仮想通貨解説

仮想通貨の$KABOSU(カボス)って何?特徴・将来性・買い方・価格予測について解説

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

(※重要)投資に関する判断は自己責任でお願いいたします。本記事に記載されている事は、記事執筆時点での情報に基づいて記載をしています。

みなさんこんにちは!

今回の記事では、仮想通貨の$KABOSU(カボス)についての解説を行っていきます。

Twitterでは話題になっていたようですが、今後の展開も含めて記事にしていこうと思います。

それではよろしくお願いいたします!

このブログについて

筆者は、ブログ・Twitter・Youtubeで仮想通貨に関する情報を日々発信しています。

仮想通貨と接してきた経験をもとに本記事を執筆しています。

当ブログはアフィリエイトプログラムに参加をしています。

当ブログ内で利用されているリンクはアフィリエイトリンクを利用しています。

DNくん
DNくん

分かりやすく説明していきますね~!!

おススメ国内仮想通貨取引所

基本的に国内仮想通貨取引所は取り扱い銘柄が少なく海外の仮想通貨取引所は取り扱いが豊富という違いがあります。

どこの仮想通貨取引所を利用するかは個人の判断でお願いします。

まだ、国内の仮想通貨取引所を開設していない方はこの機会に開設してみてくださいね。

DMM Bitcoin

【PR】有名なDMMグループが運営する仮想通貨取引所であるDMM Bitcoin。

【PR】DMM Bitcoin公式ホームページはコチラから

暗号資産をはじめるなら、DMM Bitcoin

Coincheck

【PR】500円の少額から利用できるコインチェックの口座を持っていな方はこの機会に口座開設をサクッと行っておきましょう。

コインチェック

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

Coincheckの新規口座開設はコチラ

仮想通貨の税金について

仮想通貨の損益の計算を簡単にしてくれる損益計算ソフトの”クリプタクト”を実際に利用してみました。

DNくん
DNくん

レビューを記事にしたので読んでみてくださいね♪

確定申告のギリギリになって慌てないように事前に導入の検討をしておきましょう。

【PR】cryptact公式ホームページはコチラから

合わせて読みたい 【確定申告】仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)を導入した感想&新規アカウント開設方法

合わせて読みたい 仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)の新規アカウント開設方法を解説【税金・確定申告】

仮想通貨の$KABOSUとは?

https://kabosufamily.io

今回ご紹介する仮想通貨の$KABOSUはミームコインに分類される仮想通貨になります。

ミーコインとは

ミームコインとはインターネット上のスラング・ノリ・文化から生まれたミームを元にしたコインなどを指します。基本的には実用性が無いものがほとんどです。単純にジョークで生まれたコインなので娯楽目的と言えるでしょう。過去にミームコインの中では50万倍の高騰をした仮想通貨もあるのでミーコインミリオネアを目指す方も多くいます。

KABOSUの由来

仮想通貨の$KABOSUの名前の由来は実在する柴犬の名前です。

実はKABOSUとは仮想通貨ドージコインのモデルとなった柴犬の名前です。

海外のネット上でKABOSUちゃんの画像がネタ化され話題になっていました。

そこから派生して生まれたのが仮想通貨ドージコインなのです。

かぼすちゃんのお母様は「カボスママ」の名前でTwitter上で発信をしています。

2022年末の段階でかぼすちゃんは17歳になっているようですね。

仮想通貨$KABOSUの基本情報

$KABOSU (Arbitrum)(@kabosufamily)さん / Twitter
公式ホームページhttps://kabosufamily.io
公式ツイッター$KABOSU (Arbitrum)(@kabosufamily)さん / Twitter
コントラクトアドレス0x53bCF6698C911b2A7409a740EACDDB901fC2a2C6
最大供給量100,000,000,000 KABOSU
時価総額$951,925
自己申告供給量87,300,000,000 KABOSU
Coinmarketcapへの掲載2023年5月11日
※記事執筆時点の情報に基づく

仮想通貨$KABOSUはArbitrumチェーンの仮想通貨になります。

総発行枚数が100,000,000,000 KABOSUに設定されており現時点で87,300,000,000 KABOSUが発行されており、全体の87%が市場に出回っている事になります。

発行枚数について

仮想通貨KABOSUの発行可能枚数は1000億枚という事が分かりました。

そして873億枚が発行されています。

他の有名ミームコインと比較して発行枚数の多さを確認していきます。

仮想通貨銘柄現在発行数
KABOSU約873億個
SHIB COIN(シバイヌコイン)約589兆個
PEPE(ペペコイン)約420兆個
DOGEコイン約139兆個(最大発行上限はなし)

上記の有名ミームコインと比較すると分かりやすいのですが仮想通貨KABOSUの発行枚数は非常に少ないという事が分かります。

仮想通貨KABOSUのロードマップ

ここからは、仮想通貨KABOSUのロードマップを確認していきましょう。

ロードマップは4段階のフェーズに分かれています。

フェーズ①

  • ホワイトペーパーとホームページの作成
  • トークンエコノミクスのデザインとスマートコントラクトの開発
  • エアドロップ
  • 10,000のホルダー達成

フェーズ②

  • コインマーケットキャップへの掲載
  • コインゲッコーへの掲載
  • よりたくさんのマーケティングを行う
  • 20,000のホルダー達成

フェーズ③

  • CEX仮想通貨取引所への上場
  • よりたくさんのパートナーの獲得
  • 支払いコインになる
  • 50,000のホルダー達成

フェーズ④

  • トップ3のCEX仮想通貨取引所への上場
  • 融資を受ける
  • ワールドワイドで$KABOSUの利用
  • 100,000のホルダー達成

以上の4段階の構想の中にいます。

現時点ではフェーズ②とフェーズ③の間にいるような状況だと思います。(※記事執筆時点)

$KABOSUの購入方法

残念ながら、仮想通貨KABOSUを国内の仮想通貨取引所で購入する事はできません。

海外の仮想通貨取引所で購入しましょう。

仮想通貨KABOSUの購入の流れ

  • 国内の仮想通貨取引所でリップルを購入する
  • リップルを海外の仮想通貨取引所に送金する
  • 海外仮想通貨取引所で購入する

まずは国内の仮想通貨取引所でリップルを購入した後に海外の仮想通貨取引所に送金します。

その後、海外の仮想通貨取引所で仮想通貨のKABOSUを購入していきます。

仮想通貨のリップルを送金する理由には二つあります。①送金スピードが速い事②送金手数料が安い事。という理由があります。リップルは送金に適した仮想通貨なのでリップルを選んでいます。

手順の解説

国内仮想通貨取引所の口座を持っていない方はこの機会に新規口座を開設しましょう。

海外の仮想通貨取引所への送金の為に国内の仮想通貨取引所の口座が必要になるからです。

10分程度で開設が可能になっています。もちろん無料で作成できますよ。

DNくん
DNくん

筆者が仮想通貨を始めた時、一番最初にコインチェックを開設しました。

取引所は多種ありますが、初心者には一番分かりやすく歴史のあるコインチェックをおススメします。

コインチェックは銀行振り込みやコンビニ入金がかのうになっており、500円から仮想通貨の購入が可能になっています。

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

Coincheckの新規口座開設はコチラ

手順① 【PR】Coincheckで口座開設をする

【PR】おススメ仮想通貨取引所

コインチェック

👉Coincheckの特徴

  • アプリDL数がNo1
  • 初心者にも分かりやすいサイト設計
  • 365日体制のサポート
  • 国内最古の歴史がある取引所

合わせて読みたい 仮想通貨取引所のコインチェック(Coincheck)とは?安全性や使いやすさなどの実際に使用してみての感想

合わせて読みたい 仮想通貨取引所のコインチェックで仮想通貨を購入する方法(販売所編)

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

Coincheckの新規口座開設はコチラ

手順② Coincheckで仮想通貨の購入を行う

コインチェックの口座開設が完了したら、まず最初に日本円の入金を行います。

仮想通貨の購入の為に日本円入金を行います。

まずはホーム画面から「日本円の入金」を選択しましょう。銀行振り込みやコンビニ入金などが選択して頂けます。

やり方 仮想通貨取引所のコインチェック(Coincheck)での日本円の入金方法について解説

次に販売所で仮想通貨の購入を行います。

トップ画面の「販売所(購入)」へ進み「リップル」を選択して購入します。

やり方 仮想通貨取引所のコインチェックで仮想通貨を購入する方法(販売所編)

手順③ 海外の仮想通貨取引所の開設

現時点での購入可能な仮想通貨取引所はコチラのページから確認して頂くことが可能になっています。

コインマーケットキャップの公式ホームページに移行します。

現時点での購入可能な仮想通貨取引所を見る

コインマーケットキャップのページから「市場」を押すと購入可能な仮想通貨取引所が分かります。

どの購入所で購入するのかはユーザー様の判断でお願いします。

時期によっては購入可能場所の選択肢は広がっていると思います。

また、当ブログの紹介リンクを下記に貼っておきますのでご利用ください。

草コインやミームコインを購入海外の仮想通貨取引所の、おススメはMEXCになります。

MEXCは手数料も非常に安い仮想通貨取引所になりますのでおススメです。

コチラも、新規口座開設を行っておきましょう。

下記リンクより新規開設で手数料ずっと10%オフ

MEXCの新規口座開設はコチラ

口座の開設方法に関する記事も執筆していますのでそちらも参考にしてみて下さい。

開設方法 【初心者用】MEXCでの新規アカウントの口座開設方法について解説します

仮想通貨取引所のMEXC

どこの国の仮想通貨取引所?シンガポール
最大レバレッジ数200倍
取り扱い銘柄数約1600
設立年2018年
展開国数170以上
ユーザー数1000万人以上
スマホアプリandroid&iPhone
日本語対応
MEXCの基本情報

下記リンクより新規開設で手数料ずっと10%オフ

MEXCの新規口座開設はコチラ

仮想通貨じい
仮想通貨じい

手数料が安くて有名な取引所じゃ

👉MEXCおススメポイント

  • 世界トップレベルの取り扱い銘柄数
  • 非常に安い手数料水準
  • 使いやすいく優秀なプラットフォーム
  • 日本語完全対応

関連 【初心者用】MEXCでの新規アカウントの口座開設方法について解説します

関連 MEXCでのGoogle二段階認証の設定方法について解説します

DNくん
DNくん

取り扱い銘柄数は下記のとおりです

仮想通貨取引所の名前取り扱い銘柄数
Binance(バイナンス)約360
Bybit(バイビット)約300
Kucoin(クーコイン)約750
MEXC約1600
Bitget(ビットゲット)約500
Gate.io約1700
OKX約350
BTCEX約190
CoinEx(コインエックス)約700
BingX(ビンエックス)約500

手順④ 仮想通貨の送金を行う

コインチェックで購入した仮想通貨を海外の仮想通貨取引所に送金します。

  • ホーム画面の「暗号資産の送金」を選択
  • 「送金する通貨」をリップルを選択
  • 送金先アドレスを入力
  • 宛先タグを入力
  • 送金目的を入力
  • 送金額を入力
  • 「送金する」をクリック

以上のような手順で送金を行います。

今回はリップルで行いましたが、「ビットコイン」や「イーサリアム」でも送金は可能になっています。

また、送金した際に間違えたアドレスに送付してしまった場合には仮想通貨は帰ってこないと思ってください。

なので、必ず最初に少額の金額でテスト送付を行うようにしてくださいね。

手順⑤ 海外の仮想通貨取引所で購入する

送金が完了したら、海外の仮想通貨取引所で現物購入を行いましょう。

DNくん
DNくん

送金から購入までの流れは以上になります。

$KABOSUと$DOGE

仮想通貨$DOGEと$KABOSUに関しての筆者なりの解釈を行っていきます。

現状の期待としてはDOGEコインの上昇にくっ付いていくようなイメージでKABOSUの価格上昇をイメージしている人は多いと思います。

しかし、ながらKABOSUに関しての認知度は現状限定的と言わざるを得ない状況でしょう。

KABOSU自体がドージコインのコミュニティから生まれたものではあるもののドージコインユーザーの関心を引くような状況までには至っていません。

例えばイーロンマスク氏が「KABOSU」とツイートしたのならフェーズは変わりますが、現状乱立する犬系ミームコインと変わらない印象を筆者は抱いています。

また、DOGEコインユーザーのどれほどが元ネタであるKABOSUちゃんについての認知があるかは不明です。

DOGEコインの価値はイーロンマスク氏のツイートから起こった以上、KABOSUに関する言及がない現状では上記の評価と言わざるを得ません。

$KABOSUの価格推移

現時点での価格推移は緩やかに最高値からの下降を描いている状況があります。

この仮想通貨KABOSUに関しては約85%に関してはエアドロップによる無償で手に入れた方達です。

長期的な視点でホールドする方もいれば、値段がついているうちに売却する動きもあるでしょう。

今後の値動き

今後、ロードマップにあるようにCEX仮想通貨取引所への上場が決定した場合は価格上昇に期待がもてます。

しかしながら、現状予定や目標段階の域はでないので「絵に描いた餅」にならないか中止が必要になってきます。

また、ミームコイン特有な事ですが今後の大きな展望というのはあまりなく娯楽目的のコインと言わざるを得ない状況にあります。

大きな夢もありますが当然リスクも内包している事を忘れてはいけないでしょう。

将来的な価格予測

ここからは将来的な価格推移について確認をしていきましょう。

海外の仮想通貨サイトであるプライスプレディクションの価格予測データを参考にしながら見ていきます。

西暦最低価格平均価格最高到達価格
2023$0.00000600$0.00000620$0.00000702
2024$0.00000859$0.00000884$0.00001039
2025$0.00001252$0.00001297$0.00001494
2026$0.00001888$0.00001940$0.00002243
2027$0.00002613$0.00002710$0.00003228
2028$0.00003727$0.00003862$0.00004613
2029$0.00005418$0.00005612$0.00006492
2030$0.00007638$0.00007919$0.00009152
2031$0.00011566$0.00011962$0.00013424
2032$0.00016614$0.00017212$0.00020334
Price Prediction | 暗号通貨の価格予測 2023, 2025, 2030の価格予測を基に作成

ポイント

2032年には記事執筆時点での価格の約42倍の価格上昇が見込まれている。※あくまでも予測になります。

まとめ

という事で今回は仮想通貨KABOSUに関しての記事になりました。

非常に興味を引くような可愛らしい仮想通貨で筆者自身も興味があります。

ただ、今後に関しては不透明な部分が多い感想を抱きました。

当然今後の動きについては注視していきたいと思います。

やはりイーロンマスク氏が何かしらの反応をしてくれないと現状ミームコインは難しいのが本音です。

今回の記事で興味を持った方は必ずご自身で公式ホームページと公式Twitterの確認をしてください。

最終的にはご自身の判断で行うようにしてくださいね。

今回の記事は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ありがとうございました!

  • この記事を書いた人

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

-仮想通貨解説
-

error: このページは右クリックなどはできません。