bitbank(ビットバンク)

仮想通貨取引所のbitbank(ビットバンク)に関しての安全性や口コミは?実際に使ってみての感想をお話しします。

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

(※重要)投資に関する判断は自己責任でお願いいたします。本記事に記載されている事は、記事執筆時点での情報に基づいて記載をしています。

今回の記事では国内の仮想通貨取引所でbitbank(ビットバンク)に関してについてのお話をしていきます。

筆者自身もbitbankについては普段使いの仮想通貨取引所として利用しています。

そんなbitbankに関しての情報を今回の記事ではまとめていきます。

それではよろしくお願いいたします!

このブログについて

筆者は、ブログ・Twitter・Youtubeで仮想通貨に関する情報を日々発信しています。

仮想通貨と接してきた経験をもとに本記事を執筆しています。

当ブログはアフィリエイトプログラムに参加をしています。

当ブログ内で利用されているリンクはアフィリエイトリンクを利用しています。

DNくん
DNくん

分かりやすく説明していきますね~!!

おススメ国内仮想通貨取引所

基本的に国内仮想通貨取引所は取り扱い銘柄が少なく海外の仮想通貨取引所は取り扱いが豊富という違いがあります。

どこの仮想通貨取引所を利用するかは個人の判断でお願いします。

まだ、国内の仮想通貨取引所を開設していない方はこの機会に開設してみてくださいね。

DMM Bitcoin

【PR】有名なDMMグループが運営する仮想通貨取引所であるDMM Bitcoin。

【PR】DMM Bitcoin公式ホームページはコチラから

暗号資産をはじめるなら、DMM Bitcoin

Coincheck

【PR】500円の少額から利用できるコインチェックの口座を持っていな方はこの機会に口座開設をサクッと行っておきましょう。

コインチェック

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

Coincheckの新規口座開設はコチラ

仮想通貨の税金について

仮想通貨の損益の計算を簡単にしてくれる損益計算ソフトの”クリプタクト”を実際に利用してみました。

DNくん
DNくん

レビューを記事にしたので読んでみてくださいね♪

確定申告のギリギリになって慌てないように事前に導入の検討をしておきましょう。

【PR】cryptact公式ホームページはコチラから

合わせて読みたい 【確定申告】仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)を導入した感想&新規アカウント開設方法

合わせて読みたい 仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)の新規アカウント開設方法を解説【税金・確定申告】

bitbankってどんな仮想通貨取引所?

bitbankは2014年5月(ビットチェック名義)に設立された日本国内の仮想通貨取引所です。

bitbankには様々な特徴がありますが大きな特徴を下記にまとめていきます。

bitbankの特徴

  • 第三者機関に国内No1と認められるセキュリティ体制
  • 国内No1の取引量があり高い流動性を持つ
  • 豊富な銘柄を取引所でトレードできる

大きく以上のような特徴があります。

・第三者機関に国内No1と認められるセキュリティ体制

bitbankでは、ユーザーの大事な資産を守るためにセキュリティ面を強化しています。

資金の管理はオフラインのコールドウォレットで管理しています。

また、マルチシグでハッキングや内部防犯対策も万全に行われています。

※2018年10月3日 ICORating調べによると国内仮想通貨取引所のセキュリティ面でNo1と評価されました。

・国内No1の取引量があり高い流動性を持つ

bitbankは取引量が多く約定しやすいという特徴を有しています。

取引所では「買い注文」と「売り注文」が合致する事で取引が完了します。

取引量が少ないと、自身の期待する取引がしにくくなる部分がありますが、bitbankは高い取引量と流動性がありますので仮想通貨ユーザーにとっては非常に嬉しい環境であると言えるでしょう。

豊富な銘柄を取引所でトレードできる

bitbankは様々な銘柄の板取引を行うことが出来るという点も特徴の一つです。

筆者にとってbitbankを選ぶ一番の理由がコチラになります。

海外の仮想通貨取引所に仮想通貨を送金する際にリップル(XRP)を使用すると送金手数料が安く抑えられます。

そんなリップルを販売所で購入すると手数料が高くなってしまいますので板取引が必要なのですが、国内の仮想通貨取引所でリップルの板取引が出来ない仮想通貨取引所も数多くあります。

そんな中、bitbankはリップルの板取引を行うことが出来るので高い手数料を払う必要がなくなります。

そういった点で、bitbankの「豊富な銘柄を板取引を行うことが出来る」という点は素晴らしい特徴と言えます。

bitbankの手数料について

ここからはbitbankの手数料について確認をしていきましょう。

やはり日々の取引の中で手数料が積み重なると大きな金額になります。

bitbankの手数料を下記にまとめます。

手数料の種類

口座開設手数料&維持手数料

口座開設手数料無料
口座維持手数料無料

入出金手数料

入金手数料出金手数料
日本円無料550円/770円(3万円以上の場合)
ビットコイン(BTC)無料0.0006BTC
イーサリアム(ETH)無料0.005ETH
リップル(XRP)無料0.15XRP

売買手数料

メイカー手数料テイカー手数料
ビットコイン(BTC)-0.02%0.12%
イーサリアム(ETH)-0.02%0.12%
リップル(XRP)-0.02%0.12%

bitbankの手数料は他の取引所と比較して高い?

bitbankの手数料は他の仮想通貨取引所と比較しても同水準程度になっています。

そもそも、日本国内の仮想通貨取引所では取引所(板取引)での取引を行っておらず販売所のみので取引所も存在しています。

販売所と取引所での取引になると差は大きくなるので、国内の仮想通貨取引所を選択する場合は”板取引”のできる仮想通貨取引所を選択する事が一番重要だと思います。

また、海外の仮想通貨取引所に仮想通貨の送金を行う際には国内の仮想通貨取引所のアカウントを持っていることで仮想通貨取引所同士の送金が可能になります。

その際、送金手数料の安い銘柄であるリップルを板取引できるかも筆者は重要なポイントとして考えています。

bitabankを使う事のメリットって何?

ここからは、bitabankを使用する事で得られるメリットについて解説を行っていきます。

上記でも特徴としてbitabankの個性に関して大まかに説明をしてきました。

bitabankを使う事のメリットの種類

  • 土日を含めた24時間のリアルタイム入金が可能
  • 取引まで最短1日
  • アプリが使いやすい

bitabankのシステムは初心者の方から上級者までが満足できるような仕組みになっています。

土日を含めた24時間のリアルタイム入金が可能

仮想通貨には休みはありません。

よく聞くFXなどは基本的に土日には取引をすることが出来ません。

仮想通貨には休みはありませんから、土日でも関係なく値動きがあります。

会社勤めの方であっても平等にチャンスがあると言えるのが仮想通貨といえます。

そんな中、bitabankのシステムでは土日を含めた24時間のリアルタイム入金が行えます。

それぞれのライフスタイルに合わせて仮想通貨に向き合う事が可能になっています。

取引まで最短1日で行う事が可能

bitbankの新規アカウント開設はメールアドレスのみがあれば誰でも作ることが出来ます。

新規アカウントの開設までは1分程度で可能になっております。

その後本人確認を行うのですが、本人確認の承認まで最短1日で完了します。

したがって取引を行うまで最短1日あれば、bitbankなら取引を開始する事が可能になっています。

アプリが使いやすい

bitbankのアプリは非常に使いやすい事に定評があります。

実際、筆者自身もアプリを使っていますが問題なく不満なく利用しています。

セキュリティ面でも、特に出金時には厳重に行われている印象があります。

アプリの操作性については実際に使ってみないとイメージできないかもしれません。

口コミなどを確認していく事により、ユーザーの生の声に触れることが出来ます。

損益計算ソフトのクリプタクトとAPI連携が可能

仮想通貨の損益計算ソフトのクリプタクトとbitbankはAPI連携を行う事が可能になっています。

API連携とはAPIキーを利用して、全自動でクリプタクトに情報を送り確定申告に必要な情報を整理してくれるという機能です。

仮想通貨の損益計算は国内ではクリプタクトがNo1のシェアを誇っています。

仮想通貨の所得は確定申告を

仮想通貨の取引によって、所得がある場合は確定申告が必要になります。

仮想通貨の所得は「雑所得」に分類され、例年2月15日から3月15日の間までに税務署への確定申告を行います。

仮想通貨の損益計算は、非常に煩雑になるケースがありますので「仮想通貨の損益計算ソフト」が非常に重宝されています。

現状、仮想通貨の損益計算ソフトはクリプタクトが1強

仮想通貨の損益計算ソフトであるクリプタクトはプランによっては無料で利用する事が可能になっています。

取り扱い銘柄も一番多いクリプタクトを選択しておけば無難です。

筆者自身もクリプタクトを導入して、bitbankとAPI連携を行い全自動で損益計算を行っています。

仮想通貨の確定申告は、所得があれば必ず必要なので損益計算ソフトについても考慮をしておいてくださいね。

クリプタクトの導入感想などは下記の記事を読んでみてください。

bitbankのアプリの評価は高い?低い?

ここからは、前章でも少し触れた部分であるbitbankのアプリについての口コミを確認していきます。

まずはbitbankのアプリの評価を確認していきましょう。

bitbankのアプリの評価

bitbank ビットコイン・仮想通貨取引 ウォレット管理 - 評価とレビュー (apple.com)

bitbankのアプリはappleとandroidの両端末からリリースされています。

インターネット上で調べてみると、アップルストアの評価が星★4.6であることが確認できました。

androidのGoogleプレイストア上は評価を発見することが出来ませんでした。

アップルストアの場合、2.6万に対しての星★4.6評価なのでアプリの評価は非常に高いという事が分かります。

アプリの口コミ

ここからは、アプリの口コミについて見ていきたいと思います。

実際に評価を見ることで、利用者の生の声に触れることが出来ます。

この手のアプリは他にもたくさん存在しているかとは思いますが、実績や安心感、知名度などを踏まえるとビットバンクが無難だと感じますね。

検索でも毎回上のほうに来ますし、国内ナンバーワンの取引量、第三者機関に国内ナンバーワンと認められた鉄壁のセキュリティを誇っているアプリなので。個人情報やお金がかかわることなのでやはりセキュリティ面に関してはかなり重要だと思います。

そして仮想通貨経験者、未経験者ともに使いやすいように作られているというのもいいポイントですね。操作もデザインもわかりやすくてシンプルです。

bitbank ビットコイン・仮想通貨取引 ウォレット管理 - 評価とレビュー (apple.com)

ビットバンクの良い点を上げると、売りたい時に売りやすく、買いたい時に買いやすいことで、取引画面がとにかく使いやすいデザインになっているので、初心者の方には特におすすめ出来ると思います。

さらに言うと、他の仮想通貨の取引が出来るアプリより分析がしやすいという点が優れています。70以上のテクニカル分析が使えるチャートを搭載しているので、分析がしやすいです。

bitbank ビットコイン・仮想通貨取引 ウォレット管理 - 評価とレビュー (apple.com)

仮想通貨取引に興味はあるけど、難しそう、損したらどうしよう、などと心配になりなかなか踏み出せずにいたのですが、このアプリは初心者でも安心して始められるようになっていたので、仮想通貨取引デビューしてみました!サポートやセキュリティもしっかりしているので、安心して始める事ができました。自分のような初心者にぜひ使ってほしいアプリです!

bitbank ビットコイン・仮想通貨取引 ウォレット管理 - 評価とレビュー (apple.com)

よくある質問

新規アカウントの開設に関する伴う疑問

口座開設時の本人確認は何で行うの?

新規アカウントの開設時の本人確認書類は運転免許証、パスポート、住民基本台帳、マイナンバーカードなどで行います。

未成年でも新規アカウントの開設はできる?

未成年の新規アカウント開設はできません。bitbankの利用規約第3条に規定があり認められていません。

複数アカウントの開設はできるの?

複数アカウントの開設はできません。

  • この記事を書いた人

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

-bitbank(ビットバンク)

error: このページは右クリックなどはできません。