bitbank(ビットバンク)

【初心者用】Bitbank(ビットバンク)での新規口座開設方法について画像付きで手順を完全解説します

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

(※重要)投資に関する判断は自己責任でお願いいたします。本記事に記載されている事は、記事執筆時点での情報に基づいて記載をしています。

みなさん、こんにちは。

今回の記事では国内の仮想通貨取引所であるbitbank(ビットバンク)についての新規口座開設方法についての解説を行っていきます。

口座開設については数分の時間さえあれば開設できますので初心者の方でも安心して行っていただけます。

bitbankは人気の高い取引所だよ~!

このブログについて

筆者は、ブログ・Twitter・Youtubeで仮想通貨に関する情報を日々発信しています。

仮想通貨と接してきた経験をもとに本記事を執筆しています。

当ブログはアフィリエイトプログラムに参加をしています。

当ブログ内で利用されているリンクはアフィリエイトリンクを利用しています。

DNくん
DNくん

分かりやすく説明していきますね~!!

おススメ国内仮想通貨取引所

基本的に国内仮想通貨取引所は取り扱い銘柄が少なく海外の仮想通貨取引所は取り扱いが豊富という違いがあります。

どこの仮想通貨取引所を利用するかは個人の判断でお願いします。

まだ、国内の仮想通貨取引所を開設していない方はこの機会に開設してみてくださいね。

DMM Bitcoin

【PR】有名なDMMグループが運営する仮想通貨取引所であるDMM Bitcoin。

【PR】DMM Bitcoin公式ホームページはコチラから

暗号資産をはじめるなら、DMM Bitcoin

Coincheck

【PR】500円の少額から利用できるコインチェックの口座を持っていな方はこの機会に口座開設をサクッと行っておきましょう。

コインチェック

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

Coincheckの新規口座開設はコチラ

仮想通貨の税金について

仮想通貨の損益の計算を簡単にしてくれる損益計算ソフトの”クリプタクト”を実際に利用してみました。

DNくん
DNくん

レビューを記事にしたので読んでみてくださいね♪

確定申告のギリギリになって慌てないように事前に導入の検討をしておきましょう。

【PR】cryptact公式ホームページはコチラから

合わせて読みたい 【確定申告】仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)を導入した感想&新規アカウント開設方法

合わせて読みたい 仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)の新規アカウント開設方法を解説【税金・確定申告】

bitbankってどんな仮想通貨取引所?

bitbankは2014年に設立された日本の仮想通貨取引所になります。

新規開設から本人確認まで最短1日で完了するという事で「最短1日で仮想通貨取引を始められる」という魅力があります。

仮想通貨の取引に関しては、スマートフォン一つで完結することが出来ます。もちろんパソコンでも利用できます。

bitbankの基本情報は下記の表をご覧ください。

bitbankに関する基本情報

売買手数料Maker -0.02%/ Taker0.12%
日本円入金手数料無料
日本円出金手数料550円/770円(3万円以上の場合)
取り扱い銘柄数29種類
ビットバンク(bitbank) | ビットコインが購入できる暗号資産(仮想通貨)取引所

bitbankの売買手数料はMakerの場合-0.02%となっておりMaker取引を行うと手数料を貰えることになります。

日本国内の仮想通貨取引所では、あまり無い優秀な仕組みになっていますね。

また取り扱い銘柄も豊富にそろえてあり、特に豊富な種類の銘柄が板取引を行える強みがあります。

bitbankを利用するメリット

ここからは、bitbankに関する利用メリットを見ていきましょう。

筆者自身も国内の仮想通貨取引所ではbitbankをメインの仮想通貨取引所として利用しています。

筆者自身がメインの仮想通貨取引所として利用している大きな理由はリップルを板取引する事につきます。

海外の仮想通貨取引所に送金する場合に、リップルで送付するのですが手数料が低く抑えることが出来る板取引は非常に魅力敵です。

bitbankを利用するメリットは下記にまとめてみます。

  • 国内No1の取引流動性
  • 国内No1のセキュリティ評価
  • 24時間リアルタイム入金が可能
  • スマホアプリの操作性が優秀

bitbankのメリットは以上のようなものがあります。

国内No1の取引流動性

あまり、流動性という点に関しては気にする人は少ないと思います。

しかしながら、取引の流動性は非常に重要です。

多くの人が利用する事で流動性が保たれて、指値注文が約定しやすいというメリットがあります。

流動性が高いという事は多くの人からbitbankが選ばれているという事でしょう。

国内No1のセキュリティ評価

bitbankではユーザーの大事な資産を守るにオフラインでの保管・管理を行っています。

2018年10月3日 ICORating調べでは国内仮想通貨取引所のセキュリティ面でNo1の評価を受けていることが公式のホームページでも掲載されています。

24時間リアルタイム入金が可能

仮想通貨には休みはなく、24時間365日価格が推移しているという特徴があります。

この点はFXなどが土日は取引できない点と比較すると、会社勤めのユーザーには非常に嬉しい事だと思います。

そんな仮想通貨の特徴に連動するようにbitbankでは24時間のリアルタイム入金が可能になっています。

時間を問わず、対応できるシステム体制が構築されています。

スマホアプリの操作性が優秀

bitbankのスマホアプリは非常に高い評価を得ています。

bitbank ビットコイン・仮想通貨取引 ウォレット管理 - 評価とレビュー (apple.com)

アップルストアの評価は2.6万件の評価数で星★4.6の高評価を得ています。

下記に実際の口コミを数例引用して掲載されていただきます。

仮想通貨取引に興味はあるけど、難しそう、損したらどうしよう、などと心配になりなかなか踏み出せずにいたのですが、このアプリは初心者でも安心して始められるようになっていたので、仮想通貨取引デビューしてみました!サポートやセキュリティもしっかりしているので、安心して始める事ができました。自分のような初心者にぜひ使ってほしいアプリです!

bitbank ビットコイン・仮想通貨取引 ウォレット管理 - 評価とレビュー (apple.com)

数年前からビットコインの価格上昇などによって急激に名前を聞くようになった仮想通貨、特に最近始めたいと考えている人も多いと思います。

仮想通貨を始める上で一番最初の選択は、実はなにを買うのかではなく、どこの取引所を使うかです…笑取引所によって扱っている銘柄も変わってきますし、入金や購入の手数料もわりと変わってきます(^^)/

そのため本当の入門だとどこを使うかでまず迷ってしまうと思いますけど、とりあえずここのビットバンクを使っておけば安定だとは思いますよ。

bitbank ビットコイン・仮想通貨取引 ウォレット管理 - 評価とレビュー (apple.com)

ウェブと使うのと変わりない使いやすさ、ケータイアプリからチャートを見てもハッキリ確認できるからとても見やすいのと、24時間休みなしでいつでも入金が可能な所も対応の良さがわかります。

手数料も他所のサイトより安く手軽に利用できるから良いと思う。

サーバーがしっかりしているから今まで取引中に電波が途切れることもなく、集中して利用できている。

bitbank ビットコイン・仮想通貨取引 ウォレット管理 - 評価とレビュー (apple.com)

さらに詳しくは当記事の下記リンクへ

さらにbitbankについえ深く知りたいという方は当記事の「仮想通貨取引所のbitbank(ビットバンク)に関しての安全性や口コミは?実際に使ってみての感想をお話しします。」という記事をご覧ください。

bitbankに関する情報をまとめた記事になります。リンクは下記に掲載しておきます。

bitbankの新規口座開設方法について

ここからはbitbankの新規口座開設方法について説明していきます。

口座開設については数分で完了し、その後本人確認を行っていただきます。

本人確認については義務になっておりまして、こちらは国内の仮想通貨取引所であれば”本人確認の義務”はどの取引所でも同じルールになっています。(海外の仮想通貨取引所では本人確認は任意の所が多数ですが.....)

本人確認については、最短でも1営業日が必要ですから取引の最短開始日は1日となります。

それでは、まず大まかに新規口座開設方法についての流れを下記に掲載します。

新規口座開設についての大まかな流れ

  • bitbankの公式ホームページでメールアドレスを入力して「口座開設」をクリック
  • 届いたメールから認証用URLをクリック
  • パスワードの設定を行い利用規約にチェックをする
  • 基本情報の入力を行う
  • 本人確認を行う

新規口座開設については上記の手順を踏んで行います。

簡単に開設する事が可能になっていますので、初心者の方も心配無用です。

それでは、一つ一つ解説していきます。

新規口座開設を画像を使って解説

手順① bitbankの公式ホームページでメールアドレスを入力して「口座開設」をクリック

まずは、bitbankの公式のホームページへ行くところから始めます。

bitbankの公式のホームページトップ画面には、新規口座開設が行いやすいようになっています。

メールアドレスを入力する場所がありますので、お手持ちのメールアドレスを入力してください。

bitbankの公式のホームページのデザインは、時期によっては変わる可能性がありますが、基本的には行っていただくことに変わりはありません。

メールアドレスの入力が完了したら「口座開設」をクリックしてください。

「口座開設」のボタンを押すと「メールを送信しました。認証用URLから本登録手続きにお進みください。」と表示されます。

先ほど入力したメールアドレス宛にbitbankの公式からメールが送付されます。

手順② 届いたメールから認証用URLをクリック

bitbankから送付される認証用URL付きのメールになります。

認証用URLをクリックして次に進んでください。

メールが届いていない場合は、「迷惑メールボックス」に入っている可能性があります。確認をしてみてください。

手順③ パスワードの設定を行い利用規約にチェックをする

ここからは今回開設する新規口座のパスワードを設定していきます。

確認用と含めて2回パスワードの入力を行ってください。

設定したパスワードの強度も表示がされますので、なるべく強度が強いになるようにパスワードの設定を行いましょう。

また、設定したパスワードは忘れないように管理をしてください。

さらに、同意をする箇所が2か所ありますのでそちらにもチェックマークを押して頂き「登録」のボタンを押してください。

手順④ 基本情報の入力を行う

ここからは、各種基本情報の入力を行っていきます。

画面に表示されている通りに入力を行っていけば問題なく進んでいただけます。

基本情報の入力を行うと確認が行われます。

基本情報の中でご自身の氏名のフリガナについての間違いが無いかの確認には注意しましょう。

確認画面では「フリガナにお間違えはないですか?フリガナの異なる銀行口座には出金できません」との表示がなされます。

フリガナが違うと別人という事になりますので出金が出来なくなります。

間違いが内容でしたら、間違いがないの欄を「はい」を押しましょう。

基本情報の入力が完了しました。

次にそのまま「本人確認」を行いますので、「本人確認書類のアップロード」を押して次に進んでください。

手順⑤ 本人確認を行う

最後に本人確認を行います。

本人確認では、「スマホで本人確認」「郵送で本人確認」の2種類があります、

bitbank公式は「スマホで本人確認」をおススメしています。

筆者自身も「スマホで本人確認」を行ったほうが良いと考えています。スマートフォンを持っていない等の特別な理由がない限り、基本的には「スマホで本人確認」を行ったほうが、簡単ですし早く審査が行われます。

スマホで本人確認

スマホで本人確認で対応している本人確認書類は「運転免許証」と「マイナンバーカード」の2種類です。

本人確認のページから「スマホで本人確認」を選択してください。

そうすると、QRコードが表示されます。

表示されたQRコードをお手持ちのスマートフォンで読み取ると本人確認ページに移行します。

あとは、画面の指示通りに、運転免許証などの書類とご自身を撮影していただき「送信」して頂くと本人確認が完了します。

郵送で本人確認

郵送で本人確認は、本人限定郵便をハガキで受け取る方法になります。

ハガキの到着まで時間を要し、公式のホームページのでは3日から4日程度かかるとされています。

本人確認種類アップロードのページから「郵送で本人確認」を選択します。

指示に従い本人確認書類のアップロードを行います。

アップロードが完了すると登録した住所あてに郵便物が送付されます。

確認書類を受け取ることで全ての手続きが完了します。

以上で新規口座の解説についての説明は終わりです。お疲れ様でした。

  • この記事を書いた人

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

-bitbank(ビットバンク)

error: このページは右クリックなどはできません。