コインチェック

Coincheck(コインチェック)からBitget(ビットゲット)への暗号資産(仮想通貨)の出金・送金方法について解説

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

(※重要)投資に関する判断は自己責任でお願いいたします。本記事に記載されている事は、記事執筆時点での情報に基づいて記載をしています。

このブログについて

筆者は、ブログ・Twitter・Youtubeで仮想通貨に関する情報を日々発信しています。

仮想通貨と接してきた経験をもとに本記事を執筆しています。

当ブログはアフィリエイトプログラムに参加をしています。

当ブログ内で利用されているリンクはアフィリエイトリンクを利用しています。

DNくん
DNくん

分かりやすく説明していくよ!!

おススメ国内仮想通貨取引所

基本的に国内仮想通貨取引所は取り扱い銘柄が少なく海外の仮想通貨取引所は取り扱いが豊富という違いがあります。

どこの仮想通貨取引所を利用するかは個人の判断でお願いします。

まだ、国内の仮想通貨取引所を開設していない方はこの機会に開設してみてくださいね。

DMM Bitcoin

【PR】有名なDMMグループが運営する仮想通貨取引所であるDMM Bitcoin。

【PR】DMM Bitcoin公式ホームページはコチラから

暗号資産をはじめるなら、DMM Bitcoin

Coincheck

【PR】500円の少額から利用できるコインチェックの口座を持っていな方はこの機会に口座開設をサクッと行っておきましょう。

コインチェック

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

Coincheckの新規口座開設はコチラ

仮想通貨の税金について

仮想通貨の損益の計算を簡単にしてくれる損益計算ソフトの”クリプタクト”を実際に利用してみました。

DNくん
DNくん

レビューを記事にしたので読んでみてくださいね♪

確定申告のギリギリになって慌てないように事前に導入の検討をしておきましょう。

【PR】公式ホームページはコチラから

合わせて読みたい 【確定申告】仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)を導入した感想&新規アカウント開設方法

合わせて読みたい 仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)の新規アカウント開設方法を解説【税金・確定申告】

トラベルルールについて 送金は可能?

結論から申し上げますと、送金・出金は可能です。

トラベルルールについては下記の記事にまとめていますので、詳しくはそちらをご覧ください。

合わせて読みたい トラベルルール|Coincheck(コインチェック)と入金・出金が出来る仮想通貨取引所はドコ?

Coincheckってどんな仮想通貨取引所?

コインチェックは日本国内の暗号資産取引所です。

非常に歴史があり多くの方が利用していることで知られているか暗号資産取引所です。

筆者自身も初めての取引所はCoincheckでした。

Coincheckの特徴

  • アプリダウンロード数No1
  • 年中無休
  • 500円からビットコインの購入が出来る
  • Coincheckは関東財務局登録済みの暗号資産交換業者

新規登録は無料

新規口座開設は、もちろん無料です。

口座維持手数料もありません。

ぜひこの機会に新規口座開設をしてみてくださいね。

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

Coincheckの新規口座開設はコチラ

Bitget(ビットゲット)ってどんな仮想通貨取引所?

Bitgetは2018年に解説された海外の仮想通貨取引所になります。

デリバティブ取引に強い仮想通貨取引所です。

Bitgetの基本情報

取り扱い銘柄数490以上
コピートレード取引量世界1位
準備金制度(POR)
保護基金
グローバルユーザー数800万人以上
1日の取引量100億USDT以上
スマホアプリ
日本語対応

Bitgetは上記のような特徴があります。

特にコピートレードに関して世界1位のプラットフォームに成長しており、優秀なトレーダーも多く在籍しています。

利用するメリット

・コピートレードが活発に行われている

・新規開設特典が豪華

・手数料が世界最安水準にある

・セキュリティ強度が高い

・日本語に完全対応している

・24時間のカスタマーサービスがある

・アプリの機能性が高い

下記リンクより新規開設で取引手数料永久30%オフの特典付き

Bitgetの新規口座開設はコチラから

合わせて読みたい Bitget解説|新規口座開設&2段階認証・KYC認証の設定について

合わせて読みたい Bitget|コピートレードのやり方・手数料・やって分かったおすすめ設定について解説

注意点

出金をする際に注意点があります。

新しく登録したアドレスに対して仮想通貨を送付する際は必ず1回テスト送付を行ってください。

仮想通貨の世界では間違えた相手に出金を行った場合には、ほぼ全てのケースでお金が戻ってきません。

仮想通貨の世界では自分自身のミスは基本的に自己責任です。

筆者も一度、送付先を間違えていたようでお金を紛失したことがあります。

なので1度はテスト送付を最少額で行い、ちゃんと送れるかどうかを確認する癖付けが非常に重要になってきます。

この、注意点は必ず守るようにしてください。

出金の方法

ここからは出金の手続きを見ていきましょう。

出金時の大まかな流れ

  • コインチェックのTOPページへ
  • 左メニューになる”暗号資産の送金”をクリックする
  • 出金に必要な情報の入力
  • 出金先のアカウントでアドレスとタグを取得する
  • 出金を完了する

手順①コインチェックのTOPページへ

コインチェックのトップページに移行します。

【PR】500円の少額から利用できるコインチェックの口座を持っていな方はこの機会に口座開設をサクッと行っておきましょう。

コインチェック

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

Coincheckの新規口座開設はコチラ

手順②左メニューになる”暗号資産の送金”をクリックする

左端にあるメニューから「暗号資産の送金」をクリックします。

手順③出金に必要な情報の入力

出金に必要な下記の情報を入力していきます。

  • 送金する通貨
  • 送金先
  • 宛先タグ
  • 送金目的
  • 送金額

送金する通貨

送金する通貨を選択します。

今回は仮想通貨リップル(XRP)を選択します。

リップルは送金する際に手数料が安いので重宝されています。

コインチェックでは記事執筆時点での送金手数料は0.15XRPです。

日本円換算で15円程度です。

送金先

こちらは送金先のアドレスを入力します。

出金元で取得する必要があるので後述します。

宛先タグ

こちらは宛先タグを入力します。

出金元で取得する必要があるので後述します。

送金目的

今回送金する目的を選択肢から選択します。

選択肢は以下のようになります。

  • 暗号資産販売所・取引所サービスの利用
  • 国内の商品代金の決済
  • 相続・生活費の贈与
  • 仲介貿易代金の決済
  • その他

送金額

送金する金額を入力します。

手順④Bitgetでの入金アドレスを取得する

Bitgetにログインしたら上部にある一番左のアイコンをクリックしてプルダウンメニューを開いてください。

その後、「入金」をクリックしてください。

アドレスとタグを入手する

入金の欄に移行した後は下記を選択してアドレスとタグを設定します。

  • 仮想通貨銘柄
  • チェーン

今回の場合は、リップルを送付しますのでリップルを選択します。

そして、チェーンを選択します。

リップルの場合は「XRPチェーン」しかありません。

送付する仮想通貨銘柄によっては複数のチェーンが存在します。

チェーンとは、どういう経路で送付するのかという事です。

チェーンによっては、仕組みの違いから手数料が違う場合や送付時間に誤差があります。

送り先とお送付元で同一のチェーンになっていることを必ず確認をしてください。

以上を設定すると、入金アドレスとタグが表示されます。

ページに戻り、コピー&ペーストを利用して入力していきます。

※手入力の場合はミスが起きる可能性がありますので、コピー&ペーストをお勧めします。(また、QRコードの読み込みをする事でも対応できます。)

下記リンクより新規開設で取引手数料永久30%オフの特典付き

Bitgetの新規口座開設はコチラから

手順⑤ 出金を完了する

上記の手順でアドレスとタグを入手してコインチェックの方で入力を行っていきます。

その後は画面に表示されるセキュリティ認証を行う事により出金が完了します。

DNくん
DNくん

手続きは以上になります。お疲れ様でした♪

  • この記事を書いた人

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

-コインチェック
-

error: このページは右クリックなどはできません。