仮想通貨解説

仮想通貨Vita Inu(ビタイヌ・VINU)とは?将来性・買い方・価格予測について解説

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

(※重要)投資に関する判断は自己責任でお願いいたします。本記事に記載されている事は、記事執筆時点での情報に基づいて記載をしています。

みなさんこんにちは!

今回は犬系のミームコインである仮想通貨Vita Inu(ビタイヌ・VINU)についての解説記事になります。

仮想通貨VINUは犬系のミームコインの中でも変わった特色があるコインになりますので解説を行っていきます。

初心者にも分かりやすいように解説を行っていきます。

よろしくお願いいたします!

仮想通貨Vita Inuってどんな仮想通貨?

仮想通貨Vita Inuはミームコインとしては世界初のメタバース関連銘柄の仮想通貨になります。

現在、DOGEコインやSHIBコインなどに触発され犬系のコインが乱立していますが、今回ご紹介する仮想通貨Vita Inuはそういった仮想通貨とは毛色が少し違います。

よく分からない犬系のミームコインではなく、見どころのある仮想通貨だと筆者自身は考えています。

仮想通貨VINUに関する基本的な情報

公式ホームページVita Inu - The First Fast and Feeless Doggo Coin
The VINU Ecosystem
公式ツイッターVITA INU (VINU)(@VitaInuCoin)さん / Twitter
コントラクトアドレス0xAFCdd4f666c84Fed1d8BD825aA762e3714F652c9
最大供給量1,000,000,000,000,000 VINU
時価総額¥1,083,912,866
自己申告供給量794,270,842,042,816.4 VINU(79.43%)
Twitterフォロワー数5.1万
※上記情報は記事執筆時点の物になります。 Vita Inu(VINU)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap

VINUの目指している所

仮想通貨のVitaINUはVINUエコシステムのガバナンストークンになります。

仮想通貨のVitaINUはメタバース関連銘柄と冒頭記載しましたが、VINUは現在メタバース空間の解説を行っています。

VINU版のメタバース空間である「Vinuverse」は現在開発中で、完全なVRワールド、VinuSwap Dapp、NFTs、ステーキング、リワード、イベント、マーチ、その他多くのもので構成される予定です。

VINUの目指すところは持続可能な世界であり、手数料ゼロ、光速取引、スマートコントラクト、高いスケーラビリティなど、新しいミーム経済を破壊する特典を提供しています。

発行枚数について

仮想通貨銘柄現在発行数
VINU約790兆個
SHIB COIN(シバイヌコイン)約589兆個
PEPE(ペペコイン)約420兆個
DOGEコイン約139兆個(最大発行上限はなし)

発行枚数について他の有名ミームコインと比較するとVINUの多さが見て取れます。

価格上昇については発行数を見る限りDOGEコインレベルまで行くのは難しいと感じています。

仮想通貨のVINUが信頼できる要素

仮想通貨のVINUが信頼できるプロジェクトであるかについて見ていきます。

今回はVINUのプロジェクトの透明性についてです。プロジェクトの詳細が分かりやすく公開されていてもロードマップ通りに進捗できるかどうかは別の話になりますので注意が必要になってきます。

有名企業のパートナーが多い

VINUのパートナーには多くの企業が名を連ねています。

皆さんがご存じなのは仮想通貨取引所のGate.ioに関する企業なども名を連ねていますね。

また、CoinmarketcpとCoinGeckoなどの仮想通貨トラッキングサイトも掲載されていますが、パートナーなのか「VINUが掲載されている」という意味の両方と利用があると思いますので少し注意が必要かもしれませんね。

運営チームの透明性

運営チームがしっかりと公表されており、テレグラムとTwitterアカウントがしっかりと公開がされています。

Twitterに関しては、4人中3人のアカウントに関しては24時間以内のアクションがあるアクティブなアカウントであるというが確認できました。

nameTwitter
ElemontElemont(@ElemontCapital)さん / Twitter
MilltayTaylor(@milltayishere)さん / Twitter
BobsterBobster(@the_big_bobster)さん / Twitter
Shuttlecockshuttlecock 🏸(@shuttlecock3376)さん / Twitter

Websiteの完成度が高い

仮想通貨のVINUには2つの公式ホームページが、公開されておりしっかりと作りこまれているのが確認できます。

ミームコインの公式ホームページの多くは手作り感満載の公式ホームページが良くあったりしますがVINUは違います。

また、DEXであるVINUSWAPは既に公開されています。

VINUの購入方法

仮想通貨のVINUは残念ながら国内の仮想通貨取引所で購入する事はできません。

海外の仮想通貨取引所で購入する必要があります。

この章では仮想通貨のVINU購入方法を説明します。

購入の大まかな流れ

  • 国内の仮想通貨取引所でリップルを購入する
  • リップルを海外の仮想通貨取引所に送金する
  • 海外仮想通貨取引所でを購入する

仮想通貨のリップルを送金する理由には二つあります。①送金スピードが速い事②送金手数料が安い事。という理由があります。リップルは送金に適した仮想通貨なのでリップルを選んでいます。

国内仮想通貨取引所でリップルを購入する

国内の仮想通貨取引所でリップルを購入しましょう。

まだ国内の仮想通貨取引所の口座を持っていない方は、この機会に開設を済ましておきましょう。

【PR】DMM Bitcoin

【PR】おススメ仮想通貨取引所

👉DMM Bitcoinの特徴

  • 出金手数料が無料で利用できる
  • 安心・安全のセキュリティ体制
  • 365日体制のサポート
  • 国内No1のレバレッジ取引

【PR】DMM Bitcoin公式ホームページはコチラから

DMM Bitcoin

合わせて読みたい DMM Bitcoinってどんな仮想通貨取引所?評判や口コミ・選ばれる理由も解説

合わせて読みたい DMM Bitcoinでの新規口座開設方法について解説します

【PR】Coincheck

【PR】おススメ仮想通貨取引所

コインチェック

👉Coincheckの特徴

  • アプリDL数がNo1
  • 初心者にも分かりやすいサイト設計
  • 365日体制のサポート
  • 国内最古の歴史がある取引所

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

コインチェック

合わせて読みたい 仮想通貨取引所のコインチェック(Coincheck)とは?安全性や使いやすさなどの実際に使用してみての感想

合わせて読みたい 仮想通貨取引所のコインチェックで仮想通貨を購入する方法(販売所編)

どこの海外の仮想通貨取引所で購入できる?

仮想通貨のVINUは上記の仮想通貨取引所で購入することが出来ます。

取引量が多い仮想通貨取引所はBybitとBitgetになっています。参考にしてみてください。

まだ、海外の仮想通貨取引所の口座を持っていない方は、上記取引所の名前が紹介リンクになっていますのでリンクから開設が可能になっています。

海外の仮想通貨取引所に出金する

国内の仮想通貨取引所から海外の仮想通貨取引所への送金は下記の記事を参考にしてみてください。

参考 DMM BitcoinからBitgetへの仮想通貨(暗号資産)の送金・出金方法について解説します

主に送金の流れは下記の通りになっています。

  • 国内の仮想通貨取引所でリップルを購入する
  • 出金ページで海外の仮想通貨取引所のアドレスを貼る
  • 海外の仮想通貨取引所へ出金する

価格の推移

仮想通貨Vita Inuの過去最高価格は2022年の夏でした。

当時は海外の仮想通貨取引所に上場というファンダメンタルズがあっての価格上昇となりました。

今現在は価格が下がっていますが、急騰前の価格まで下がってはいますがある程度の需要があるのが分かります。

2023年に入っても、多少盛り返すタイミングもありました。

今後の価格上昇の可能性

ここからは、仮想通貨のVINUに関して価格上昇は起こるのか考えていきます。

プロジェクトの進捗

VINUコインの場合は他のミームコインとは違いプロジェクトの進捗という要素があります。

現在公式ホームページでも公開されていますが、今後アプリ等のリリースが控えています。

基本的にはミームコインは人気が価格に直結していますが仮想通貨VINUはプロジェクトのローンチという将来的ファンダメンタルズ要素がある訳です。

ただ、多くのメタバース関連銘柄のプロジェクト進行度合いというのは正直満足できないレベルで「いったいいつできるの?」というほど延期が連発しています。

したがって進捗がどうなるかは誰にもわかりません。

筆者が見るにメタバース関連銘柄のプロジェクトの進捗の延期の多さは2022年、散々あってきました。

延期だけならまだしも、言っていることが途中で変わるなど最初の信頼感が崩壊するようなプロジェクトも見てきました。

プロジェクトについては立派な事を掲げていても達成し進捗しなければ無意味です。

ユーザーの皆さんで興味のある方は、そういった視点からもチェックをしていくべきでしょう。

Binance(バイナンス)上場がまだ行われていない

仮想通貨VINUは多くの仮想通貨に上場しています。

大手のBybitを始めとして主要な所は多く取り扱っていますが、最大の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)についてはまだ行われていません。

Binance(バイナンス)に上場が決定された場合には価格上昇に関して大きな期待がもてます。

仮想通貨VINUをインターネット上で検索にかけてみると、「VINU 仮想通貨 バイナンス」と出てきます。

多くの人が検索しているので、このようなサジェスト機能が働いている訳です。

バイナンスに未上場という点は今後の伸びしろと言えるでしょう。

まとめ

という事で今回は仮想通貨のVINUについての解説になりました。

今後のプロジェクト次第では期待の持てる仮想通貨にはなるのですが、やはりメタバース関連銘柄の前例を見ると開発には相当時間がかかるのではというのが率直な感想です。

また、一時期盛り上がっていた「メタバース」自体に勢いがなくなってきているというのが筆者の正直な印象です。

ただ、他のミームコインとは一線を画すようなクオリティではありますので夢のあるコインではあるのかなとは思います。

また、最高値を更新して1年ほどたちますが予想以上に価格は持ちこたえている印象はあります

投資に関しては皆さん自身で公式ホームページなどを閲覧していただき判断してください。自己責任でお願いいたします。

という事で今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございます。

ありがとうございました!

仮想通貨の税金について

仮想通貨の損益の計算を簡単にしてくれる損益計算ソフトの”クリプタクト”を実際に利用してみました。

DNくん
DNくん

レビューを記事にしたので読んでみてくださいね♪

確定申告のギリギリになって慌てないように事前に導入の検討をしておきましょう。

【PR】cryptact公式ホームページはコチラから

合わせて読みたい 【確定申告】仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)を導入した感想&新規アカウント開設方法

合わせて読みたい 仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)の新規アカウント開設方法を解説【税金・確定申告】

  • この記事を書いた人

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

-仮想通貨解説
-

error: このページは右クリックなどはできません。