DMM Bitcoin

DMM BitcoinからBitbank(ビットバンク)への仮想通貨(暗号資産)の送金・出金方法について解説します

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

(※重要)投資に関する判断は自己責任でお願いいたします。本記事に記載されている事は、記事執筆時点での情報に基づいて記載をしています。

このブログについて

筆者は、ブログ・Twitter・Youtubeで仮想通貨に関する情報を日々発信しています。

仮想通貨と接してきた経験をもとに本記事を執筆しています。

当ブログはアフィリエイトプログラムに参加をしています。

当ブログ内で利用されているリンクはアフィリエイトリンクを利用しています。

DNくん
DNくん

分かりやすく説明していきますね~!!

おススメ国内仮想通貨取引所

基本的に国内仮想通貨取引所は取り扱い銘柄が少なく海外の仮想通貨取引所は取り扱いが豊富という違いがあります。

どこの仮想通貨取引所を利用するかは個人の判断でお願いします。

まだ、国内の仮想通貨取引所を開設していない方はこの機会に開設してみてくださいね。

DMM Bitcoin

【PR】有名なDMMグループが運営する仮想通貨取引所であるDMM Bitcoin。

【PR】DMM Bitcoin公式ホームページはコチラから

暗号資産をはじめるなら、DMM Bitcoin

Coincheck

【PR】500円の少額から利用できるコインチェックの口座を持っていな方はこの機会に口座開設をサクッと行っておきましょう。

コインチェック

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

Coincheckの新規口座開設はコチラ

仮想通貨の税金について

仮想通貨の損益の計算を簡単にしてくれる損益計算ソフトの”クリプタクト”を実際に利用してみました。

DNくん
DNくん

レビューを記事にしたので読んでみてくださいね♪

確定申告のギリギリになって慌てないように事前に導入の検討をしておきましょう。

【PR】cryptact公式ホームページはコチラから

合わせて読みたい 【確定申告】仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)を導入した感想&新規アカウント開設方法

合わせて読みたい 仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)の新規アカウント開設方法を解説【税金・確定申告】

トラベルルールについて 送金は可能?

結論から申し上げますと、DMM Bitcoinとの送金・出金は可能です。

トラベルルールについては下記の記事にまとめていますので、詳しくはそちらをご覧ください。

合わせて読みたい トラベルルール|DMM Bitcoinと入金・出金が出来る仮想通貨取引所はドコ?

合わせて読みたい トラベルルール|Bitbank(ビットバンク)と入金・出金が出来る仮想通貨取引所はドコ?

DMM Bitcoinってどんな暗号資産取引所?

DMMBitcoinは国内の暗号資産取引所です。

国内大手のDMMグループが運営している国内の暗号資産取引所になりますので、安心感があります。

DMMBitcoinの基本情報

取り扱い銘柄数27
入金手数料・出金手数料無料
サポート体制365日年中無休
先物取引
最大レバレッジ2倍
最小購入価格300円~
口座開設から取引まで最短1時間
スマホアプリ

DMMBitcoinの特徴は以上のようになっています。

最大の特徴は入金手数料・出金手数料・取引手数料などの各種手数料が無料な点です。

DMMBitcoinを使用するメリット

ここからはDMMBitcoinを使用するメリットについて解説をしていきます。

主なメリットは以下の通りです。

メリット

入金手数料・出金手数料・取引手数料などの各種手数料が無料

・スマホアプリが使いやすい

・ユーザーの資産の95%コールドウォレットで管理しており高いセキュリティ強度

・サポート体制が24時間365日

・レバレッジ取引の取り扱い銘柄数が国内最多

・口座開設から最短1時間で取引が開始できる

【PR】DMM Bitcoinの新規口座開設はコチラから

合わせて読みたい DMM Bitcoinってどんな仮想通貨取引所?評判や口コミ・選ばれる理由も解説

合わせて読みたい DMM Bitcoinでの新規口座開設方法について解説します

bitbankってどんな仮想通貨取引所?

bitbankは2014年に設立された日本の仮想通貨取引所になります。

新規開設から本人確認まで最短1日で完了するという事で「最短1日で仮想通貨取引を始められる」という魅力があります。

仮想通貨の取引に関しては、スマートフォン一つで完結することが出来ます。もちろんパソコンでも利用できます。

bitbankの基本情報は下記の表をご覧ください。

bitbankに関する基本情報

売買手数料Maker -0.02%/ Taker0.12%
日本円入金手数料無料
日本円出金手数料550円/770円(3万円以上の場合)
取り扱い銘柄数29種類
ビットバンク(bitbank) | ビットコインが購入できる暗号資産(仮想通貨)取引所

bitbankの売買手数料はMakerの場合-0.02%となっておりMaker取引を行うと手数料を貰えることになります。

日本国内の仮想通貨取引所では、あまり無い優秀な仕組みになっていますね。

また取り扱い銘柄も豊富にそろえてあり、特に豊富な種類の銘柄が板取引を行える強みがあります。

出金・送金方法

ここからは、実際に送金・出金方法について解説をしていきます。

まずは大まかな流れについて掲載していきますので、ザックリで良いので流れを掴んでいきましょう。

送金・出金方法について大まかな流れ

  • DMM Bitcoinへログイン後「日本円 暗号資産の出金」をクリックする
  • 送金したい仮想通貨(暗号資産)を選択する
  • 必要事項の記入を行う
  • 「出金」するを押して完了

大まかには上記のような形になります。

ここからは、順番に画像付きで解説をしていきますので初心者の方でも問題なく出金していただけると思います。

出金手順を画像付きで解説

ここからは、具体的手順を公開していきます。

【PR】DMM Bitcoinの開設はコチラから

手順① DMM Bitcoinへログイン後「日本円 暗号資産の出金」をクリックする

DMM Bitcoinへログインした後は画像のようなマイページが表示されます。

新規開設はコチラ 【PR】  様々な手数料が0円!暗号資産なら【DMM Bitcoin】

左のメニュー欄に「日本円・暗号資産の出金」項目がありますので、そちらをクリックしてください。

手順② 送金したい仮想通貨(暗号資産)を選択する

「日本円・暗号資産の出金」項目をクリックするとプルダウンメニューが表示されます。

そして3種類の仮想通貨に関しての出金が表示されています。

  • BTC(ビットコイン)出金
  • ETH(イーサリアム)出金
  • XRP(リップル)出金

今回の記事ではXRP(リップル)出金を選択して進めていきます。

DMM Bitcoinでは出金手数料は無料になっています。しかしながら、出金処理速度の観点でいうと出金にはリップルが一番適しています。一般的にはビットコインの出金処理は10分程度かかるとされています。その反対にリップルは数十秒で出金処理が終了します。これは仮想通貨取引所の問題ではなく、仮想通貨銘柄の特性と言えます。したがって出金に際してはリップルを本記事では選択しています。

手順③ 必要事項の記入を行う

こちらでは必要事項を記入していきます。

必要な記入事項は以下の通りになっています。

  • 出金先アドレス
  • 出金数
  • 出金の目的
  • 宣誓事項の欄にチェックマークを打つ
  • 2段階認証コードの入力
  • 「上記の注意事項を理解した上で出金します」にチェック
出金先アドレス

出金先アドレスは、出金先の仮想通貨取引所から情報を入手する必要があります。

初期の段階では出金先アドレスの登録が完了していませんので登録を行います。

「出金先アドレスリスト」の欄に「追加」というボタンがあるので、そちらを押してください。

そうすると追加アドレス登録のページが開きます。

  • ニックネーム(20文字以下)
  • 出金先アドレス
  • タグ

以上の3点を追加する必要があります。

まずは「ニックネーム」については、今回送付するのがBitbank(ビットバンク)ですのでBitbank(ビットバンク)と入力して頂ければ結構です。

その他の2点に関してはBitbank(ビットバンク)から取得してきます。

BitBankでアドレスを取得する

まずは、BitBankのアカウントにログインをして下さい。

その後、「入金」をクリックしてください。

入金画面に移行しました。

コチラの画面では、利用する仮想通貨をせんたくしていきます。

画面上部には検索窓がありますので仮想通貨を検索することが出来ます。

今回の記事ではXRP(リップル)を選択します。

アドレスとタグを入手する

移行した画面ではアドレスの発行ボタンが表示されています。

こちらのボタンを押すと個人に割り当てられたアドレスが表示されます。

表示されたアドレスとタグを使用していきます。

ページに戻り、コピー&ペーストを利用して入力していきます。

※手入力の場合はミスが起きる可能性がありますので、コピー&ペーストをお勧めします。(また、QRコードの読み込みをする事でも対応できます。)

出金数

今回送付する仮想通貨の出金数を入力します。

出金の目的

出金に関しての目的を選択していきます。

  • 送金(自己・友人・家族への送金など)
  • 物品購入・販売(国内)
  • 物品購入・販売(国外)
  • サービス利用(例 NFT、ゲーム、マイニングなど)
  • 投資・資産運用(例 売買益移転、分散投資など)
  • その他

以上の中から選択をします。

その他を選択すると具体的理由を記入する必要が生じます。

宣誓事項の欄にチェックマークを打つ
  • イラン・北朝鮮への出金ではない
  • 法令等に違反していない
  • 外為法上の規制対象取引ではない

宣誓事項の欄にチェックマークを打ちます。

上記の項目に当てはまらない場合はチェックマークを打ってください。

2段階認証コードの入力

2段階認証のコードの入力を行います。

Google二段階認証アプリを導入している方はアプリで生成されたパスワードを入力。

電話番号での2段階認証の場合はSMSで送付された認証コードの入力を行っていきます。

「上記の注意事項を理解した上で出金します」にチェック

注意事項の欄があります。読んでいただき問題がなく理解した場合はチェックマークを付けてください。

「出金」するを押して完了

ここまで完了し、確認が出来ましたら出金するのボタンを押してください。

という事で、処理は以上になります!お疲れ様でした!

【PR】DMM Bitcoinの開設はコチラから

注意点

出金をする際に注意点があります。

新しく登録したアドレスに対して仮想通貨を送付する際は必ず1回テスト送付を行ってください。

仮想通貨の世界では間違えた相手に出金を行った場合には、ほぼ全てのケースでお金が戻ってきません。

仮想通貨の世界では自分自身のミスは基本的に自己責任です。

筆者も一度、送付先を間違えていたようでお金を紛失したことがあります。

なので1度はテスト送付を最少額で行い、ちゃんと送れるかどうかを確認する癖付けが非常に重要になってきます。

この、注意点は必ず守るようにしてください。

  • この記事を書いた人

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

-DMM Bitcoin
-

error: このページは右クリックなどはできません。