Bitget(ビットゲット)

Bitget|コピートレードのやり方・手数料・やって分かったおすすめ設定について解説

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

(※重要)投資に関する判断は自己責任でお願いいたします。本記事に記載されている事は、記事執筆時点での情報に基づいて記載をしています。

このブログについて

筆者は、ブログ・Twitter・Youtubeで仮想通貨に関する情報を日々発信しています。

仮想通貨と接してきた経験をもとに本記事を執筆しています。

当ブログはアフィリエイトプログラムに参加をしています。

当ブログ内で利用されているリンクはアフィリエイトリンクを利用しています。

DNくん
DNくん

分かりやすく説明していきますね~!!

目次

おススメ国内仮想通貨取引所

基本的に国内仮想通貨取引所は取り扱い銘柄が少なく海外の仮想通貨取引所は取り扱いが豊富という違いがあります。

どこの仮想通貨取引所を利用するかは個人の判断でお願いします。

まだ、国内の仮想通貨取引所を開設していない方はこの機会に開設してみてくださいね。

DMM Bitcoin

【PR】有名なDMMグループが運営する仮想通貨取引所であるDMM Bitcoin。

【PR】DMM Bitcoin公式ホームページはコチラから

暗号資産をはじめるなら、DMM Bitcoin

Coincheck

【PR】500円の少額から利用できるコインチェックの口座を持っていな方はこの機会に口座開設をサクッと行っておきましょう。

コインチェック

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

Coincheckの新規口座開設はコチラ

仮想通貨の税金について

仮想通貨の損益の計算を簡単にしてくれる損益計算ソフトの”クリプタクト”を実際に利用してみました。

DNくん
DNくん

レビューを記事にしたので読んでみてくださいね♪

確定申告のギリギリになって慌てないように事前に導入の検討をしておきましょう。

【PR】公式ホームページはコチラから

合わせて読みたい 【確定申告】仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)を導入した感想&新規アカウント開設方法

合わせて読みたい 仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)の新規アカウント開設方法を解説【税金・確定申告】

この記事はBitgetコピートレードについての完全版

初めに

今回の記事では仮想通貨取引所のBitget(ビットゲット)でのコピートレードのやりかた・設定などについて網羅的に解説をしていきます。

これから、コピートレードを始めようと思っている方やコピートレードに興味がある方は必見の内容になっています。

筆者も実際にコピートレードをした経験がありますので、その経験も踏まえてどのような設定にすればよいのかも含めて説明していきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

それではよろしくお願いいたします!

この記事を読むと理解できること

  • コピートレードのリスク管理
  • コピートレードの始め方
  • コピートレードの詳細設定
  • コピートレードに関するよくある質問

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

Bitgetってどんな仮想通貨取引所?評判は?安全性は?

Bitgetは2018年にシンガポールで設立された仮想通貨取引所になります。

設立国Seychelles
所在地60 Payar Lebar Road #08-55 Payar Lebar Square Singapore 409051
取り扱い銘柄数490以上
コピートレード取引量世界1位
準備金制度(POR)/保護基金
取引手数料Maker0.02%/Takaer0.06%
グローバルユーザー数800万人以上
1日の取引量100億USDT以上
スマホアプリandroid/iPhone
日本語対応

Bitgetの主な特徴

Bitgetの特徴としては下記のような特徴があります。

  • 高いセキュリティ
  • デリバティブ取引に強い
  • コピートレードが世界最高クラスの取引高
  • 世界最高クラスな低水準な手数料
  • 全世界に800万のユーザーがいる
  • 1日当たり800億ドルを超える取引量を誇る

Bitgetの特徴は以上のようなものがあります。

今回お話しするコピートレードに関しては世界最高クラスの盛り上がりのある仮想通貨取引所です。

実際に利用して分かったBitgetのセキュリティの高さ

あまりこの点は知らない方が多いと思いますが実際にBitgetを使用していただくと、高いセキュリティは実感していただけると思います。

この記事では詳細についての記載をする事は、本筋から逸れてしまうことになりますので避けますが特に出金時にみなさんの大事な資産を守るために何重ものセキュリティ認証を求められます。

人によっては面倒だと思う方もいらっしゃるかもしれません。

筆者自身もBitgetに関してはメインの仮想通貨取引所として利用しています。一番はセキュリティ面で信用を置ける点であります。他の取引所も以前は使っていましたが、相対的にBitgetが良いと感じメインの仮想通貨取引所として利用する事に決めました。ただ、どんな取引所であっても絶対に信用できるという事はありませんのでリスク管理がはユーザー自身が行うべきであります。

しかしながら最近は(2022年11月19日現在)FTX騒動の真っただ中という事もありまして仮想通貨業界にセキュリティ対策を強く求められる傾向にあると言えます。

そんな中で以前からセキュリティ対策に重点を置いているBitgetは良い方針を強いていると筆者は捉えています。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

Bitgetの世界ランキングは何位?

ここからは、Bitgetの仮想通貨取引所としての世界的な地位について解説を行っていきたいと思います。

参考にする仮想通貨トラッキングサイト

今回参照するのは世界的に多くのユーザー数を誇る仮想通貨トラッキングサイトの下記二つです。

  • Coinmarketcap
  • Coingekko

仮想通貨に触れたことがある方なら一度は聞いたことがあるような上記の2つのサイトでの、仮想通貨取引所Bitgetの順位を確認していきます。

さあ、気になるBitgetの順位は何位かな?

CoinmarketcapでのBitget(ビットゲット)の順位

Coinmarketcapは世界最大の仮想通貨トラッキングサイトです。

Coinmarketcapってどんな仮想通貨サイト?

Coinmarketcapの設立は2013年です。

2020年にはBinance Capital Mgmt社に買収された事で知られています。

事業としては親会社のBinanceから独立して行われているという事が公式ホームページ上に記載されています。

Coinmarketcapの主な情報は下記のようになっています。

設立年2013年5月
取り扱い銘柄数8192(2021年時点)
設立者Brandon Chez氏
月間ページビュー3億5000万回
1日のアクティブユーザー数44万5000人
公式ホームページ仮想通貨価格、チャート、時価総額 | CoinMarketCap

Coinmarketcapは米国政府も利用する信頼と歴史のある仮想通貨トラッキングサイトです。

今回はそんなCoinmarketcapでのBitgetの仮想通貨取引所としての順位を確認していきましょう。

※取引所の順位は日による変動します。記事執筆時点での順位を掲載しています。

Coinmarketcap 現物部門でのBitgetの順位は12位

CoinmarketcapでのBitgetの現物部門での順位は12位でした。

Coinmarketcap デリバティブ部門でのBitgetの順位は5位

CoinmarketcapでのBitgetのデリバティブ部門での順位は5位でした。

CoingekkoでのBitget(ビットゲット)の順位

次に順位を確認していくのはCoingekkoです。

Coingekkoってどんな仮想通貨サイト?

Coingekkoは2014年に設立された仮想通貨トラッキングサイトです。

Coinmarketcapとの違いはトラストスコアという数値を用いて仮想通貨取引所の信用度を数値化している所です。

Coingekkoの基本情報は以下の通りです。

設立年2014年4月
取り扱い銘柄数10000以上
月間ページビュー2億+
平均月間ユーザー数100万+
ダウンロードされたアプリ数100万+
公式ホームページ仮想通貨価格、チャート、仮想通貨時価総額 | CoinGecko

以上のような特徴があるCoingekkoでのBitgetの仮想通貨取引所ランキングを確認していきましょう。

※取引所ランキングは記事執筆時点でのものになります。順位は日々変動していきます。

CoingekkoでのトラストスコアによるBitgetのランキングは17位

CoingekkoでのトラストスコアによるBitgetのランキングは17位でした。

Coingekkoでのデリバティブ部門取引所でのBitgetのランキングは6位

Coingekkoでのデリバティブ部門取引所でのBitgetのランキングは6位でした。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

Bitgetの安全性は?

この章ではユーザーにとって非常に重要な安全性について解説を行っていきます。

上記でもBitgetのセキュリティの高さには少し言及しましたが、セキュリティ対策についてはBitgetの公式ホームページにも言及しているページがありますのでご紹介します。

資産はオフラインのウォレット管理されている

まずは、Bitgetが整備しているセキュリティ体制について見ていきます。

Bitgetではユーザーの資産を以下の体制で管理を行っています。

  • デジタル資産をオフラインのマルチシグネチャウォレットに保管

トラストスコアでは10段階中★9の評価を得ている

Bitgetの取引高、取引ペアとTrust Score | CoinGecko

先ほど、紹介した仮想通貨トラッキングサイトのCoingekkoでは仮想通貨取引所の信頼度を数値化したトラストスコアが公表されています。

CoingekkoでのBitgetのトラストスコアは★9を得ています。

※記事執筆時点での評価

客観的データに基づいた信用度は取引所を選択する上での指標になります。

Bitgetには準備金が用意されている

プルーフオブリザーブ | Bitget

Bitgetでは、プルーフオブリザーブ(POR)が公開されています。

Bitgetではユーザーの資産の100%以上を準備金として保有していることを保証し、Merkle Treeの証明、プラットフォームの準備金、プラットフォームの準備金比率を月次で公開しています。

これは、100%以上の手持ち金があることを証明しており高い透明性でユーザーの資産を守るだけの資産があることを証明しています。

ユーザーはBitgetの公式ホームページで、準備金の保有率とウォレットアドレスを確認する事が可能になっています。

もしもの時は保護基金からの保証を受けることが出来る

3億ドル価値の保護基金 | Bitget

Bitgetには、準備金の他に保護基金も用意されています。

保護基金とは、ユーザー自身の行為によらず口座の漏洩や資産の盗難・紛失に遭ってしまった場合に保護基金を通して保証を申し込むことが出来ます。

Bitgetがユーザーの資産を守る為に透明性を持った誠実な運営を行っているからこその安心システムです。

記事執筆時点でのBitget保護基金の評価額は3億ドルになっています。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

Bitgetが得ているライセンスについて

Bitgetが有しているライセンスについてはBitgetの公式ホームページにしっかりと記載がされています。

Bitgetが保有している国際ライセンス

Bitgetは2022年12月現在、アメリカ合衆国(US)とカナダの当局からライセンスを受けているという事が公表されています。

※2023年5月現在Bitgetの公式ホームページでは下記ラインセンスについて確認できない状況になっています。

暗号デリバティブ取引所 | Bitget

Bitgetと日本の金融庁の関係性について

皆さんが気になるのはBitgetが日本の金融庁から許可を得ている取引所であるかと思いますが、結論を申し上げますと、Bitgetは日本の金融庁から許可を得ていません。

しかし使用する事については特段問題がないと言えます。

その件に関しては他の記事にまとめていますのでご覧ください。

日本の国内で仮想通貨取引所を運用していくには現状では金融庁からの許可を得て登録をする必要があります。

その事に関しては金融庁のホームページ上に明確に記載がしてあります。

しかしながら、現状では海外の仮想通貨取引所は国内の運営に関して許可を得ていない所が大半であります。(筆者を知る限り現状、どこも許可を得ていないと思います) 金融庁は許可を得ていない仮想通貨取引所に関しては警告を発している状況にありますが、警告されている取引所は大手に限定されています。

有名どころではBinanceやBybitがそれに当たります。

ただBinanceやBybitは警告は受けているという状況にはありますが、特段変わりなく今まで通り運営を続けているという状況が続いています。

※Binanceに関しては2022年11月より日本での新規口座開設は停止されました。原因は日本市場への進出を正式に発表したことにあり、2023年6月より正式にBinanceJapanとしてリリースすることが発表されています。

特に日本人の利用が出来なくなったという事もありません。

今後、Bitgetが金融庁から警告を受ける可能性は否定する事はできませんが、BinanceやBybitのように日本人が今後一切、利用できなくなるという事まではいかないと言えるでしょう。

※追記 2023年春にBitgetは金融庁からの警告を受けることになりました。現状、警告を受けたからと言って大きく変化する事はありません。詳細については下記に記事を張っておくのでそちらをご参照ください。

Bitgetと金融庁に関する詳細記事はコチラから

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

コピートレードとは?

コピートレードってなに?

登録トレーダーの取引を完全放置で真似ができるシステムです

コピートレードは放置で資産を増やすことが出来るシステムになります。

もちろん勝てないトレーダーを選択してしまうと損をする可能性があります。

様々なトレーダーの中から選択し、「フォロー」を行う事でフォロートレーダーの取引をマネできるシステムです。

しかし、優秀なトレーダーになれば年2000万近く利益を上げている方もいますので、良いトレーダーを選択して資産を増やせるように頑張ってみましょう!(といっても選択をしたら完全放置ですが・・・)

コピートレードのメリット・デメリットは以下のようになります。

コピートレードのメリット

コピートレードのメリットは様々ありますが、大まかにまとめると以下のようなものがあると言えます。

  • トレードに余計な時間を使う必要がない
  • 優秀なトレーダーの取引をマネできる
  • 先物取引の仕組みが理解できる
  • 完全初心者でも行う事が可能
  • 先物取引を学習す必要がない

以上のようなメリットがあります。

前提条件として優秀なトレーダーをフォローするという前提で利益を上げることが出来る可能性があると言えます。

初心者の方であっても基本的に放置で構いません。

コピートレードのデメリット

ここからは、コピートレードに関してのデメリットについて見ていきましょう。

  • 利益分配金がある
  • トレーダによっては資産を減らしてしまう可能性がある

コピートレードを行う上で考慮が必要なのは利益分配金です。

トレーダーによって異なりますが、0%~10%までの範囲でトレーダーに利益の一部を天引きされます。

利益分配金については、勝ちトレード以外では徴収されることはありません。

トレーダーのモチベーションに繋がってくる利益分配金ですが、ユーザーにとってはデメリットと言ってもよいでしょう。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

Bitgetコピートレードの口コミ

Bitgetのコピートレードに関する口コミを見ていきましょう。

インターネット上では既にBitgetのコピートレードを利用してみた感想があります。

個人の意見にはなりますが、今検討している方が判断する材料になります。

当ブログでは良い評価、悪い評価の両論併記での記事執筆を原則としていますので両方について見てください。

良い口コミ

https://twitter.com/Nicias47/status/1654503234839498755?s=20

悪い口コミ

https://twitter.com/doryaaa3/status/1669979465173340161?s=20
https://twitter.com/MrOnigiri3/status/1629348671811887105?s=20
https://twitter.com/isao35164674/status/1646682319611371520?s=20
https://twitter.com/coffeemilkjapan/status/1655943219300171782?s=20

コピートレードの始め方

ここからは、コピートレードの始め方を説明していきます。

まずは、Bitgetの新規口座開設を

まずは新規のアカウントを開設していない方は下記のリンクより開設してみてくださいね。

開設自体は1分ほどで終わります。もちろん無料で開設することが出来ます。

私の紹介リンクを利用する事で取引手数料が永続的30%オフの恩恵を受けることが出来ます。

下記リンクより新規開設で手数料が永久に30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

また、「既に口座開設をしてしまっている」という方であってもBitgetは複数アカウント開設が可能な仮想通貨取引所になっていますので、紹介リンクを利用することが可能になっています。

分からないことがある場合は私のTwitterにDMしてくださいね!もちろんこのサイトの【問い合わせ】からでも気楽に質問してください!

実際にトレーダーをフォローしてみる

新規口座開設が終わったら実際に、トレーダーをフォローしてみましょう。

資金を先物口座に移動させる

前提としてBitgetの先物口座に資金を振り替えておく必要があります。

現物口座と先物口座は別々の部屋のように分かれています。

コピートレードで取引を行うには資金を先物口座に移動させておく必要があるので事前に使用する分を移動させましょう。

資金が先物口座に入っている事を前提として、コピートレードの始め方を説明していきます。

Bitgetの公式ホームページから「コピートレード」へ

移動するとコピートレードのページに移行します。

こちらのページではさまざまな登録されているトレーダーがいますので、ご自身の好みにあったトレーダーを選択してみて下さい。

自分の好みに合ったトレーダーを見つけたらココからは、細かい設定に入っていきます。

フォローする際のコピートレードでの設定

今回は説明として、ランダムで適当な方を一人選択して細かい設定を行っていこうと思います。

まずはトレーダーの詳細のページに移動していきますので、下記画像の赤枠の中のどこでも良いのでクリックしてみてください。

トレーダーを選択する

トレーダーの詳細ページに移動すると、登録されているトレーダーの成績や詳細なデータを確認することができます。

トレーダーの詳細なデータが全て確認することができますので、トレーダーの実力が丸裸になっていると言えます。

初心者なの方にとっては、どのデータを重視すればよいのか?このデータは何を示しているのか?

分からない事が多数あると思いますので、過去当ブログで掲載した「良いトレーダーの見分け方」を参考にしてください。

データ画面の各種数値に関する解説

ここからは、データ画面の各種数値に関しての解説を行っていきます。

データ画面で確認できる主な数値(赤枠内)は以下の項目になっています。

  • ROI(収益率)
  • ドローダウン
  • フォロワー数
  • 収益合計
  • 勝率
  • 取引額合計

以上のような項目が主なデータになっています。

各種数値について解説を行っていきます。

ROI(収益率)

ROIは収益率の意味です。

ROIはリアルタイムでデータに反映される数値です。

このROIという数字はトレーダー達が一番気にしている数字と言ってもよいかもしれません。

ROIを上げることにより、コピートレードページのTOPに掲載される確率が上がりトレーダーにとってはフォロワー数を獲得する経路になります。

したがってフォロワーの利益よりROIを上げるようにトレードを行うトレーダーは結構います。

例えばハイレバレッジでトレードを行う手法です。 

フォロワーの先物口座の強制ロスカットされる危険性について一切気にせず、トレードをするトレーダーは結構います。

良いトレーダーかどうかを判断するにはROIだけに捕らわれるのは危険ですので全体的に判断をしていきましょう。

ドローダウン

ドローダウンは日本語に置き換えると含み損率と言えます。

この数値を見ることにより、堅実なトレーダーか否かを判断する材料になります。

含み損率

含み損率が低いトレーダーは堅実なトレーダーと言える

含み損率が低いトレーダーは、レバレッジ倍数が低いトレーダーの可能性が高いです。

あるいは、短期間に決済するトレーダーです。

ドローダウン率は1%以下のトレーダーを選ぶのが望ましいです。

ただ、1%以下のトレーダーでも危険なトレーダーは、いますので過去の取引履歴は必ず確認するようにしてくださいね。

フォロワー数

こちらのフォロワー数はトレーダーが過去から現在まで獲得したフォロワーの総数になります。

総数なので、一旦フォローしたけど途中でフォローを外した人も含まれます。

特に、こちらの数字は重要視する必要はありません。

ただ、こちらの数字が多いトレーダーはトレーダーとしての稼働が長いという一つの判断材料になる言えます。

収益合計

収益合計はトレーダー自身が今までで儲けた金額になります。

優秀なトレーダーは、もちろんコチラの数値が高くなりますが悪質なトレードであっても高い場合がありますので注意が必要になってきます。

収益合計が高いからと言って一概には信用できませんので要注意です。

勝率

こちらは、文字通りトレードの勝率です。

勝率と関係があるのはリスクリワードです。トレードに関して100%勝つことは不可能です。

小さな損を切っていき、その何倍もの利益を取っていくのがトレードの基本になります。

勝率が低い場合でも優秀なトレーダーの可能性があります。

反対に高すぎる勝率の場合は、含み損に耐えるトレーダーの場合があり要注意です。

取引額合計

取引額合計はトレーダーの今までの投資額の総数になります。

取引額では、トレーダーの「ポジション当たりの投資額」を読み取るヒントになります。

取引額の大きいトレーダーは、長期間コピートレードを行っているトレーダーあるいは大口トレーダーの可能性があります。

実際にトレーダーをフォローしてみる

データを参照して好きなトレーダーを見つけることが出来たら、実際にフォローをしてみましょう。

好きなトレーダーページから「コピー」を押す

フォローをするにはトレーダーページの「コピー」を押します。

Bitgetのコピートレード利用規約に同意する

コピートレードを行うのが初めての場合は「Bitgetコピートレード利用規約」が表示されます。

利用規約を一通り読んでいただき、同意ボタンにチェックマークを押し「確認」を押してください。

投資金額やリスク管理設定を行っていきます

ここからは詳細ページについての解説を行っていきます。

詳細ページ出ている項目は以下の物になります。

  • 利益分配率(黄色枠内)
  • トレーダーの取り扱い銘柄(赤枠内)
  • 投資金額設定モード
  • リスク管理

利益分配率

利益分配率はフォロワーが利益を上げた時にトレーダーに還元される金額の%表示になっています。

この数値は大方のトレーダーが2~10%の間で設定されております。

仮に1回の取引で10ドルの利益が発生した場合は1ドルの金額がトレーダーに配分されてフォロワーは9ドルを手にすることになります。(利益分配率10%の場合)

この利益分配率はトレーダーの意欲向上の為の物とも言えます。

取引で儲からず、利益が出なかったらどうなるの?

利益分配率は利益に対するものなので、利益が出ない場合はトレーダーへの利益分配はありません。負けてるけど、さらにお金を取られるという事はありません。

トレーダーの取り扱い銘柄

こちらはトレーダーがどの銘柄を取引しただけユーザーがトレードをコピーするのかを設定することが出来ます。

「この銘柄はコピーしたくない」という銘柄がある場合には設定で変更を加えることが可能になっています。

取り扱い銘柄数については変更をすることが可能になっています。

  • 取り扱い銘柄数の横にある「編集」をクリック
  • トレードしたい銘柄のみを選択し「確認」をクリック
取り扱い銘柄数の横にある「編集」をクリック
トレードしたい銘柄のみを選択し「確認」をクリック

取り扱い銘柄数に関しては基本的に「すべてを選択」で問題ありません。

コピートレードの良さを最大限に生かすのであれば、基本的にはフォローしたトレーダーの方針に従って取引を行う事が最善でしょう。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

【重要】投資金額の設定とリスク管理

ここからは、コピートレードで一番重要な設定の説明です。

まずは、「投資金額設定」の説明です。

簡単に説明すると一回の取引でいくらの金額を使うか?という設定です。

設定には「定額」と「倍率」があります。

投資金額の設定

  • 定額(10ドル~10000ドルの間で設定)
  • 倍率(0.01倍から100倍の間で設定可能)

投資金額の設定とはトレーダーがポジションを取った場合に、どのような形でフォローするか?の設定です。

「定額」を設定した場合

定額の場合はトレーダーの掛け金とは関係なく「自身が設定した固定額」で取引をすることになります。

トレーダーが1回の取引で1000$の大金を使っているトレーダーだとします。

しかしフォローモードを定額10ドルに設定していた場合、一回の取引では金額はコピーされず10ドルでエントリーされます。

金額以外がコピーされるという事になります。

「定額」の場合は「10ドル~10000ドルの間」で設定することが出来ます。

  • 資金管理をしやすい
  • 勝負所でのトレードが、きっちり反映されない(レバレッジを増やした場合)
  • コピートレードの特性を生かしにくい
  • トレーダーのLOT数が分からない場合は、様子見としてあり
「倍率」を設定した場合

次に倍率の説明になります。乗数の設定は「0.01~100倍」の中から設定をすることが出来ます。

トレーダーの掛け金に対していくらでエントリーをするのかという設定になります。

✅プロのトレーダーが1回1000ドルでエントリーしていた場合 ✅

「0.01倍」を設定していた場合👉ユーザーは1つのポジションで10ドルでエントリーする

「1倍」を設定していた場合👉ユーザーは1つのポジションで1000ドルでエントリーする

  • 大口投資家と知らない場合は思わぬ金額を張る可能性
  • コピートレードの特性を生かせる
  • トレーダーのトレードの反映度は高い

リスク管理の設定を行う

ここからは損切り・利確の設定になります。

400%まで」の設定をできますのでリスク管理は行いましょう。

含み損をどれくらいまで抱えたら、自動決済をするのか?という設定になります。

どんなに優秀なトレーダーであっても100%くらいまでは普通に含み損を取ることはよくあったりします。

※スイングトレーダーのケース。トレーダーの取引種類によります

ここの数値を低く30%とか40%とかに設定してしまうとコピートレードの良さが全くなくなってしまいます。

その辺りの調整は必要かなと感じる部分があります。

ちなみに筆者は「損切り200%」「利確設定なし」で運用していました。出来る限りプロのトレーダーさんに、おまかせするような設定にしていました。参考にしてみて下さい。

損切り率

こちらは含み損がどの程度まで膨らんだら自動決済するのかを設定していきます。

含み損とは確定はしていないが、現状マイナスが膨らんでいる状態です。

損切り率の設定は必ず設定し置くことをおススメします。

利確率

こちらは、利益がどのくらいまで伸びたら自動決済するのかを設定していきます。

含み損率とは反対に、こちらは設定しなくても良いと言えます。

トレーダーの取引判断に任せましょう。

素人判断で設定してしまうと伸ばせる利益を取れずコピートレードの特色を生かし切ることが出来なくなります。

最大金額(最大フォロー)

こちらは最大金額の項目です。

「損切り率」「利確率」を具体的に数値化したものです。

例えば、損失の金額をいくらまで許容するかの金額です。

こんなケース

・損切り率 200%

・最大金額 100USDT

上記の設定を行った際に、含み損が70%まで膨らんだとします。損切り率には、まだ余裕があります。

しかし、含み損金額が100USDTを超えていた場合は損切りが実行されます。

最大金額(最大フォロー)は利確・損切りに有効になります。

「利確率」「損切り率」と併用して利用しましょう。

設定完了後

設定が完了したら、「次」を押してください。

そうすると確認画面に入りますので確認を押します。

これで、トレーダーをコピーすることが出来ました。設定は以上になります。

以上で設定完了です!お疲れ様でした!

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

トレーダーの比較機能を利用する

2023年の夏からBitgetのコピートレードは新機能がリリースされました。

それは、トレーダーの比較機能です。

多くのプロトレーダーが登録されていますので、皆さんもトレーダーの選択に迷ってしまう事があるかもしれません。

そんな時に利用したいのがトレーダーの比較機能です。

比較機能の使い方の主な手順

まずは比較機能の利用手順を大まかに説明をしていきます。

流れを把握していただいてから実際に画像付きの手順を見ていきましょう。

大まかな手順は下記のようになっています。

  • Bitgetのコピートレードのページへ
  • トレーダーを選択する
  • トレーダーページの「VS」をクリック
  • 比較したいトレーダーを選択する
DNくん
DNくん

主な流れは以上のようになっています。

利用手順の確認

ここからは、実際に画像付きで手順を確認していきましょう。

手順① Bitgetのコピートレードのページへ

まずは、Bitgetの公式ホームページから「コピートレード」を選択して下さい。

手順② トレーダーを選択する

次にトレーダーを選択していきます。

今回はトップページに表示されていたトレーダーを選択してみます。

赤枠のトレーダーの部分をクリックする事により詳細ページに移行します。

手順③ トレーダーページの「VS」をクリック

トレーダーのページに移行すると右側に「VS」のマークがあるのが分かります。

コチラを選択するとトレーダー比較の画面に移行しますのでクリックして下さい。

手順④ 比較したいトレーダーを選択する

トレーダーの比較画面に移行しました。

その中で「エリートトレーダーを追加」という項目があります。

コチラを選択して比較対象にしたいトレーダーを選んでください。

比較ができるのは複数人同時にする子が出来ます。

上記の画像では4人のトレーダーを比較しています。

比較画面では各種成績を横並びに表示することが出来ますのでトレーダーの成績比較が容易にできますので、ぜひ利用してみてください。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

コピートレードに関する手数料について

Bitgetのコピートレードでは下記の手数料が必要になります。

  • 取引手数料
  • 利益分配金

取引手数料

取引手数料に関しては一般的な先物取引と同様に取引の際に必要になる手数料です。

仮想通貨取引所の名前メイカー手数料テイカー手数料
Bybit(バイビット)0.02%0.06%
Bitget(ビットゲット)0.017%0.051%
Kucoin(クーコイン)0.02%0.06%
ZOOMEX(ズームエックス)0.02%0.06%
OKX0.02%0.05%
Gate.io(ゲート)0.02%0.05%
CoinEx(コインエックス)0.02%0.05%
BingX(ビンエックス)0.02%0.05%

上記のように先物取引手数料はメイカー手数料0.017%&テイカー手数料0.051%となっています。

他の取引所より安い水準になります。

また当記事に設置してあるリンクから新規口座開設を行うとそこから30%オフになるので下記のようになります。

仮想通貨取引所の名前メイカー手数料テイカー手数料
Bybit(バイビット)0.02%0.06%
Bitget(ビットゲット)0.017% 0.0119%0.051% 0.0357%
Kucoin(クーコイン)0.02%0.06%
ZOOMEX(ズームエックス)0.02%0.06%
OKX0.02%0.05%
Gate.io(ゲート)0.02%0.05%
CoinEx(コインエックス)0.02%0.05%
BingX(ビンエックス)0.02%0.05%

利益分配金

利益分配金は利益が出た場合のみ

大前提として利益分配金はコピートレードの単発取引において利益を出した場合にのみトレーダーに支払うシステムになっています。

負けトレードには利益分配金は掛かりません。

ポイント

利益分配金は勝ったトレードのみにかかる

利益分配金は勝手に天引き

利益分配金はトレーダーによって率が違います。

0%~10%まで幅があります。

フォローしているトレーダーが利益を上げた場合には、その利益の中から自動的に利益分配金が差し引かれます。

※10ドルの利益を上げた場合(利益分配金率10%)   10ドル-(10ドル×10%)=9ドル  9ドルが利益となる

勝手に処理される訳なので、特にユーザー側で何かをする必要はありません。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

トレーダーによって利益分配率に差がある理由はなんで?

ここからは、コピートレードに関する利益分配率に関して詳細を話していきたいと思います。

一般的に、コピートレードのマスタートレーダーは利益を上げた場合に利益分配率に応じた報酬を受け取る事が一般的です。

Bitgetに関してもトレーダーによって利益分配率が設定されております。

男の子
男の子

マスタートレーダーとは皆さんがフォローをするトレーダーさんの呼び方です。

利益分配金の意義

利益分配金がある事でマスタートレーダーは、もっと良いトレードを行い稼ごうとモチベーション維持に繋がります。

さすがに無料で自分自身の経験と手法を分け与えることは誰もしたくありません。 利益分配金に関しては、マスタートレーダーにとって非常に魅力的なのです。

トレーダーごとに利益分配金に違いがあるのはなぜか?

トレーダーによって、差がある理由はビットゲットのトークンであるBGBをロックアップ(預けている)か否かによって変わるという理由があります。

BGBとはBitgetが独自に発行しているトークンです。BGBを保有する事によりBitget内で様々な特典があります。

参考 仮想通貨のBitget Token(ビットゲットトークン・BGB)とは?特徴・将来性・買い方・価格予測について解説

マスタートレーダーになって、利益分配を貰うにはトレーダーはBGBトークンを購入してBitgetにロックアップする必要があります。 ロックアップするトークンの数は数千枚クラスであり、ある程度の資金が必要になってきます。

ロックアップしている、枚数の多さで上限の10%に近づいていくという仕組みになっているのです。 利益分配率に関しては、トレーダーの腕などは一切関係なくBGBのロックアップ枚数に依存するという訳です。

マスタートレーダーがBGBトークンを一切保有しておらずロックアップしていない場合は利益分配率が0%になります。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

トレーダーのフォロワー数定員はどうやって決まるのか?

定員の上限は最大1000人

トレーダーのフォロワーには上限が設定されています。

Bitgetの場合は最高1000人に限定されており、1000人を超えるユーザーはフォローすることが出来ません。

フォローしたいトレーダーがいる場合は定員に空きが出るまで待ちましょう。どれだけ人気があるトレーダーであっても空きはでます。

どれだけ人気のトレーダーであっても、定員に関しては必ず欠員が出るタイミングが発生します。具体的に言うと、トレーダーが含み損を抱えたときにフォローの判断で損切りを行いフォローを外してしまう人が少なからず存在しています。定員が満員だからと言って諦めず、欠員が出るのを待ちましょう。

さて、このトレーダー上限という数字はどのように決まっているのでしょう。

口座内資金で定員が決まる

結論から申し上げますと、トレーダーの先物口座内に入っているUSDTの量でフォロー上限が決まっています。

ポイント

マスタートレーダーの口座内資金によってフォロワー数の定員が決定される

先物口座内のUSDTが、500USDTを割るとトレーダーは、「トレーダー一覧」に表示されなくなります。

500USDTで100人、1000USDTで300人といった形で1000人を上限として開放されていきます。 なので、以前いたトレーダーが「トレーダー一覧」から消えてしまった場合は、単純に資金がなくなってしまった可能性があると言えます。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

世界初の試み 現物コピートレードがスタート

Bitgetは、世界初の試みである現物コピートレードというシステムを構築しました。

先物コピートレードでは、世界第一位の取引量を誇るBitgetですが、歩みを止めることなく今までにない発想で現物コピートレードを実装しました。

今では多くのトレーダーが参入をはじめ、徐々に認知をされ始めている状況にあります。

トップのトレーダーになると収益率(ROI)の数値も600%を超えるトレーダーなども出現しており活気を見せている状況になりつつあります。

2023年現状ではビットコインの半減期1年前の時期であり価格の方も上昇傾向にあります。

大方の予想では半減期終了後の2025年付近にはビットコインは過去最高値を更新するであろうとの予測があり、今は非常にトレーダーにとってもよい時期に突入していると言えるでしょう。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

トレーダーをフォローする方法

現物コピートレードと先物コピートレードに関してはシステムとしては同様です。

トレーダーの成績を確認する方法やフォローの仕方などについてです。

トレーダーが取引をする時に”現物”なのか”先物”なのかという違いしかありません。

実際に現物コピートレードで良いトレーダーの取引をコピーするやり方が分からない方は当ブログの先物コピートレードのやり方についての記事を書きに張っておきますので、そちらを読んでいただければ幸いです。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

現物コピートレードのメリット

ここからは具体的に先物コピートレードと比較をしながら現物コピートレードのメリットについて考えていきたいと思います。

現物コピートレードの最大のメリットは安定的だと言えるでしょう。

先物と比べ現物でのトレードに絞られるのでロスカット発生の心配はないという事が言えます。

現物コピートレードなので相対的にリスクは低く抑えられる

ビットコインは一般的には値動きが激しい事で論じられることが多くありますからロスカットを伴う退場には繊細にケアをしていく必要があります。

そんな中で、高い倍率でのレバレッジ取引は大きなリスクを伴いますが現物コピートレードの場合は相対的にリスクは小さくなります。

前章でも言及したように2025年の半減期の後はビットコイン市場の続伸が期待できますから現物コピートレードを始めるタイミングとしては良いと言えるでしょう。

日々、チャートを見る必要がない

コピートレードでは、日々チャートに向き合う必要がありません。

忙しい日常の中でもフォローしたトレーダーが分析を行ってくれるので放置で大丈夫です。

また、初心者の場合はテクニカル分析やファンダメンタルズ分析などが出来ないという方が大半だとは思います。

そういった難しい技術が必要ないのでがコピートレードの利点であります。

現状は現物コピートレードはスタートしたばかり

現状のBitgetの現物コピートレードはスタートしたばかりのシステムです。(2023年3月現在)

先物コピートレードに関しては、80000人以上のトレーダーと338,000人のフォロワーを誇るBitgetですが、現物コピートレードに関して言えばまだまだ認知はこれからと言えます。

現状は相対的にはトレーダーも少ない状況にあるので、ドンドン認知されていけば仮想通貨業界でも”現物コピートレード”を採用する仮想通貨取引所も増えてくるかもしれません。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

現物コピートレードのデメリット

フォローしているトレーダに利益分配金を支払う必要がある

フォローしているトレーダーが取引に成功して、利益を上げてくれた場合は利益分配金を支払う必要があります。

支払うといっても利益から徴収される形になっています。

たとえば、あなたがコピートレードで10ドルの利益を上げた場合はトレーダーの設定に応じて4%から10%の利益分配金が差し引かれます。利益分配金が差し引かれた残りの金額があなたの取り分になります。

※利益分配金が10%の場合  10ドル×10%=1ドル  1ドルが利益分配金

この場合は、負けトレードに関しては利益分配金は発生しません。価値トレードのみに発生します。

現物コピートレードにはショートがない

現物の取引なのでショートがありません。買いの一択になります。

したがって相場が長期的に上昇トレンドの場合では良いですが、長期の下降トレンドの場合は厳しいというのが実態です。

現状2023年のビットコインは週足レベルの上昇トレンドにあり、半減期終了後の2025年頃には最高値更新が期待されていますが最高値を付けた後大きな下落を伴った場合は保有している現物は大きな含み損を数年単位で抱える懸念もあると言えます。

もちろん損切り設定をしているトレーダーであればよいですが。

基本的には現物は底値付近での買いが一般的であり高値付近での購入はあまりお勧めできません。

トレーダーの数が少ない

現状、現物のコピートレードに関しては認知が低い状態にあります。

なので存在自体が知られていないのでトレーダーの数も「先物コピートレード」と相対的に少ないのが現状です。

今後、伸びしろは十分にありますが盛り上がっていくかどうかはトレーダーの数が増えていくことが重要な要素になってくるでしょう。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

トレーダーとなって稼ぐことも可能

もし、この記事を読んでいるあなたが仮想通貨の先物取引をやっているのであれば、トレーダになるというのも手段としてあります。

トレーダーになるとメリットがあります。それは手数料報酬を得る事が出来るという点です。

ポイント

コピートレードには「フォロー」してくれるトレーダーの取引利益から報酬(利益の2-10%)を得る事がきます。

仮に、フォロワーが100人いたとします。そのフォロワーが全員1ドルの利益を上げたとすると100ドルの10パーセントの10ドルを得る事ができるのです。これがたった1回の取引なので回数を積み上げると大きな利益になります。

下記リンクより新規開設で取引手数料永久30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

コピートレードのトレーダー登録をする方法

トレーダーになる大まかな手順

  • Bitgetのホームページから「コピートレード」に進む
  • 「トレーダーになるために申し込む」を選択
  • 「今すぐ申し込む」を選択
  • 必要情報の入力をしていく

大まかに上記のような手順で進めていきます。

ここからは画像付きで解説していきます。

難しくは無いので安心して下さい。

手順①Bitgetのホームページから「コピートレード」に進む

手順②「トレーダーになるために申し込む」を選択

手順③「今すぐ申し込む」を選択

手順④必要情報の入力をしていく

ここからは必要な情報を入力していく必要がります。必要情報の入力については下記の画像のような入力欄があります。

記入する情報について

  • 住んでいる地域・国を選択
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • ソーシャルネットワークアカウント(テレグラム・インスタグラム・Twitter)
  • 自己紹介
  • 取引利益に関するスクショ

以上がトレーダー申請に関する記入事項です。

審査は何日くらいかかるの?

入力が終わり申請が済んだら数日の営業日以内に連絡が来てトレーダーとしての登録が完了します。

恐らく1週間以内には審査は終了します。筆者の場合も1週間はかかりませんでした。

入力する項目に関してですが、推測にはなってしまいますが全てを記入する必要は恐らくなさそうです。筆者が申請した時は「取引利益に関するスクショ」は送信しませんでしたが審査は完了しました。

また、TwitterやInstagramなどのSNSをやっていない方もおられると思いますが、そちらもなくても審査は通過するのではないかと感じています。まあただ、Twitterは匿名で開設できますし、自分のファン獲得にも多少は役に立ちますので、トレーダーとして開設をしてみるのも良いかもしれませんね。

下記リンクより新規開設で取引手数料永久30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

ポジションに関する設定について

先物取引に関して「ポジション当りの金額」を説明する際に、初心者の方に分かりやすく説明をするにはどうしたら良いのかな?と考えます。

言葉で聞くより最初に低額やデモトレードで取引してもらった方が理解しやすいと思います。

しかしながら、筆者自身もそうでしたが先物取引に関して怖さもあり、とにかく最初に理解したいという気持ちがあると思います。

仮想通貨じい
仮想通貨じい

実際に最低金額でコピートレードを始めてみた方が勉強になるんじゃよ

少し話が逸れましたが、「ポジション当りの金額」とは「一回当たりいくら使うのか?」と表現できると思います。

つまり、ある時点でトレーダーが「買い」あるいは「売り」で取引を始めた時点でポジションをとると表現します。

トレーダーによっては、ポジションを10本抱えたりするトレーダーもいるのでトレードスタイルも考えていく必要があります。

なので、コピートレードにおいて「設定はこうしたら良いと断言する」事は不可能でトレーダーによって変わってくるというのが結論と言えます。

ただ、それだと初心者の方は更に分からなくなってしまうと思うので大まかなお話をしていきます。

ポジション当たりの金額について

  • トレーダーのトレードスタイル
  • トレーダーの保有ポジション
  • トレーダーのポジション当たりの金額

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

トレーダーの最大保有ポジション

トレーダーと一口に言っても様々なタイプのトレーダーが存在しているので「フォローする前に必ずトレーダー詳細を把握」したほうが良いです。

まず、トレーダーが最大どの程度のポジションを保有する可能性があるのかを把握していきましょう。

DNくん
DNくん

実際にフォローする前に下調べをした方が良いでしょう。

最高の暗号資産 (仮想通貨) コピートレード取引所|Bitget

Bitgetのコピートレードでは、トレーダーの詳細な取引履歴を確認することができます。

今回の事例では、一度に多くのポジションを保有するトレーダーと、そうではないトレーダーを見ていきます。

まずは、一度に大量のポジションを抱えるトレーダーから見ていきます。

大量のポジションを抱えるトレーダー

詳細画面からトレーダーが現状が保有しているポジションが確認できます。

今回は一度に30のポジションを保有しているトレーダーをご紹介していきます。

下記に実際の画像を掲載します。

最高の暗号資産 (仮想通貨) コピートレード取引所|Bitget
最高の暗号資産 (仮想通貨) コピートレード取引所|Bitget
最高の暗号資産 (仮想通貨) コピートレード取引所|Bitget
最高の暗号資産 (仮想通貨) コピートレード取引所|Bitget

上記のようにロング(買い)とショート(売り)のポジションを大量に抱えています。

大量のポジションはリスクが大きい

スクリーンショットを取った段階ではすべての取引が含み益状態であり一見よさそうに見えます。

しかしながら大量のポジションを保有しているので、その反対の含み損状態になった場合は大きい損失になりえる可能性があります。

このトレーダーが損切り設定を行っているかは分かりませんが大量のポジションを保有するという事はリスクも大きい事を認識する必要があると言えます。

この記事の論点は「ポジション当たりの金額は幾らにするべきなのか」という事です。

上記のような大量のポジションを保有するトレーダーをフォローする場合は先物口座内の資金の事もしっかりと確認をする必要があります。

ポジションの数が多くコピーしきれない可能性がある

Bitgetのコピートレードでは金額は「固定」と「倍率」があります。

仮に固定の最低額である10ドルで、このトレーダーをフォローした場合には10ドル×30の300ドルの資金が最低でも先物口座に入っている必要があります。

大量のポジションを保有する事を認識していないと、コピートレードの特色を生かすことができない。

実際にフォローしたけど、先物口座内の資金が足りなかった場合は取引はフォローされません。

したがって取引を完全にコピーしている状態とは言えず、取引の一部コピーになってしまいます。コピートレードの恩恵を最大限に生かすことができないという事になります。

倍率設定で取引をフォローした場合

上記は「固定」の設定を行った場合であり「倍率」の設定で取引をフォローした場合は話が変わってきます。

実際にはトレーダーが1ポジション当たり幾らで取引を行っているかは分かりません。

しかしながら推測では判断することはできます。

その判断方法は下記の章に記していきます。

仮に1ポジション10ドルでトレーダーがトレードをしている場合に「倍率0.1倍」を設定した場合には1ドル×30の30ドルが最低必要になってくるという話です。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

ポジション数が少ないトレーダーの例

上記の一例では保有ポジションが多いトレーダーを紹介しました。

反対に保有ポジションが比較的に少ないトレーダーも一応ご紹介しておきます。

一般的には少数のポジションを保有するトレーダーのほうが多い傾向にあります。

最高の暗号資産 (仮想通貨) コピートレード取引所|Bitget

画像は、とあるトレーダーの保有ポジションであり「ポジション保有数は4」です。

Bitgetのトレーダーの場合は複数ポジションを保有するトレーダーが大半ですが他の取引所のコピートレーダーでは、1つのみのポジションで「レバレッジ2倍」などの超堅実派のトレーダーも見たりしますが、Bitgetの場合はレバ2倍などでトレードするトレーダーは極めて少ないと思いますね。

やはりコピートレードと言っても取引所によっては特色があらわています。

筆者の場合は

トレードで一番大切な事は、大きく勝つことではありません。

退場しないことが一番大事です。

退場とは資金が無くなりトレード出来なくなることを言います。

大きく勝つのではなく堅実にコツコツと勝利を積み重ねることが出来るトレードをできる人を見つけてフォローする事が一番堅実です。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

過去の取引履歴からポジションを保有数を推測する

上記の章では、現在の保有ポジション数についてみていきました。

ここからは、トレーダーの過去の取引からの傾向も見ていきます。

トレーダーの過去の取引を見ていくことにより保有ポジションの大まかな数字を考えていきます。

暗号デリバティブ取引所 | Bitget

上記の画像のようにBitgetではトレーダーの過去の取引履歴を確認することができます。

このような取引履歴を確認してトレーダーが、同時に保有するポジション数を推測していきます。

上記の3つの取引には、共通点があります。オープン時間と決済時間がほぼ同等の時刻であります。

ここから推測するに、このトレーダーは一度に3つのポジションを保有していたという事が分かります。

このような形で、取引の塊を見ていきます。

次の取引の塊は、上記画像の4つの取引です。

オープン時刻と決済時刻がほぼ同時刻であります。

したがって、当該トレーダーはおよそ「3から4」のポジションを保有する傾向にあると分かります。

本来であればもう少し遡っていきデータを見ていきますが、この記事では簡潔に説明しています。

また、他の分かる要素は当該トレーダーは「指値予約を行っていない可能性が高い」と言えます。

決済時刻は綺麗に揃っている部分があるのに対してオープン時刻はバラツキがあります。

つまりオープンは成行き注文で行い、決済は予約を入れていると読めます。

成行と予約注文では手数料に違いが出てきますので、こういった情報も非常に重要になってきます。

過去の取引履歴からポジション数を推測することができる

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

1回当りのポジション金額が大きいトレーダー

Bitgetのコピートレードの金額については「固定」と「倍率」が選択することが出来ます。

固定設定に関しては最低10ドルから取引をコピーすることが出来ます。

倍率の場合はトレーダーの取引ポジションの「0.01倍」からコピーすることが出来ます。

例えば・・・

一回当たり100ドルを使うトレーダーをコピートレードでフォローする場合

上記の場合、仮に固定10ドルに設定した場合ユーザーがコピーしている時は必ず10ドルでフォローされるという事になります。

倍率の0.1倍で設定した場合も毎回のトレードは10ドルでポジションを取ることになります。しかしながらトレーダーがいつもの100ドルではなく「今は勝負所だから今回は200ドルでポジションを取ると判断」した場合は20ドルでポジションを取る事になります。しかしながら、固定の場合はどんな状態であっても10ドルでポジションを取る事になります。

そういった意味では、固定の方は完全なコピーとは言えないと言えるかも知れませんね。

男の子
男の子

固定で設定するとトレーダーの良さを引き出せない可能性があるよ。

大口トレーダーかどうかの判断

あなたがフォローしようとしているトレーダーが大口なのか否かの判断は非常に重要になってきます。

大口とは一度に大金を使うか否かという事です。設定自体を「倍率」で行っているときには注意が必要になってきます。

仮にトレーダーが「1ポジションあたり2000ドル」で取引を行っている場合と「1ポジションあたり20ドル」で取引を行っている場合は、コピーされる金額が大幅に変わってきます。

2000ドル×0.01倍=20ドル ✅1ポジションあたり20ドルでコピー

20ドル×0.01倍=0.2ドル ✅1ポジションあたり0.2ドルでコピー

上記のように、トレーダーが張る金額によりコピー額に大きな影響が発生します。

固定設定で行っている場合は金額は変動しないので上記の限りではありません。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

トレーダーのポジション金額を推測する方法

トレーダーのポジションあたりの金額を大雑把に推測する方法があります。

こちらも過去の取引履歴を参考にしながら考えていきます。

上記のような過去の取引履歴を参考にしていきます。

画像のようなトレーダーが、一体いくらでポジションを保有しているのかどうかについて考えます。

当該トレーダーは少額ポジションだと推測できます。

まず1枚目の画像は、利益の金額を表している画像です。

青い点にカーソルを合わせることによりポジションを保有していた期間と利益金額が表示されます。

画像では利益は「0.64USDT」だと理解できます。

そして、直近の取引の履歴を見ると利益率はおおむね20%程度だと分かります。

この金額を割り込んでいくことで、ポジションを保有する金額が分かってきます。

0.64USDT÷20%=3.2USDT

上記の金額では、ポジションを3.2USDT前後の金額で保有したと推測ができます。

当該トレーダーはレバレッジ50倍で取引をしており、レバレッジ50倍の時の最低保有金額は4USDTなので恐らく、当該トレーダーは最低金額の4USDTで取引を行っているのでは?との仮説を立てることが出来ます。

大口の場合

参考に大口のトレーダーのデータ画像も掲載をしておきます。

このトレーダーさんは、大口のトレーダーさんという事でよく知られている方です。

画像が示しているように、わずか7分の取引にもかかわらず利益は908USDTと表示をされています。

当該トレーダーは高レバレッジの取引は行わず「5~25倍」程度の取引を行うトレーダーですが、わずか7分の間で908USDTを上げているという点からして、大きな金額を張っているという事が推測できます。

こういった推測するという事を行い、フォローをする前にトレーダーについて知るようにしていきましょう。

仮想通貨じい
仮想通貨じい

利益の金額が大きいという事はそれだけポジション辺りの金額が大きいと言えるんじゃ

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

クロスマージンか分離マージンで判断

ポジションあたりの金額については、トレーダーがクロスマージンで取引するのか分離マージンで取引するのかで大きく変わってきます。

筆者が見た感じではBitgetのコピートレーダーは、クロスマージンで取引を行っている方が多い印象にあります。

フォローする前に、どちらのモードで取引を行っているかも注意が必要です。

ちゃんと損切りしているかデータからは判断が難しい

データを見ただけでは、トレーダーがしっかりと「損切り設定」を行っているかは判断が難しいのが現状です。

よくトレードで言われている「負けるタイプの人間」はコツコツドカンと言われています。少しずつ利益を得ているのにもかかわらず、その後一度の取引でドカンと負けてしまう事です。

反対に、上手い人は損小利大を徹底しています。

人間の心理にもかかわってきますが、「負けないことが大事」という心理状況になる人が多数だと聞いたことがあります。

なので上記で述べたように負けやすい人は、チキン利確(ビビッて少額の利益で利益確定してしまう人の事)を行い、負けを認めることが出来ず損切りができないという事です。

話を戻すと、このトレーダーが損切りをするトレーダーかどうかの外見的な判断はつかないわけなので、クロスマージンなのか分離マージンなのかで判断していくのも一つの手段だと言えます。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

コピートレーダーのスタイルでの損切り設定

トレーダーのタイプ判断の重要性

トレーダーには、複数のタイプが存在しています。

タイプによって、損切り設定のラインを深く設定するのか浅く設定するのかを判断していった方が良いと筆者の経験からは思います。

しかしながら、Bitgetのコピートレードのページを見てトレーダーのトレード傾向を自分自身で見分けていく必要があります。

コピートレードなので基本的にはトレーダーのトレードを信頼してフォローするわけですが、トレーダーによっては損切りしない人もいることは事実です。

これは「価格がいつか戻ってくる日まで塩漬けする」という事であり、そうなると大事な資産が危険な状態になりゼロカットにかかる可能性が高いです。

そうならない為にもトレーダーの観察は非常に重要です。

トレーダーのタイプ別「損切り設定」戦略

デイトレーダーの「損切り設定」

デイトレーダーは1日単位で取引を完結するスタイルのトレードをする人の事を言います。

比較的にレバレッジを高くかけて取引する傾向がある方が多いです。したがって、リスク管理としてキッチリと損切り設定を行ってください。どこまでの損失なら許容できるのかを考えていく必要があります。

デイトレーダーですと損切りするのは日常茶飯事です。リスクリワードという概念でトータルで収益を上げているという事を認識する必要があります。

スイングトレーダーの「損切り設定」

数日から数週間単位でトレードを行う人の事を言います。

ある程度の方向性を絞って取引を行っていくのである程度の含み損を考えたうえでの取引をする方が多いです。

基本的には損切り設定を行う場合は上限は200%です。

しかしながら、多くのトレーダーを見ていると優秀なトレーダーでも200%の含み損以上の含み損抱えた後一気に含み益に転じているケースもあるので損切り設定は難しい判断になりますね。

トレーダーが自体がキチンと、方向を見誤った時に「損切りをする」という事が出来るトレーダーかどうかを見極める必要性があります。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

「損切りをしない」悪質トレーダーを見極める方法

ここからは「損切りをしないトレーダーを見極める方法」についての解説を行っていきます。

損切りを行わないトレーダーの心理

何故、損が出ているのに損切りをしないのか?という疑問点が湧いてくるかもしれませんが、それは「コピートレードの成績を下げたくない」という理由があります。

成績が下がるとフォローされにくくなってしまうので、フォロワーの利益ではなく彼らは自分自身の成績を優先しています。

そんな、トレーダーを見極める方法について順番に記載していきます。非常に簡単な方法で判断できます。

悪質トレーダーを見極める方法

  • Bitget公式のホームページから「コピートレード」へ
  • 調べたいトレーダーを選択する
  • トレーダーページの「注文」を選択
  • 「コピートレード」を選択し、現在のポジションを確認する

以上のような手順を踏んでいただくとトレーダーの現在、「塩漬けにしているポジションがあるか否か」を確認することが出来ます。

ここからは、画像付きで解説をしていきます。

Bitgetのアカウントを持っている方は、まずアカウントへログインを行ってください。

手順① Bitget公式のホームページから「コピートレード」へ

まずは、Bitgetの公式のホームページの「コピートレード」を押すとプルダウンメニューが開きます。

そちらのメニューの中から「先物コピートレード」を選択してください。

手順② 調べたいトレーダーを選択する

「先物コピートレード」のページへ行くとトレーダーの一覧が表示されます。

そこで、調べたいトレーダーをクリックして頂きトレーダーの詳細データのページに移行します。

手順③ トレーダーページの「注文」を選択

トレーダーの詳細ページに移行した後はトレードに関する記録のページに移行します。

「注文」とかかれたボタンを押してください。

手順④ 「コピートレード」を選択し、現在のポジションを確認する

現在のポジションを閲覧するには「コピートレード」のボタンをクリックしてください。

デフォルトでは「履歴」の方が選択されていると思います。

「履歴」は過去の取引に関する履歴を閲覧できます。

「コピートレード」では現在の保有ポジションを確認することが出来ます。

塩漬けのポジションが確認できます。

今回選択をしたトレーダーは複数の「塩漬けポジション」を保有していました。

記事執筆時点から1年以上前のポジションをそのまま放置しており、「コピートレードの成績低下の回避」を行っていることが確認できます。

こういったトレーダーはフォロワーの利益については考えておらず、フォローはお勧めできません。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

ゼロカットシステムを考えた損切り

上記で簡単に触れましたが、スイングトレードの場合は含み損は一時的に大きく膨れる場合があります。

短期のデイトレーダーなら損切りを設定する事をお勧めしますが、スイングトレードの場合は「損切り設定」を行わずに、ゼロカットシステムを考慮してのコピートレードでも良いかと思います。

先物口座内には負けても許容できる金額のみを入金せずに、損切り設定を行わないというのも一つの手かと思います。

しかし、この戦略に関してはフォローするトレーダーについて理解を深める必要があります。日本人トレーダーの場合はTwitterなどのSNSで発信している方もいますので検索して発信情報に耳を傾けましょう

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

レバレッジの大きいトレーダーは注意

基本的にはレバレッジの大きい取引は同じ大きさのリスクがある事を認識してください。

トレードは長期的に考えて勝っている事が重要です。短期的な勝負ではありません。

レバレッジ倍率50倍などでトレードするトレーダーより5倍や10倍以下ののトレーダーを推奨します。

レバレッジが低い分インパクトは低いですが、長期的にコツコツと買っていくことが重要です。

レバレッジが低い分ある程度の含み損になっても、耐える事の出来る期間が増えるために勝利の確率が大きく上がっていきます。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

Bitgetのコピートレーダーの審査の有無は?

Bitgetのコピートレードの審査は存在する

結論から申し上げますと、Bitgetのコピートレードのトレーダー申請に関する審査はあります。

しかしながら、審査は形式的であり、実質的なトレーダーの成績などの審査などはありません。

ポイント

トレーダーの審査は形式的

コピートレードのトレーダーになる際には、電話番号などの記入事項があります。

しかしながら、人為的に審査しているというよりは恐らく機械的なAI処理のような形でトレーダーとして登録できるか否かを判断しているような形です。

他の取引所の審査の有無

Bybitのコピートレード

他の取引所では、例えばBybitにもコピートレードがありますが、Bybitも成績などの審査などはありません。

Bybitの場合はコピートレードの新規参加者は、タスクをクリアする事により「コピートレードのトップページなどに載りやすくなるか」などの調整が入ります。

したがって事前審査というよりトレーダーとして登録をした後に、審査的なハードルが設置されているようなイメージですね。

BingXのコピートレード

反対に、デリバティブに強いBingX(ビンエックス)では成績に関する審査があります。

具体的に言うと直近30日間の収益率が60%以上などの基準が設けられています。

多くの取引所のコピートレードのトレーダーに関する申請は実績の審査は設けられない傾向の方が強いと感じています。

ただ、コピートレードに関しては盛り上がっている取引所とそうでない取引所の違いがハッキリしているのが現状です。

今現在、コピートレードで盛り上がっている取引所は数がかなり限定さています。

筆者がおススメするコピートレードが出来る取引所は、BitgetとBybitとBingXになります。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

コピートレードの実績審査は無くても大丈夫か?

コピートレーダーの審査は必要性なし

コピートレードに関していえば、実績の審査必要ないと感じています。

コピートレードのユーザーの目線は非常にシビアです。

もちろん利益に直結するので成績が悪ければスグにフォローを外されてしまいます。

ある程度の審査を受けているという点では安心できる一つの材料にはなるとは思いますが、市場の原理が働いているので実際的には審査が無くても良いのではないかと思います。

トレーダーを3週間行わないトレーダーは表示が消える

2023年4月21日からBitgetではコピートレードに関する新しいポリシーを公表しました。

変更点は以下になります。

  • 3週間注文を行っていないトレーダーのランク降格
  • 3週間連続で注文を行っていないトレーダーは、コピートレードページに表示されなくなる

Bitgetではユーザーによりよいトレード環境を提供するための措置として以上の対策を発表しました。

「3週間連続で注文を行っていないトレーダーは、コピートレードページに表示されなくなる」に関してはトレーダーの検索窓でトレーダーの名前を検索する事によって表示されるのみで、おススメなどには一切出てこないという事です。

今後もBitgetではユーザー目線での環境づくりを重視していく流れになるでしょう。

トップトレーダーとして掲載される基準

Bitgetではトップトレーダーとして、掲載されるには基準があります。

こちらも一定程度の条件を満たしている必要性があります。

  • 契約口座の資本が 500 USDT 以上
  • 1回以上取引をしている事
  • 1つ以上のポジションを保有している
  • 違反行為をしていない事

最低でも以上の条件を満たしていることが必要になります。

また、当然ですが成績面でも優秀であることが求められます。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

日本人以外のトレーダーを探す方法

ここからは、Bitgetのコピートレードでの日本人以外の優秀なトレーダーを探す方法についての解説をしていきます。

Bitgetの仕様上、国を「日本」に設定しているとコピートレードでも「日本」あるいは「アジア」のトレーダーが多く検索などに出てくる仕様になっています。

設定を変えることで自身の設定した国以外のトレーダーも発見しやすくなります。

大まかな流れ

大まかには下記のような手順で変更をしていきます。

変更の手順

①Bitgetの公式のホームページから「コピートレード」を選択する

②「すべてのトレーダー」を選択する

③鍵のマークの「設定変更」へ

④フィルターの中の「ローカル」のチェックを外す

以上が主な手順になっています。ここからは画像付きで一つ一つ解説を行っていきます。

簡単に変更することが出来ます。

手順①Bitgetの公式のホームページから「コピートレード」を選択する

まずは、Bitgetの公式のホームページの上部にある「コピートレード」をクリックして下さい。

※Bitgetの公式のホームページのデザインは時期により変更されます。行っていただく手順に変わりはありません。

手順②「すべてのトレーダー」を選択する

コピートレードのページに移行すると、最初はトップトレーダーが表示されるような仕様になっています。

コチラを変更して「すべてのトレーダー」の所をクリックしてください。

手順③鍵のマークの「設定変更」へ

「すべてのトレーダー」を押した後のページでは画面の右のほうにマークがあります。

”鍵のような絵文字”(赤枠内)のマークがありますので、そちらを押して頂くと設定変更のページに移行しますので、そちらを押してください。

手順④フィルターの中の「ローカル」のチェックを外す

フィルターと呼ばれる設定変更の画面に移行しました。

下の方にスクロールしていただくと「ローカル」という項目があります。

ローカルの欄にはこのような説明書きがあります。

「有効にすると、あなたと同じ地域にいるトレーダーが上位表示されます。」

このような意味のあるローカルのチェックを外して頂くと、世界中の優秀なトレーダーを表示させることが出来ます。

以上で設定変更は完了です!

下記のリンクより新規開設で手数料永久30%オフ

Bitgetの新規アカウント開設はコチラ

初心者がやってしまいがちなコピートレードでのミス

DNくん
DNくん

ここからはやってしまがちな事について見ていきます。

自分で稼げなくしまっている事

初心者がやってしまいがちなコピトレでの「自分で稼げなくしている事」

  • 自分の判断で勝手に利確をしてしまう
  • 一時的な損失に狼狽してしまう
  • 利確・損切り設定が浅すぎる

コピートレードでは実力の無いトレーダーをフォローしてしまうと勝てないのは当たり前ですが、優秀なトレーダーをフォローしたとしても読み間違いで負けてしまう事も当然発生してしまいます。今回の記事の内容はそれ以外で初心がコピートレードという仕組みの良さを消してしまうような取引手法に関しての実例を筆者の経験からお話していきます。

自分自身の経験上、自分の資金がどんどんマイナスになると焦ってしまい損切りを自分の判断で勝手に行ってしまう事が何度も何度もありました。そして、その損切りを行った後に価格は上昇するという事が何度もありました。やはり初心者の内はコピートレードをやるのであれば金額を見ないなどの自分の感情が反映されないような工夫が必要かもしれませんね。焦って感情的にトレーダーとしてしてしまうのは、あるあるなので感情的にならない取引が非常に重要だと感じています。

下記リンクより新規開設で手数料ずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

自分の判断で勝手に利確してしまう

まず最初は初心者がやってしまいがちなケースです。トレードを少しでも経験したことがある方なら聞いたことがあると思いますが「損小利大」という言葉があります。この言葉の意味するところは「小さく負けて大きく勝つ」という意味になります。

優秀なトレーダーというのは一般的に読みを間違えた場合には小さい損失で損切りを行い、利益方向に伸びた時は大きく利益を上げるトレーダーが優秀とされています。コピートレードの初心者にありがちなのはポジションを見ていてある程度の利益を上げていたら自分自身の判断で利確をしてしまう事にあります。上記の損小利大に当てはめるとマスタートレーダーは一定の根拠を持ってトレードをしている事が多くある程度の利確ポイントを考えています。

それなのにも関わらず自分自身の判断で利確をするのはコピートレードの良さを消してしまっている行動の他ないわけであります。自分自身で判断するのであれば、コピートレードをする必要がなく自分で先物取引をすればよいだけの話になってしまいます。コピートレードの仕組みを使うのならば利益が出ていて利確してしまいたくなる気持ちは分かりますが、グッとこらえてトレーダーが判断するまでは待つ方が良いと言えます。

一時的な損失に狼狽してしまう

トレードはトータルで考える必要がります。

一時的な損失が起きてしまったと言って焦って損切りをしてしまう事は良くない結果を招く場合があります。損失を抱えてしまうと不安になってしまうという事の原因の一つとしては、ポジションの金額が自分の許容範囲を超えている可能性がありますので見直す余地があるかもしれません。

必ず自分の先物口座に入っている金額の中で、負担にならないような金額に見直しましょう。通常大きく値動きを起こすときは、その前に反対方向に値が動く場合があります。含み損にも耐える事の出来る範囲で調整をしていきましょう。

利確・損切り設定が浅すぎる

こちらの点については先物取引の経験がない方に多い思います。

先物取引はやったことがないがコピートレードをやってみようという方には利確・損切りの設定についてあまりイメージがわかないと思います。

あまりに浅い損切り設定にしている事でコピートレードの良さを打ち消してしまっている可能性がありますので注意が必要です。

自分自身で先物取引をしている場合なら一旦損切りを行い再エントリーするという事は問題なく、むしろ良い事ととらえることが出来ると思いますが、コピートレードの場合は自分でポジションを取る訳ではないので、浅い位置での損切りはコピートレードのメリットを享受できなくなる可能性が高くなるわけであります。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

口座内の資金が不足していたらどうなる?

コピートレードでトレーダーをフォローしている状態で口座内に資金がない場合について説明していきます。

実際に筆者も経験をしたのですが、資金がない状態でトレーダーがポジションを持ったとしても口座残高がマイナスになることはありません。

資金が無いのでトレーダーの取引をフォローできないだけです。

そしてBitgetから通知が来ます。

「あなたがフォローしているトレーダーが取引を開始しましたが、あなたの口座内に資金が無いので取引をコピーすることが出来ませんでした。」

このような通知が来ますので特段ユーザーにとって心配するような事はありません。

ただ、一点注意が必要なのはトレーダーからフォローの解除をされる可能性がある事には注意が必要です。

取引をコピーする気がないのに(口座内の資金がない)フォローだけしている場合は定員の枠が減ってしまう事になりますから、トレーダーの方から「フォローの強制解除」をされる可能性がありますので注意してくださいね。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

Bitgetにフォローしたいコピートレーダーがいない場合

Bitgetのコピートレードで探してみたけど、良いトレーダーがいなくて困っていませんか?

そんな時は、他の取引所のコピートレードも視野に入れることが必要でしょう。

現時点でコピートレードが盛んな仮想通貨取引所は下記の3つです。

  • Bitget
  • Bybit
  • BingX

もし、Bitgetのトレーダーが良いと感じないのならBingXをおススメします。

コピートレードに関してはBitgetと同水準あるいは、それ以上の盛り上がりがあります。

現時点ではコピートレードに関して言えばBitgetが世界一だと思いますが、BingXも今後その座を脅かすレベルだと筆者は思っています。

BingXは仮想通貨取引所としての知名度が低いですが、筆者は普段使いの一つとして使用している感想でいえば良い取引所だと感じています。

BingXに関して知りたい人は下記の記事を参考にしてください。

参考 【放置で稼ぐ】仮想通貨取引所・BingX(ビンエックス)でのコピートレードのやり方

登録はコチラから

BingXの新規口座開設はコチラ

まとめ

という事で、Bitgetのコピートレードでの「ポジションあたりの金額」について考えてきました。

初心者の方には、少し難しい内容だったかもしれません。

まずは、最初は最低金額から取引を行っていくのが資産を守る上で重要な事だと思います。

少しずつ慣れてきたら金額を増やしていくことが良いでしょう。

また、先物口座内には負けても後悔しない金額だけを入金しておくことも重要です。

もし仮に、トレーダーのフォローを行って資金が足りないという状況になっても単純に取引がコピーされないだけですので問題ありません。

筆者に関しても最初の頃は分からないことだらけで苦労しました。ネット上には解説するコンテンツもありましたが、実際にコピートレードを行ってみた方が理解できるという事にも気づきました。

コピートレードを通して、実際に自分自身で取引を行うことが出来るようにまでなりましたので、先物取引を勉強するにも良いと思います。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

Bitgetコピートレードでの確定申告について

仮想通貨の取引によって利益を得た場合には確定申告が必要になってくるケースがあります。

確定申告については税務署や税金の専門家である税理士さんに分からない点や申告のサポートをしてもらいましょう。

今回ご紹介したBitgetでのコピートレードで利益が発生した場合はもちろん確定申告が必要になってきます。

確定申告をする際に「どれくらい儲かったのか?」という点を計算する必要がありますが、その際に便利なのが仮想通貨損益計算ソフトになります。

筆者自身も仮想通貨の確定申告の際には仮想通貨損益計算ソフトを使用しています。

有料ではありますが大事な税金の事ですし、しっかりとした物をしようしています。

筆者は日本国内最大手であるCRYPTACT(クリプタクト)を使用しています。

ファイルのアップロードで損益計算が自動でできる優れものになっていますので興味のある方はチェックして見てください。

合わせて読みたい 【確定申告】仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)を導入した感想&新規アカウント開設方法

【PR】CRYPTACT公式ホームページはコチラ

利用者No1の仮想通貨税金計算サービス【CRYPTACT(クリプタクト)】

よくある質問

コピートレードに関する記事を多く執筆しています。分からないことや疑問に思っていることがありましたら他の記事も読んでみてくださいね!

トレーダーは審査を受けているのか?

Bitgetの場合は、トレーダーの形式的審査以外は行われていません。

お気に入りのトレーダーが消えてしまった・・

トレーダーの多くは生き残れず退場するケースが多いです。裏を返すと残り続けているトレーダーは優秀と言えるかもしれません。 

コピートレードのフォロワーの上限はどうやって決まるの?

Bitgetが発行するBGBトークンのロックアップの数でフォロワー数が変化します。 

日本人以外のトレーダーを探したい

設定を変更する必要があります。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

  • この記事を書いた人

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

-Bitget(ビットゲット)
-

error: このページは右クリックなどはできません。