仮想通貨解説

仮想通貨POGAI(ポガイ)って何?特徴・将来性・買い方・価格予測について解説

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

(※重要)投資に関する判断は自己責任でお願いいたします。本記事に記載されている事は、記事執筆時点での情報に基づいて記載をしています。

今回の記事では、仮想通貨POGAI(ポガイ)についての解説を行っていきます。

中国系のミームコインである仮想通貨POGAI(ポガイ)は2023年の5月に急騰を見せ、注目を浴びました。

そんな仮想通貨POGAI(ポガイ)についての解説を行っていきます。

初心者にも分かりやすいように解説をしていきますのでよろしくお願いいたします。

ぜひ最後まで読んでいってください!

それではよろしくお願いいたします!

仮想通貨POGAI(ポガイ)とは?

https://www.pogai.org

仮想通貨POGAI(ポガイ)の基本情報

公式ホームページhttps://www.pogai.org
公式ツイッターpogai(@_pogai_)さん / Twitter
コントラクトアドレス0x6fD58f5a2F3468e35fEb098b5F59F04157002407 (Arb)
最大供給量100,000,000,000 pogai
時価総額
自己申告供給量
Twitterフォロワー数6万人

仮想通貨POGAIはパンダのイラストが特徴的なミームコインです。

仮想通貨POGAI(ポガイ)に関しては、現在市場に出ている枚数などは確認できませんでした。

時価総額についてもCoinmarketcap(コインマーケットキャップ)上では0円となっており分からない状況になっています。

中国系のミームコインであるのですが、Twitterを見ていると中国語での発信も行われています。

そしてリプライ欄(返信欄)も中国語での返信が目立ちます。

中国では、Twitterの使用はできないとの話を聞いたことがあるのですが、中国語での返信が多くあるのは少し疑問に思いました。

公式ホームページの作りは非常に簡素

公式ホームページの作りはミームコインらしく非常に簡素な出来になっていました。

ミームコインである以上、価格の上昇を期待するのであれば大手取引所への上場やインフルエンサーの絡みが必要になってきます。

ちなみに、公式ホームページには下記の言葉が記されていました。

中国でもっともホットなコインの準備は出来ていますか?

中国では2021年9月にマイニングや仮想通貨取引が全面禁止となっているようですが、今後どのように発展していくかは分からないとしか言いようがないです。

仮想通貨POGAI(ポガイ)の供給量について

仮想通貨POGAI(ポガイ)は最大発行枚数が100,000,000,000 pogaiとなっています。

これは1千億枚という事になります。

この数字は他の有名ミームコインと比較すると少ないという事が分かります。

仮想通貨銘柄現在発行数
AIDOGE約20京個
SHIB COIN(シバイヌコイン)約589兆個
PEPE(ペペコイン)約420兆個
DOGEコイン約139兆個(最大発行上限はなし)

供給量が少ないという事は一定の、価格上昇が見込めると考えることが出来ます。

ただ、仮想通貨POGAI(ポガイ)は娯楽目的で誕生したミームコインである事は忘れてはいけません。

仮想通貨POGAI(ポガイ)の購入方法

仮想通貨POGAI(ポガイ)は国内の仮想通貨取引所では購入することが出来ない仮想通貨になっています。

なので、海外の仮想通貨取引所で購入しましょう。

仮想通貨POGAI(ポガイ)購入の流れ

  • 国内の仮想通貨取引所でリップルを購入する
  • リップルを海外の仮想通貨取引所に送金する
  • 海外仮想通貨取引所でを購入する

仮想通貨のリップルを送金する理由には二つあります。①送金スピードが速い事②送金手数料が安い事。という理由があります。リップルは送金に適した仮想通貨なのでリップルを選んでいます。

国内仮想通貨取引所のおススメ

国内仮想通貨取引所の口座を持っていない方は、この機会に新規に口座開設を行いましょう。

もちろん口座開設に関しては無料で行うことが出来ます。

現在新規口座開設を行うと最短1日で取引できるようになりますので、サクッと開設を済ませましょう。

【PR】DMM Bitcoin

【PR】おススメ仮想通貨取引所

👉DMM Bitcoinの特徴

  • 出金手数料が無料で利用できる
  • 安心・安全のセキュリティ体制
  • 365日体制のサポート
  • 国内No1のレバレッジ取引

【PR】DMM Bitcoin公式ホームページはコチラから

DMM Bitcoin

合わせて読みたい DMM Bitcoinってどんな仮想通貨取引所?評判や口コミ・選ばれる理由も解説

合わせて読みたい DMM Bitcoinでの新規口座開設方法について解説します

【PR】Coincheck

【PR】おススメ仮想通貨取引所

コインチェック

👉Coincheckの特徴

  • アプリDL数がNo1
  • 初心者にも分かりやすいサイト設計
  • 365日体制のサポート
  • 国内最古の歴史がある取引所

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

コインチェック

合わせて読みたい 仮想通貨取引所のコインチェック(Coincheck)とは?安全性や使いやすさなどの実際に使用してみての感想

合わせて読みたい 仮想通貨取引所のコインチェックで仮想通貨を購入する方法(販売所編)

購入できる仮想通貨取引所はドコ?

仮想通貨POGAI(ポガイ)を購入する事が出来る主な海外仮想通貨取引所は上記の通りになっています。

海外仮想通貨取引所のアカウントを持っていない方は、上記の名前がリンクになっています。

この機会に新規口座開設を行いましょう。

また、仮想通貨POGAI(ポガイ)の上位取引所は、BitgetとGate.ioとBTCEXになっていますのでそちらの仮想通貨取引所で開設をすると良いでしょう。

仮想通貨リップルを送金する

  • 国内の仮想通貨取引所でリップルを購入する
  • 出金ページで海外の仮想通貨取引所のアドレスを貼る
  • 海外の仮想通貨取引所へ出金する

仮想通貨の送付方法の流れは上記になります。

過去に当ブログで送付方法について解説した記事がありますので参考にしてみてください。

参考 DMM BitcoinからBitgetへの仮想通貨(暗号資産)の送金・出金方法について解説します

仮想通貨POGAI(ポガイ)の価格推移

約16.7倍の高騰

仮想通貨POGAI(ポガイ)は、2023年の5月には最高値を更新し最低価格から16.7倍ほどの急騰を見せました。

こういった状況から仮想通貨POGAI(ポガイ)に注目が集まりました。

仮想通貨の世界では16.7倍の急騰はビックリするほどではありません。過去には50万倍を付けた銘柄もありました。急騰があるという事は、その分リスクもあるという事をしっかりと認識してくださいね。

今現状、盛り上がりは一旦の落ち着きを見せている上記にあります。

今後、仮想通貨POGAI(ポガイ)が価格上昇を起こす可能性について考えていきましょう。

BinanceやBybitへの上場はまだ

BinanceやBybitなどの世界トップレベルの仮想通貨取引所への上場はまだ行われていません。

上場が実現すると、価格上昇は起こりやすくなりますが現状では公式からの匂わせや告知などはありません。

今後、上場があるとすればTwitter等での情報が出ると思いますので動向に注目していきたいと思います。

仮想通貨POGAI(ポガイ)の信用性は?

仮想通貨POGAI(ポガイ)の信頼性という部分から見ていこうと思います。

現時点では信頼性は不明としか言えません。

ただ、大手の仮想通貨取引所であるMEXCやGate.ioやBitgetに上場をしているという事を考えると一定の信頼性はあるかと感じています。

当然、CEX仮想通貨取引所への上場をする際は審査を行っていると思われます。

MEXCやGate.ioに関しては草コイン銘柄を多く上場させる取引所です。

ただ、Bitgetの場合は草コイン銘柄を多く取り扱っているのは最近になってからです。

Bitgetに上場したという事で、筆者としては一定の信頼性があると見て良いのでは。と考えています。

仮想通貨POGAI(ポガイ)に関するニュースが少ない

POGAI(pogai)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap

筆者が仮想通貨POGAI(ポガイ)に関する記事を書いていた中で仮想通貨POGAI(ポガイ)に関するニュースの少なさは実感しました。

やはり、注目されるような記事に関してはプレビューが取れるので多くの仮想通貨メディアが取り上げる傾向にあります。

しかしながら、この仮想通貨POGAI(ポガイ)に関しては記事執筆時点の肌感覚で盛り上がりに欠けるような感触を抱きました、

また、ミームコインにとっては実用性が無いので人気や話題性が非常に重要になってきます。

上記でも記載しましたが、今後盛り上がる要素としてはCEX仮想通貨取引所への上場以外に現実的に考えられないのが現状です。

懸念点

最近ではミームコインが非常に話題になっています。

当ブログでは多くの記事を執筆してきました。

合わせて読みたい 仮想通貨Wojak(ウォジャック・$WOJAK)とは?将来性・買い方・価格予測について解説

合わせて読みたい 仮想通貨のペペコイン(PEPE)って何?特徴・将来性・買い方・今後の価格展望について解説

その多くは欧米でインターネット初期から話題になっていたものが多く広く認知されている者が多いです。

しかしながら、仮想通貨POGAI(ポガイ)は中国初のミームコインであります。

中国は市場としては大きいですが、個人の仮想通貨取引は出来ないのが現状です。

そういった意味では今後として伸びる要素的には不安な部分が大きいと感じます。

しかし、ミームコインは何が起こるかは分からない所も大きいので興味がある方はご自身で調べてみてください。

まとめ

今回の記事では仮想通貨POGAI(ポガイ)について解説を行ってきました。

正直解説する部分が少なく記事執筆に関して苦労しました。

というのも、キャラとしての歴史も不明であり仮想通貨としてのコンセプトも分からない純粋なミームコインの類にはいる仮想通貨であるからです。

仮想通貨の草コインやミームコインに分類されるコインは値動きが非常に激しい分類に入ります。

仮想通貨POGAI(ポガイ)に関して興味を持たれた方は、必ずご自身で調べることをおススメします。

最終的な判断はご自身の判断で行ってくださいね。

余談にはなりますが、最近ではミームコインが非常に盛り上がっている時期になっています。

ミームコインが盛り上がっているので高騰した銘柄の関連銘柄が非常に多くなってきます。

中にはスキャムと呼ばれるコインなども多くあると思いますので、判断や判別に関しては慎重に行うことをおススメします。

ただ、大手CEX仮想通貨取引所への上場を果たしている場合は一定の信頼を置いてを良いかもしれませんが、基本的には自分で調べて自己責任でという事になります。

ということで今回の記事は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございます。

仮想通貨の税金について

仮想通貨の損益の計算を簡単にしてくれる損益計算ソフトの”クリプタクト”を実際に利用してみました。

DNくん
DNくん

レビューを記事にしたので読んでみてくださいね♪

確定申告のギリギリになって慌てないように事前に導入の検討をしておきましょう。

【PR】cryptact公式ホームページはコチラから

合わせて読みたい 【確定申告】仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)を導入した感想&新規アカウント開設方法

合わせて読みたい 仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)の新規アカウント開設方法を解説【税金・確定申告】

  • この記事を書いた人

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

-仮想通貨解説
-

error: このページは右クリックなどはできません。