仮想通貨解説

仮想通貨のBOB(ボブ)とは?将来性・買い方・価格予測について解説

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

(※重要)投資に関する判断は自己責任でお願いいたします。本記事に記載されている事は、記事執筆時点での情報に基づいて記載をしています。

今回は仮想通貨のBOB(ボブ)について解説していきます。

仮想通貨のBOB(ボブ)は最低価格から150倍近くの上昇を起こした仮想通貨になります。

初心者にも分かりやすいように説明していきますので、ぜひ最後までご覧きますようよろしくお願いいたします

それでは解説を行っていきます。よろしくお願いいたします!

仮想通貨のBOB(ボブ)ってどんな仮想通貨?

Explain this Bob – Powered by $BOB
公式ホームページExplain this Bob – Powered by $BOB
公式ツイッターBob(@BobEthToken)さん / Twitter
コントラクトアドレス0x7D8146cf21e8D7cbe46054e01588207b51198729
最大供給量690,000,000,000 BOB
時価総額¥5,462,549,975
自己申告供給量690,000,000,000 BOB
Twitterフォロワー数2.4万人
※上記情報に関しては記事執筆時点の物になります。

仮想通貨のBOB(ボブ)はミームコインであり、この仮想通貨は特に仮想通貨としての特色がありません。

しかしながら、今後上昇の可能性があるので当ブログでは記事にしています。

ボブスワップがリリースされている

仮想通貨のBOB(ボブ)の公式ホームページは非常に簡素な出来で、いかにもミーコインのホームページといった感じの仕上がりです。

公式ホームページにはDEXのBobSwap(ボブスワップ)と機能がリリースされていました。

いわゆるパンケーキスワップのようなDEXであり、仮想通貨のトレードができます。

仮想通貨Bobの発行枚数

仮想通貨BOBの発行枚数は6900億枚です。

総発行枚数も6900億枚なので、今後さらに発行されることはありません。

他の仮想通貨ミームコインと比較すると少なめの発行枚数になります。

仮想通貨銘柄現在発行数
Bob約6900億個
SHIB COIN(シバイヌコイン)約589兆個
PEPE(ペペコイン)約420兆個
DOGEコイン約139兆個(最大発行上限はなし)

仮想通貨Bobの価格推移

過去最低額から一時期150倍の価格成長がありました。

仮想通貨のBobはミームコインでありますので、価格を維持できるか否かは人気の要素が、全てと言って良いでしょう。

現状としては、最高値から少し下落してきている状況にあります。

それでは、今後仮想通貨のBobが価格上昇していく要素はあるのでしょうか?

その点について見ていきます。

イーロンマスク氏との関係

Bob(@BobEthToken)さん / Twitter

上記の画像は、イーロンマスク氏が投稿したものではなくインターネット上の冗談で作られた画像になります。

過去にイーロンマスク氏がBobに関してのツイートを行い、この仮想通貨のBobが注目されました。

I love Bob (私はBobが大好きだ)

I love Bob (私はBobが大好きだ)

上記のように、イーロンマスク氏のツイートが行われいます。

それ以降、仮想通貨のBobの動向に注目が集まっていました。

イーロンマスク氏が関連したり言及した仮想通貨は大きく価格上昇を起こした実例がいくつもあります。

そんな期待感からも仮想通貨のBobに注目しているユーザーは多くいます。

上記のI love Bob (私はBobが大好きだ)だけではなく、イーロンマスク氏は他にも仮想通貨のBobに絡んでいくやり取りを見せています。

上記のように仮想通貨に関連する話題ではありませんが、Bob Is Here To Explain(@ExplainThisBob)さん / Twitter の残したリプライ(返信)に答えるようなツイートも残しています。

しかし、ながらイーロンマスク氏のTwitterアカウント確認して頂ければ分かるのですが、イーロンマスク氏は大量のリプライやアクションをTwitterアカウントで行っています。

なので、返信を返すこと自体が珍しいという訳ではありません。

I love Bob (私はBobが大好きだ)関連の盛り上がり

上記のように、イーロンマスク氏がBobに言及したことは話題になりました。

その影響で海外では以下のように、電光掲示板のようなモニターに今回の件が取り上げられるような動きもあります。

https://twitter.com/BobEthToken/status/1655029264666750976?s=20

今回の話題性がいつまで続くのかは分かりませんが、人気に頼るミームコインが盛り上がって行くと価格上昇に期待がもてます。

仮想通貨Bobも積極的にイーロンマスク氏に絡みに行っています笑

仮想通貨BobのTwitterアカウントを見ると積極的にイーロンマスク氏とのコンタクトを取ろうとしようと必死になっています。笑

前述したように、I love Bob (私はBobが大好きだ)の1件以降積極的にイーロンマスク氏に振り向いて貰おうと頑張っています。

イーロンマスク氏は非常に気分屋という性格らしく興味が常に動いているような気がしますが、仮想通貨Bob保有ユーザーにとってはもっと頑張れ!と言ったところでしょうか。笑

ちなみに、Twitterアカウントのヘッダー部分も下記の画像のようになっています。

現時点では仮想通貨取引所への上場は限定的

記事執筆時点での仮想通貨Bobの上場している仮想通貨取引所は限定的になっています。

現状取引のできる主な仮想通貨取引所は上記のようになっています。

草コイン銘柄を多く取り扱っているGate.ioですら、記事執筆時点では取り扱いを行っていません。

したがって今後、他の仮想通貨取引所に上場するようなことがあれば価格上昇に期待がもてます。

最近大手の仮想通貨取引所もミームコインを扱う事が多くなってきました。

リスクの高い銘柄というカテゴリーで扱うのですが、ミームコインや草コイン愛好家にとっては嬉しい動きと言えるでしょう。

仮想通貨Bobの購入方法

残念ながら、仮想通貨Bobは国内の仮想通貨取引所では購入することが出来ません。

したがって海外の仮想通貨取引所で購入する必要があります。

仮想通貨Bob購入の流れ

大まかな流れは下記のようになります。

  • 国内の仮想通貨取引所でリップルを購入する
  • リップルを海外の仮想通貨取引所に送金する
  • 海外仮想通貨取引所でを購入する

仮想通貨のリップルを送金する理由には二つあります。①送金スピードが速い事②送金手数料が安い事。という理由があります。リップルは送金に適した仮想通貨なのでリップルを選んでいます。

まずは、国内の仮想通貨取引所で仮想通貨のリップルを購入する事から始めます。

まだ、国内の仮想通貨取引所を持っていない方は、この機会に新規口座開設を行いましょう!

おススメ国内仮想通貨取引所

まだ国内仮想通貨取引所を持っていない方にお勧めします。

それぞれの取引所に関しての特徴を述べていきますね。

【PR】DMM Bitcoin

【PR】おススメ仮想通貨取引所

👉DMM Bitcoinの特徴

  • 出金手数料が無料で利用できる
  • 安心・安全のセキュリティ体制
  • 365日体制のサポート
  • 国内No1のレバレッジ取引

【PR】DMM Bitcoin公式ホームページはコチラから

DMM Bitcoin

合わせて読みたい DMM Bitcoinってどんな仮想通貨取引所?評判や口コミ・選ばれる理由も解説

合わせて読みたい DMM Bitcoinでの新規口座開設方法について解説します

【PR】CoinCheck

【PR】おススメ仮想通貨取引所

コインチェック

👉Coincheckの特徴

  • アプリDL数がNo1
  • 初心者にも分かりやすいサイト設計
  • 365日体制のサポート
  • 国内最古の歴史がある取引所

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

コインチェック

合わせて読みたい 仮想通貨取引所のコインチェック(Coincheck)とは?安全性や使いやすさなどの実際に使用してみての感想

合わせて読みたい 仮想通貨取引所のコインチェックで仮想通貨を購入する方法(販売所編)

海外の仮想通貨取引所を選ぶ

ここからは、海外の仮想通貨取引所を選択していきます。

ユニスワップなどのDEXでも取引を行うことが出来ますが、手数料が非常に高いのでおススメできません。

現時点で取引をできる海外の仮想通貨取引所は上記です。

取引できる場所は少ないですが、逆にチャンスと言えます。

まだ、開設をしていない方は上記の名前がリンクになっていますので利用してみてくださいね。

リップルを送金する

仮想通貨のリップルを送金する方法については以下の手順で行います。

  • 国内の仮想通貨取引所でリップルを購入する
  • 出金ページで海外の仮想通貨取引所のアドレスを貼る
  • 海外の仮想通貨取引所へ出金する

過去に当ブログでは記事を書いていますので参考にしてみてください。

参考 DMM BitcoinからBitgetへの仮想通貨(暗号資産)の送金・出金方法について解説します

ミームコイン・草コインに過度の期待は禁物

最近では、仮想通貨のPEPEコインや仮想通貨Milady Meme Coin(ミレイディ ミームコイン)などの急上昇を起こしている仮想通貨が業界を賑わせています。

合わせて読みたい 仮想通貨のペペコイン(PEPE)って何?特徴・将来性・買い方・今後の価格展望について解説

合わせて読みたい 仮想通貨Milady Meme Coin(ミレイディ ミームコイン)って何?将来性・買い方・価格予想・特徴について解説【$LADYS】

しかしながら、ミームコインや草コインの分類は特にリスクがありますので注意が必要です。

インターネット上の記事では数万円が数億円になった事例などが提示されていますが、極めて初期の段階で購入した人が受けれる部分であります。

もちろん夢はありますが、無くなっても良いと割り切れる部分でのみ投資をするべきでしょう。

今回の記事の内容も含めて、投資に関する判断はユーザー個人で行ってください。

まとめ

という事で、今回は仮想通貨Bobに関しての記事を書いていきました。

今後どうなっていくか筆者も動向を観察していこうと思っています。

ミームコインや草コインはインフルエンサーの力が成功の全てと言っても良いほど将来を握っています。

最近はミームコインや草コインと呼ばれる仮想通貨が盛り上がって来ているのでそういった銘柄を探している方にとっては楽しい時期と言えますね。

草コイン銘柄は低価格で、大量の仮想通貨を保有する事が出来るので満足感があります。

そういった楽しみは、必ず許容できる金額の範囲内で行ってくださいね。

という事で、今回の記事は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございます。

Youtube動画もアップしているので見に来てくださいね!

仮想通貨の税金について

仮想通貨の損益の計算を簡単にしてくれる損益計算ソフトの”クリプタクト”を実際に利用してみました。

DNくん
DNくん

レビューを記事にしたので読んでみてくださいね♪

確定申告のギリギリになって慌てないように事前に導入の検討をしておきましょう。

【PR】cryptact公式ホームページはコチラから

合わせて読みたい 【確定申告】仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)を導入した感想&新規アカウント開設方法

合わせて読みたい 仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)の新規アカウント開設方法を解説【税金・確定申告】

  • この記事を書いた人

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

-仮想通貨解説
-

error: このページは右クリックなどはできません。