仮想通貨解説

仮想通貨ChitCAT(チットキャット・CHITCAT)とは?特徴・将来性・買い方・価格予測について解説します

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

(※重要)投資に関する判断は自己責任でお願いいたします。本記事に記載されている事は、記事執筆時点での情報に基づいて記載をしています。

みなさんこんにちは!

今回の記事では仮想通貨ChitCAT(チットキャット・CHITCAT)についての解説を行っていきます。

現状既に大きな価格上昇を起こしている仮想通貨になります。

そんな仮想通貨ChitCATについて初心者にも分かりやすいように解説をしていきます。

それではよろしくお願いいたします!

このブログについて

筆者は、ブログ・Twitter・Youtubeで仮想通貨に関する情報を日々発信しています。

仮想通貨と接してきた経験をもとに本記事を執筆しています。

当ブログはアフィリエイトプログラムに参加をしています。

当ブログ内で利用されているリンクはアフィリエイトリンクを利用しています。

DNくん
DNくん

分かりやすく説明していきますね~!!

おススメ国内仮想通貨取引所

基本的に国内仮想通貨取引所は取り扱い銘柄が少なく海外の仮想通貨取引所は取り扱いが豊富という違いがあります。

どこの仮想通貨取引所を利用するかは個人の判断でお願いします。

まだ、国内の仮想通貨取引所を開設していない方はこの機会に開設してみてくださいね。

DMM Bitcoin

【PR】有名なDMMグループが運営する仮想通貨取引所であるDMM Bitcoin。

【PR】DMM Bitcoin公式ホームページはコチラから

暗号資産をはじめるなら、DMM Bitcoin

Coincheck

【PR】500円の少額から利用できるコインチェックの口座を持っていな方はこの機会に口座開設をサクッと行っておきましょう。

コインチェック

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

Coincheckの新規口座開設はコチラ

仮想通貨の税金について

仮想通貨の損益の計算を簡単にしてくれる損益計算ソフトの”クリプタクト”を実際に利用してみました。

DNくん
DNくん

レビューを記事にしたので読んでみてくださいね♪

確定申告のギリギリになって慌てないように事前に導入の検討をしておきましょう。

【PR】cryptact公式ホームページはコチラから

合わせて読みたい 【確定申告】仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)を導入した感想&新規アカウント開設方法

合わせて読みたい 仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)の新規アカウント開設方法を解説【税金・確定申告】

仮想通貨ChitCATってどんな仮想通貨?

ChitCAT - Decentralized Messaging dAPP

基本的情報

公式ホームページChitCAT - Decentralized Messaging dAPP
公式ツイッターChitCAT(@ChitCAT_)さん / Twitter
コントラクトアドレス0x7cF551258d6871b72EE1bD1624588a6245bF48c4
最大供給量10,000,000 CHITCAT
時価総額$2,589,657
自己申告供給量6,118,215 CHITCAT
Coinmarketcapへの掲載2023年5月5日
記事執筆時点の数値になります。

仮想通貨ChitCATはミームコインに分類される

仮想通貨ChitCATは、猫のかわいいキャラクターが印象的なミームコインになっています。

海外のキャラクターらしい描写の猫のキャラクターです。

ミーコインとは

ミームコインとはインターネット上のスラング・ノリ・文化から生まれたミームを元にしたコインなどを指します。基本的には実用性が無いものがほとんどです。単純にジョークで生まれたコインなので娯楽目的と言えるでしょう。過去にミームコインの中では50万倍の高騰をした仮想通貨もあるのでミーコインミリオネアを目指す方も多くいます。

後述する価格推移の欄にも記載しますが、現時点で113倍の価格上昇を起こしている仮想通貨になります。

公式ホームページについて

公式ホームページには最小限度の情報しかないミームコインらしいホームページになっていました。

TAXに関しては「買い0%」「売り3%」になっているようです。

プロジェクト自体は匿名で誰が創設者かどうかは分かりませんでした。

仮想通貨ChitCATの発行枚数

現時点での仮想通貨ChitCATの発行枚数は6,118,215 CHITCATであります。

仮想通貨ChitCATは総供給量は10,000,000 CHITCATになりますので、全体の61%程度は市場に流通しているという事になります。

それではこの数字が多いのかどうかを他の有名ミームコインと比較していきましょう。

仮想通貨銘柄現在発行数
仮想通貨ChitCAT約600万個
SHIB COIN(シバイヌコイン)約589兆個
PEPE(ペペコイン)約420兆個
DOGEコイン約139兆個(最大発行上限はなし)

以上のように仮想通貨ChitCATの発行枚数は非常に少なく希少性のあるものだと理解できます。

今後多くのCEX仮想通貨取引所への上場が決定した場合は$1以上の価格をつけることになるでしょう。

仮想通貨ChitCATの特徴

公式ホームページによるとChitCATは、ブロックチェーン技術とIBCプロトコルを利用して安全な通信ソリューションを提供する分散型メッセージングdAppです。

デジタルにおけるテクノロジーは現在、コミュニケーションの主要な手段です。

多くの方々はスマートフォンを利用してコミュニケーションを取っていると思います。

また電話機能も利用する人は限定的でメッセージアプリ上での通話を行う人が多くいます。

世の中の人たちは他の人とつながるためにメッセージングアプリケーションに依存していると言っても良いでしょう。

ChitCATを使用すると、ユーザーは安全で分散型の環境で他のユーザーと通信できることになります。。

ChitCATのロードマップ

ここからはChitCATのロードマップについて見ていきます。

ロードマップは公式ホームページ上にフェーズ1からフェスティバル4までの段階で公表されています。

フェーズ①

  • アイデア創出
  • ユーティリティ開発
  • ウェブサイトとソーシャルの開発
  • ホワイトペーパー 1.0 リリース
  • ユーティリティテスト
  • コミュニティの確立

フェーズ②

  • マーケティングキャンペーン
  • スマートコントラクトをデプロイする
  • 監査とKYC
  • ユーティリティのアップグレード
  • コインサイトにリストされる

フェーズ③

  • チットキャットリリース
  • インフルエンサーとのパートナーシップ
  • ピンクセールホワイトリストセール
  • マーケティングキャンペーンの開始
  • CoinmarketcapとCoingeckoに掲載される

フェーズ④

  • ChitCATアップデート–通話とビデオ通話のリリース
  • AMAと新しいマーケティングキャンペーン
  • CEX仮想通貨取引所への上場
  • ホワイトページ2.0のリリース

記事執筆時点では現在フェーズ④にいます。

価格推移

約113倍の価格上昇が発生

前半にご紹介したように仮想通貨ChitCATは既に約113倍の価格上昇が発生しています。

最低価格は$0.000004717をつけた2023年5月8日になります。

まだ、仮想通貨取引所への上場は行われていませんが既にこれだけの価格上昇は目を見張るものがあります。

今後の価格上昇はCEX仮想通貨取引所への上場が決まった場合に起こってくるでしょう。

今後のCEX仮想通貨取引所への上場はあるのか?

先ほど見ていただいたロードマップにもCEX仮想通貨取引所への上場が記載されていました。

また、公式Twitterの方でも上場に関する匂わせが行われているので今後上場する可能性は高いでしょう。

今現在パンケーキスワップと呼ばれるDEXで購入することが主な方法になっていますので早期的に参入できるチャンスと言えるでしょう。

仮想通貨ChitCATの購入方法

残念ながら、仮想通貨ChitCATは国内の仮想通貨取引所では購入することができません。

現状海外の仮想通貨取引所でも購入する事が出来ませんのでDEXであるパンケーキスワップで購入する必要があります。

※この動画を見ている時期によっては海外の仮想通貨取引所で購入可能になっているでしょう。記事執筆時点から数週間以内には海外の仮想通貨取引所で購入可能になっていると思います。

購入の流れ ※追記あり

  • 国内の仮想通貨取引所でリップルを購入する
  • リップルをメタマスク所に送金する
  • パンケーキスワップで購入する

メタマスクへの送付はリップルで送金を行います。

※追記 2023年5月23日追記 MEXCへの上場が現実的になりました。もう間もなくMEXCへ上場されます。

仮想通貨のリップルを送金する理由には二つあります。①送金スピードが速い事②送金手数料が安い事。という理由があります。リップルは送金に適した仮想通貨なのでリップルを選んでいます。

国内の仮想通貨取引所

国内の仮想通貨取引所の口座を持っていない方は、この機会に新規口座開設を行いましょう。

10分もあれば口座開設をすることが可能になっています。サクッと行うことが出来ますよ。

【PR】DMM Bitcoin

【PR】おススメ仮想通貨取引所

👉【PR】DMM Bitcoinの特徴

  • 出金手数料が無料で利用できる
  • 安心・安全のセキュリティ体制
  • 365日体制のサポート
  • 国内No1のレバレッジ取引

【PR】DMM Bitcoin公式ホームページはコチラから

DMM Bitcoin

合わせて読みたい DMM Bitcoinってどんな仮想通貨取引所?評判や口コミ・選ばれる理由も解説

合わせて読みたい DMM Bitcoinでの新規口座開設方法について解説します

【PR】CoinCheck

【PR】おススメ仮想通貨取引所

コインチェック

👉【PR】Coincheckの特徴

  • アプリDL数がNo1
  • 初心者にも分かりやすいサイト設計
  • 365日体制のサポート
  • 国内最古の歴史がある取引所

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

コインチェック

合わせて読みたい 仮想通貨取引所のコインチェック(Coincheck)とは?安全性や使いやすさなどの実際に使用してみての感想

合わせて読みたい 仮想通貨取引所のコインチェックで仮想通貨を購入する方法(販売所編)

海外の仮想通貨取引所では購入することが出来ない(※現状)

現状海外の仮想通貨取引所では購入することが出来ません。

したがってパンケーキスワップを利用する事になります。

※追記 2023年5月23日追記 MEXCへの上場が現実的になりました。もう間もなくMEXCへ上場されます。

仮想通貨取引所のMEXC

どこの国の仮想通貨取引所?シンガポール
最大レバレッジ数200倍
取り扱い銘柄数約1600
設立年2018年
展開国数170以上
ユーザー数1000万人以上
スマホアプリandroid&iPhone
日本語対応
MEXCの基本情報

下記リンクより新規開設で手数料ずっと10%オフ

MEXCの新規口座開設はコチラ

仮想通貨じい
仮想通貨じい

手数料が安くて有名な取引所じゃ

👉MEXCおススメポイント

  • 世界トップレベルの取り扱い銘柄数
  • 非常に安い手数料水準
  • 使いやすいく優秀なプラットフォーム
  • 日本語完全対応

関連 【初心者用】MEXCでの新規アカウントの口座開設方法について解説します

関連 MEXCでのGoogle二段階認証の設定方法について解説します

DNくん
DNくん

取り扱い銘柄数は下記のとおりです

仮想通貨取引所の名前取り扱い銘柄数
Binance(バイナンス)約360
Bybit(バイビット)約300
Kucoin(クーコイン)約750
MEXC約1600
Bitget(ビットゲット)約500
Gate.io約1700
OKX約350
BTCEX約190
CoinEx(コインエックス)約700
BingX(ビンエックス)約500

しかしながら、仮想通貨ChitCATはCEX仮想通貨取引所への上場が濃厚な状況になっています。

恐らくMEXCで購入することが出来る日も遠くない日に現実的になっていると思うのでMEXCで上場してからの購入でも大丈夫だと思います。

上場に関する最新情報に関してはコインマーケットキャップのページを張り付けておきますので確認をしてください。

また、下記に当ブログの海外仮想通貨取引所の紹介リンクを掲載しておきます。

仮想通貨リップルを送金する

仮想通貨リップルを送金する作業に関しては、メタマスクでも海外仮想通貨取引所でも大差はありません。

過去に書いた記事を参考にしてみてくださいね。

参考 DMM BitcoinからBitgetへの仮想通貨(暗号資産)の送金・出金方法について解説します

Coinmarketcapでトレンド6位にランキング

世界最大の仮想通貨トラッキングサイトのコインマーケットキャップで仮想通貨ChitCATはトレンド6位にランキングしました。

CEX仮想通貨取引所への上場前の段階で約100倍の価格上昇が起こったという事で早い段階で急上昇ランキングに食い込んできました。

急上昇ランキングに掲載されると多くの方の目に留まります。

興味を持った人間が多数現れるので需要は一時的には増加すると見ています。

ただ、注意が必要なのは急上昇ランキングは変動が激しいので数日後にはランキング外になっていることもあり得ます。

冷静な判断が必要になってきます。

まとめ

という事で今回の記事では、ミームコインである仮想通貨ChitCATmについて解説をしてきました。

今後どのように動いていくかは注視していきたい所であります。

現状パンケーキスワップでしか買えない状況にありますので早い段階で紹介することが出来た銘柄です。

ただ、既に100倍以上の価格上昇が起きているのでもっと早く情報を仕入れることが出来たらとは思いますね。

とはいっても、今後CEX仮想通貨取引所への上場が複数発生する事があれば価格上場に期待が出来ます。

ただ、ミームコインである仮想通貨になりますので当然リスクがある銘柄になります。

今回の記事で興味を持たれた方は必ずご自身で調べて公式ホームページや公式Twitterを確認するようにしましょう。

そしてご自身の判断で行うようにしてくださいね。

今後も当ブログでは仮想通貨の草コイン・ミームコインについて記事を書いていきます。

また、お会いできるのを楽しみにしております。

という事で今回の記事は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

-仮想通貨解説
-

error: このページは右クリックなどはできません。