Bitget(ビットゲット)

【利用して大丈夫?】Bitgetと金融庁について 許可を貰っているのか? 

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

(※重要)投資に関する判断は自己責任でお願いいたします。本記事に記載されている事は、記事執筆時点での情報に基づいて記載をしています。

みなさんこんにちは!

今回の記事では海外の仮想通貨取引所であるBitgetと金融庁の関係についての記事になります。

今回の記事では下記のようなことについて理解が深まります。

  • 金融庁と仮想通貨取引所の関係
  • Bitgetと金融庁の関係について
  • Bitgetは許可を得た取引所なのか

分かりやすいように記事を作成していきますのでよろしくお願いいたします!

DNくん
DNくん

それではよろしくお願いいたします!

※重要追記 今回の記事は2023年の5月に加筆修正を行っています。金融庁とBitgetの関係に変化が生じていますので記事内の赤文字で記している追記部分に注目して、ご覧になるようによろしくお願いいたします。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

このブログについて

筆者は、ブログ・Twitter・Youtubeで仮想通貨に関する情報を日々発信しています。

仮想通貨と接してきた経験をもとに本記事を執筆しています。

当ブログはアフィリエイトプログラムに参加をしています。

当ブログ内で利用されているリンクはアフィリエイトリンクを利用しています。

DNくん
DNくん

分かりやすく説明していきますね!

おススメ国内仮想通貨取引所

基本的に国内仮想通貨取引所は取り扱い銘柄が少なく海外の仮想通貨取引所は取り扱いが豊富という違いがあります。

どこの仮想通貨取引所を利用するかは個人の判断でお願いします。

まだ、国内の仮想通貨取引所を開設していない方はこの機会に開設してみてくださいね。

DMM Bitcoin

【PR】有名なDMMグループが運営する仮想通貨取引所であるDMM Bitcoin。

【PR】DMM Bitcoin公式ホームページはコチラから

暗号資産をはじめるなら、DMM Bitcoin

Coincheck

【PR】500円の少額から利用できるコインチェックの口座を持っていな方はこの機会に口座開設をサクッと行っておきましょう。

コインチェック

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

Coincheckの新規口座開設はコチラ

仮想通貨の税金について

仮想通貨の損益の計算を簡単にしてくれる損益計算ソフトの”クリプタクト”を実際に利用してみました。

DNくん
DNくん

レビューを記事にしたので読んでみてくださいね♪

確定申告のギリギリになって慌てないように事前に導入の検討をしておきましょう。

【PR】公式ホームページはコチラから

合わせて読みたい 【確定申告】仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)を導入した感想&新規アカウント開設方法

合わせて読みたい 仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)の新規アカウント開設方法を解説【税金・確定申告】

仮想通貨取引所Bitgetとは

基本情報

設立国Seychelles
所在地60 Payar Lebar Road #08-55 Payar Lebar Square Singapore 409051
取り扱い銘柄数490以上
コピートレード取引量世界1位
準備金制度(POR)/保護基金
取引手数料Maker0.02%/Takaer0.06%
グローバルユーザー数800万人以上
1日の取引量100億USDT以上
スマホアプリandroid/iPhone
日本語対応
DNくん
DNくん

基本的な情報は、ザックリこんな感じだよ。

Bitgetの取り扱い銘柄数

仮想通貨取引所の名前取り扱い銘柄数
Binance(バイナンス)約360
Bybit(バイビット)約300
Kucoin(クーコイン)約750
MEXC約1600
Bitget(ビットゲット)約500
Gate.io約1700
OKX約350
BTCEX約190
CoinEx(コインエックス)約700
BingX(ビンエックス)約500

上記は各取引所の仮想通貨の取り扱い銘柄数の一覧表になります。

Bitgetの取り扱い銘柄数は取引所の平均的レベルの「約500」という数字になっています。

現在、草コイン銘柄の取り扱いも強化しているので今後順位も変わってくるかもしれませんね。

仮想通貨女子
仮想通貨女子

銘柄数は十分満点でっきる水準にあるようね

Bitgetの手数料水準

仮想通貨取引所の名前メイカー手数料テイカー手数料
Bybit(バイビット)0.02%0.06%
Bitget(ビットゲット)0.02%0.06%
Kucoin(クーコイン)0.02%0.06%
ZOOMEX(ズームエックス)0.02%0.06%
OKX0.02%0.05%
Gate.io(ゲート)0.02%0.05%
CoinEx(コインエックス)0.02%0.05%
BingX(ビンエックス)0.02%0.05%
DNくん
DNくん

Bitgetの手数料は上記のようになっています。しかし当ブログ経由で新規口座を開設をすると下記の表のようになります。

仮想通貨取引所の名前メイカー手数料テイカー手数料
Bybit(バイビット)0.02%0.06%
Bitget(ビットゲット)0.02% 0.014%0.06% 0.042%
Kucoin(クーコイン)0.02%0.06%
ZOOMEX(ズームエックス)0.02%0.06%
OKX0.02%0.05%
Gate.io(ゲート)0.02%0.05%
CoinEx(コインエックス)0.02%0.05%
BingX(ビンエックス)0.02%0.05%
※当ブログのリンク経由で新規口座を開設を行った場合
仮想通貨女子
仮想通貨女子

業界最安レベルの水準になるのね♪

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

金融庁と仮想通貨取引所の関係について

前提知識として、日本で仮想通貨取引業者が営業を行う場合は許可を得る必要があります。

いろいろな仮想通貨取引業者が存在していて悪質な取引所からユーザーを保護するために許可を出しているという事です。

それでは、今回のBitgetは金融庁から許可を受けているのでしょうか?

結論を申し上げますと、Bitgetは金融庁からの許可を得ていません。

※追記 2023年現在、Bitgetは金融庁からの警告を受けました。詳細については後述をしていきます。

日本国内ではユーザーの保護やマネーロンダリングの防止などの様々な観点から、国内のサービス提供に関しては登録制を取っているという事になります。

許可を受けていると安全な仮想通貨取引所?

金融庁から許可を得ているからと言ってセキュリティ面で完璧に信用できるという事ではありませんので理解が必要です。

過去に金融庁から許可を得ている取引所が大規模鳴ハッキングによる不正の被害になってしまったケースもあります。

仮想通貨じい
仮想通貨じい

許可を受けているからと言って必ず安全とは言えないのじゃ

口座開設をしようとしている取引所が優れているのか否かは利用者自身がしっかりと調べて判断する必要があると考えています。

上記の疑問に関しては、現状Bitgetを利用する事に関していえば、問題ないと言えます。いずれにしても、罰則の法律なども適用されるのは「ユーザー」ではなく「業者」に向けられたものですし、Bitgetは記事執筆時点では金融庁からの警告も受けていない状況になります。将来的には分かりませんが、現状としては問題がなく使用できる状況になっています。※追記 2023年Bitgetは金融庁からの警告を受けました 詳細は後述します。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

金融庁に警告されている仮想通貨取引所はドコ?

金融庁からの警告を受けている仮想通貨取引所

Bitgetは現状、金融庁からの警告を受けていません。

※追記 2023年Bitgetは金融庁からの警告を受けました

それでは、どんな仮想通貨取引所が警告を受けているのでしょうか?金融庁から引用しながら見て行きたいと思います。

Bitforex Limited
代表者 Xinyao Luo
Bybit Fintech Limited
代表者 Ben Zhou
Binance Holdings Limited
代表者 Changpeng Zhao
VANLANCLE
代表者 不明
セーシェル共和国Macdonald House 40A Orchard Road,
Singapore
不明不明
金融庁のHPに記載されている無登録の暗号資産交換業者


kasoutsuka_mutouroku.pdf (fsa.go.jp)

上記のような形で金融庁の公式ホームページに記載がされています。掲載は記事執筆時点のモノになります。

今後追加で掲載されていく可能性があります。

現状、金融庁から警告を受けている取引所を見るとそれなりに規模が大きくユーザー数の多い取引所が多い印象にあります。

※2023年5月追記 金融庁からの警告を受けている取引所一覧

ここからは、2023年5月現在の最新の情報を基にしながら、金融庁からの警告を受けている仮想通貨取引所を紹介していきます。

商号、名称又は氏名等所在地又は住所暗号資産交換業の内容等備考掲載時期
Bitget Limited
代表者 不明
シンガポール共和国インターネットを通じて、日本居住者を相手方として、暗号資産交換業を行っていた
もの
インターネット上で暗号資産取引を行っている「Bitget」等を運営して
いる。
令和5年3月
MEXC Global
代表者 不明
シンガポール共和国インターネットを通じて、日本居住者を相
手方として、暗号資産交換業を行っていた
もの
インターネット上で暗号資産取引を
行っている「MEXC」等を運営してい
る。
令和5年3月
Bybit Fintech Limited
代表者 Ben Zhou
Macdonald House 40A Orchard Road,
Singapore
インターネットを通じて、日本居住者を相
手方として、暗号資産交換業を行っていた
もの
インターネット上で暗号資産取引を
行っている「Bybit」等を運営して
いる。
令和5年3月
Bitforex Limited
代表者 Jason Luo
セーシェル共和国インターネットを通じて、日本居住者を相
手方として、暗号資産交換業を行っていた
もの
インターネット上で暗号資産取引を
行っている「BitForex」等を運営し
ている。
令和5年3月
kasoutsuka_mutouroku.pdf (fsa.go.jp)より引用

上記のように、仮想通貨取引所Bitgetは金融庁からの警告を受けました。

今後日本人ユーザーは以前と変わらず利用していく事は可能になっています。

仮想通貨じい
仮想通貨じい

その辺りの事については次の章で解説をしていくぞい

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

※追記 警告を受けたBitgetの今後はどうなる?

継続してBitgetを利用して大丈夫?

まずは、ユーザーの皆さんが心配していることだと思いますが「継続してBitgetを利用していて大丈夫なのか?」という点についてお答えします。

結論

Bitgetを今後も利用して問題ない

今回の警告については「取引所」に出されたものであり「ユーザー」に出された物ではありません。

現に、何度も警告を受けているBybitに関しても多くの方が利用している状況にあります。

今後のBitgetはどうなっていく?

男の子
男の子

今後のBitgetはどうなっていくんだろうね

ここからは、取引所のBitgetがどうなっていくのかを複数のシナリオで考えていきたいと思います。

シナリオ① 公式に日本市場に進出する

これは現に世界大手の仮想通貨取引所であるBinanceがとった選択肢であります。

Binanceは今後、「本家Binance」と「Binance Japan」に分離されることになります。

原則日本に住んでいる方は日本の法律に準拠したタイプの「Binance Japan」を利用してくことになります。

日本の法律に準拠した仮想通貨取引所になりますので、「レバレッジ取引2倍」「ゼロカットシステムなし」などの制約の中で運用していく事になるでしょう。

現時点の状況では間もなく、「Binance Japan」が始動するようですが、以前から本家Binanceへの新規登録はストップになっています。

女の子
女の子

つまり、海外の仮想通貨取引所としての利点が無くなるってことね

今後、金融庁からの警告を受けたBitgetがBinanceと同じように正式に日本の市場に進出する事も可能性としてはあるでしょうね。

ただ、現時点では警告は1回目になるのでスグにそのような展開になるのは現実的ではないような気がします。

シナリオ② 警告を受けた状態で継続する

こちらは、シナリオ②ですが凄く単純な話です。

警告を受けた状態を放置するという事です。

過去に複数回の警告を受けている取引所も現にそのまま営業をしている所もあります。

今回、Bitgetは初めての警告になりますので次回も同じように警告が出た後に、どのような動きになっていくのかを注視して生きたところです。

DNくん
DNくん

どうなるのかは分からないから様子を見ながらになるね

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

金融庁からの警告を受けているかの一覧

ここからは金融庁からの警告を受けている仮想通貨取引所受けていない仮想通貨取引所を一覧で確認していきます。

金融庁からの警告を受けている仮想通貨取引所は今後、突然日本での展開をやめる可能性もあります。

その際に出金をする事は可能だと思いますが、また新たな普段使いの仮想通貨取引所を探すという手間があります。

したがって、どの仮想通貨取引所が警告を受けているのかを把握しリスクを分散していく事も非常に重要になってきます。

記事執筆時点での情報は下記のようになります。

仮想通貨取引所の名前警告の有無
Bybitあり
Bitgetあり
MEXCあり
CoinExなし
BingXなし
Gate.ioなし
ZOOMEXなし

よくある質問

今後日本人が利用できなくなるよう可能性はある?

可能性としては否定はできません。しかしながら、2010年代前半から仮想通貨取引所として設立をしている海外の仮想通貨取引所であっても現状存続している取引所も存在しています。将来については、断言をする事はできませんが”利用できない”まで行くとは筆者には思えません。その辺りでは不透明としか言いようがありませんが仮想通貨取引所を規制する法律は「ユーザー」ではなく「業者」に対しての法律なので、大きな心配を持つ必要はないと考えています。

金融庁に記載されている無登録の暗号資産交換業者っていつ更新される?

更新される時期・頻度については不明です。過去のPDFファイルを見て行くと平成31年からの記載が確認することが出来ます。令和4年度までの掲載で予測にはなりますが、1年に1度程度で更新あるいは追加などの措置をしているのではないかと推測できます。

BitgetではKYC認証(本人確認)をする必要はある?

現状としては本人確認は必要なくメールアドレスのみで新規口座開設をして頂いた利用する事が可能になっています。KYC認証を行うと、出金制限が広がるというメリット等はありますが、大口の投資家でなければ特段気にする必要はないかと思われます。

Bitgetを新規口座開設すると特典はありますか?

Bitgetでは新規登録を行うと最大$4000相当の体験金を受け取ることが出来るチャンスがあります。入金額や先物取引額に応じて体験金を受け取ることが可能になっています。

下記リンクより新規開設で手数料がずっと30%オフ

Bitgetの新規口座開設はコチラ

  • この記事を書いた人

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

-Bitget(ビットゲット)
-

error: このページは右クリックなどはできません。