出が必要になっています。

全ての必要事項を記入してIDカードの写真をアップロードしたら「提出」を押して申請を完了させてください。

申請が完了すると数日の営業日以内にKYC認証完了あるいは再提出のお知らせが届きます。

下記リンクより新規開設でずっと手数料30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

Bitgetでの確定申告について

仮想通貨の取引によって利益を得た場合には確定申告が必要になってくるケースがあります。

確定申告については税務署や税金の専門家である税理士さんに分からない点や申告のサポートをしてもらいましょう。

確定申告をする際に「どれくらい儲かったのか?」という点を計算する必要がありますが、その際に便利なのが仮想通貨損益計算ソフトになります。

筆者自身も仮想通貨の確定申告の際には仮想通貨損益計算ソフトを使用しています。

有料ではありますが大事な税金の事ですし、しっかりとした物をしようしています。

筆者は日本国内最大手であるCRYPTACT(クリプタクト)を使用しています。

ファイルのアップロードで損益計算が自動でできる優れものになっていますので興味のある方はチェックして見てください。

合わせて読みたい 【確定申告】仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)を導入した感想&新規アカウント開設方法

【PR】CRYPTACT公式ホームページはコチラ

利用者No1の仮想通貨税金計算サービス【CRYPTACT(クリプタクト)】

よくある質問

どうしてもKYC認証(本人確認)について抵抗があるんだけどしなくても良い?

基本的に本人確認をしなくてもBitgetでの取引をする事は可能になっています。大口の投資家意外ではそこまで気にする必要はありませんが、認証した方が相対的には良いというお話です。しかしながら、他の有名仮想通貨取引所では本人確認しないユーザーの出金限度額の引き下げなどを行っている所もあります。有名取引所が行うと将来的には波及する可能性はある事は理解をしておいてください。

2つのアカウントを持っているけど、1枚の運転免許証で2つのアカウントのKYC認証出来る?

結論から申し上げますと、1枚のIDカードで2つのアカウントのKYC認証をする事は出来ないと思われます。そのような事が可能になってくると、不正にIDカードを入手した人物が1枚のIDカードで大量のKYC認証を済ませたアカウントを作成することが出来てしまいKYC認証の本来の目的である「不正の防止」「マネーロンダリングの防止」という目的にかなわないという事が想像されます。

今後、仮想通貨業界でKYC認証が必須になる時代が来ると思う?

筆者自身の個人の想像では今後ますます厳しくなってくると思います。現在は仮想通貨を持っていない人の方が多く、仮想通貨業界はこれから伸びしろのある業界だと認識をしていますが今後社会的に普及してくると社会の目は益々厳しくなることが予想されます。例えるならばYoutubeのような動画サイトは昔は規制も甘く、投稿動画の審査や規制も緩やかでしたが現在のように大きく普及した後は社会的役割という側面もあり規制が強くなっています。仮想通貨がもし、将来社会的になった場合には現在の銀行のように本人確認が必ず必要な業界になるかもしれませんね。

KYC認証の申請は、いつ審査が完了するの?

KYC認証の審査には3営業日程度で審査が完了すると言われています。遅くても1週間以内には終わると思いますので気長に待ちましょう。もし、KYC認証の申請をしたにも関わらず、なかなか審査終了の連絡が来ない場合はBitgetには24時間のオンラインチャットサービスがありますので、そちらでユーザーID(UID)を伝えてみて現状を聞いてみましょう。

下記リンクより新規開設でずっと手数料30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

  • この記事を書いた人

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

-Bitget(ビットゲット)
-

error: このページは右クリックなどはできません。