仮想通貨解説

仮想通貨LONG (ETH)とは?特徴・将来性・買い方・今後の価格予測(チャートAI分析)・安全性について解説

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

(※重要)投資に関する判断は自己責任でお願いいたします。本記事に記載されている事は、記事執筆時点での情報に基づいて記載をしています。

このブログについて

筆者は、ブログ・Twitter・Youtubeで仮想通貨に関する情報を日々発信しています。

仮想通貨と接してきた経験をもとに本記事を執筆しています。

当ブログはアフィリエイトプログラムに参加をしています。

当ブログ内で利用されているリンクはアフィリエイトリンクを利用しています。

DNくん
DNくん

分かりやすく説明していきますね~!!

おススメ国内仮想通貨取引所

基本的に国内仮想通貨取引所は取り扱い銘柄が少なく海外の仮想通貨取引所は取り扱いが豊富という違いがあります。

どこの仮想通貨取引所を利用するかは個人の判断でお願いします。

まだ、国内の仮想通貨取引所を開設していない方はこの機会に開設してみてくださいね。

DMM Bitcoin

【PR】有名なDMMグループが運営する仮想通貨取引所であるDMM Bitcoin。

【PR】DMM Bitcoin公式ホームページはコチラから

暗号資産をはじめるなら、DMM Bitcoin

Coincheck

【PR】500円の少額から利用できるコインチェックの口座を持っていな方はこの機会に口座開設をサクッと行っておきましょう。

コインチェック

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

Coincheckの新規口座開設はコチラ

仮想通貨の税金について

仮想通貨の損益の計算を簡単にしてくれる損益計算ソフトの”クリプタクト”を実際に利用してみました。

DNくん
DNくん

レビューを記事にしたので読んでみてくださいね♪

確定申告のギリギリになって慌てないように事前に導入の検討をしておきましょう。

【PR】cryptact公式ホームページはコチラから

合わせて読みたい 【確定申告】仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)を導入した感想&新規アカウント開設方法

合わせて読みたい 仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)の新規アカウント開設方法を解説【税金・確定申告】

基本情報・特徴

LONG2024(@TOKEN204999)さん / X (twitter.com)

基本情報

公式ホームページhttp://longcoin.vip/
公式ツイッターLONG2024(@TOKEN204999)さん / X (twitter.com)
コントラクトアドレス0x0080428794a79a40ae03cf6E6C1D56bd5467a4A2
最大供給量10,000 LONG
時価総額
$587,642
情報は記事執筆時点の情報に基づく

どんなコイン?

Loong は、「Loong Coin Culture」を IP として、Dragon Coin 文化の信者と愛好家のグローバル コミュニティ間で発行された分散型 Dragon Coin 文化交換トークンです。 Loong は、新世代のパブリック チェーン テクノロジーに基づいており、NFT ドラゴン コイン ゲームとオフラインの文化創造シーンをエコロジー サポートとして使用して、新しいドラゴン カルチャー WEB3.0 世界を創造します。これは、オンラインおよびオフラインのドラゴン コインの文化交流活動を世界的に刺激し、促進することを目的としています。 ドラゴンコイン証書。 Helongコインの文化的エッセンスは、中国の優れた伝統文化の継承と発展を促進し、中国の文化的自信を強化します。Loongの中核目標は、グローバルなドラゴンコインの文化エコシステムを確立し、ドラゴンコインに関連する多様なアプリケーションシナリオとコミュニティを作成することです。 このエコシステムは、NFTドラゴンコインゲーム、ドラゴンコインマップ、ドラゴンコインモールなどの形で開始され、ユーザーにあらゆるドラゴンコインの文化体験と参加の機会を提供します。 ゲームやアクティビティに参加することで、ユーザーは Loong の報酬を獲得し、他の Dragon Coin 愛好家との交流やコミュニケーションを楽しむことができます。Loong プロジェクトは、プロジェクトの民主的な統治とコミュニティの参加を確保するために、分散型の Dragon Coin DAO 組織と投票メカニズムを採用しています。 Loong を保有するユーザーは、意思決定と投票に参加し、開発の方向性やプロジェクトの主要な運営上の決定に投票して影響を与えることができます。 LOONG は、ブロックチェーンとスマート コントラクト技術に基づいたデジタル暗号化仮想通貨で、LOONG ソーシャル ネットワークのインセンティブ メカニズムと消費行動のために開発されました。 Long は、トークンとして、プラットフォーム上のスマート コントラクトとトランザクションの動作媒体を提供し、交換、支払い、報酬に使用されます。デジタル アイデンティティ デジタル アイデンティティは、デジタル経済の発展の重要な部分であり、デジタル経済の重要なインフラストラクチャの 1 つです。 LOONGソーシャルネットワーク。 ブロックチェーン暗号化技術に基づいて、ユーザーは LOONG ソーシャル ネットワーク内で、改ざん防止された匿名の独自のデジタル ID を持つことになります。 データの保存と送信 データは現代の技術開発の生命線であり、その保存は非常に重要です。 ブロックチェーン技術に基づいて、ユーザーは LONG 上にデータを生成して保存できます。 クライアントノードは、データ変更やシステム管理に含まれるその他のデータを受け取ると、ブロックチェーンネットワークの会計ルールに準拠したデータを生成し、検証や保存などのためにブロックチェーンネットワークに送信します。 ブロックチェーンの性質上、データは一度保存されると変更または削除できません。 データのエンコードにより、ファイルを効果的な形式に圧縮してストレージ容量を節約できます。 ブロックの P2P の性質により、データ送信はさまざまなノード間で分散されます。 一部のノードやネットワークが破壊されても、他の部分への影響はほとんどありません。NFT LOONGの作成・流通利用者は、NFTメタデータを適切な形式に変換して保存し、NFTデータのハッシュ値を含む情報に署名して送信することができます。 独自のNFTを鋳造するためのスマートコントラクト。 鋳造されたNFTは、固有のブロックチェーンアドレスに永続的にリンクされます。 クリエイターは、NFT を使用して、写真、ビデオ、アートワーク、チケットなどを含むがこれらに限定されないデジタル作品の存在と所有権を証明できます。さらに、クリエイターは、NFT のすべての取引と流通に対してロイヤルティを獲得することもできます。

引用元 暗号資産価格、チャート、時価総額 | CoinMarketCap

ミームコインとは

ミームコインとはインターネット上のスラング・ノリ・文化から生まれたミームを元にしたコインなどを指します。基本的には実用性が無いものがほとんどです。単純にジョークで生まれたコインなので娯楽目的と言えるでしょう。過去にミームコインの中では50万倍の高騰をした仮想通貨もあるのでミーコインミリオネアを目指す方も多くいます。

価格推移

直近の推移

将来的な価格予測

ここからは将来的な価格推移について確認をしていきましょう。

Pricepredictionの将来価格予測

2025年時点での予測価格記事執筆時点で掲載なし
2030年時点での予測価格
Price Prediction | 暗号通貨の価格予測 2023, 2025, 2030

Digitalcoinpriceの将来価格予測

2025年時点での予測価格$704.71ドル
2030年時点での予測価格$2,022.38ドル
All Cryptocurrency Price Chart | Digital Coin Price

ポイント

※あくまでも将来の予測になります。予測を過信せず参考の一つにしてください。

外部監査による安全性

ここからは安全性について見ていきたいと思います。

下記の仮想通貨外部監査機関によるレポートを引用していきます。

Certik(サーテック)による監査結果

100点満点中のスコア記事執筆時点で掲載なし
評価ランク

Certik(サーテック)の評価ランクは最高が「AA」で最低が「D」の評価になります。

「AAA」→「AA」→「A」→→「BBB」→「BB」→「B」→「CCC」→「CC」→「C」→「DD」→「D」の10段階表記になります。

Cyberscope(サイバースコープ)による監査結果

100%満点中のスコア記事執筆時点で掲載なし
評価ランク

購入方法

ここからは具体的な購入方法について見ていきましょう。

海外の仮想通貨取引所で購入する場合について確認をしていきます。

購入の流れについて説明をしていきます。

購入の大まかな流れ

  • コインチェックでリップルを購入する
  • リップルを海外の仮想通貨取引所に送金する
  • 海外仮想通貨取引所で購入する

仮想通貨のリップルを送金する理由には二つあります。

①送金スピードが速い事②送金手数料が安い事という理由があります。

リップルは送金に適した仮想通貨なのでリップルを選んでいます。

手順の解説

国内仮想通貨取引所の口座を持っていない方はこの機会に新規口座を開設しましょう。

海外の仮想通貨取引所への送金の為に国内の仮想通貨取引所の口座が必要になるからです。

10分程度で開設が可能になっています。もちろん無料で作成できますよ。

DNくん
DNくん

筆者が仮想通貨を始めた時、一番最初にコインチェックを開設しました。

取引所は多種ありますが、初心者には一番分かりやすく歴史のあるコインチェックをおススメします。

コインチェックは銀行振り込みやコンビニ入金が可能になっており、500円から仮想通貨の購入が可能になっています。

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

Coincheckの新規口座開設はコチラ

手順① Coincheckで口座開設をする

【PR】おススメ仮想通貨取引所

コインチェック

【PR】👉Coincheckの特徴

  • アプリDL数がNo1
  • 初心者にも分かりやすいサイト設計
  • 365日体制のサポート
  • 国内最古の歴史がある取引所

合わせて読みたい 仮想通貨取引所のコインチェック(Coincheck)とは?安全性や使いやすさなどの実際に使用してみての感想

合わせて読みたい 仮想通貨取引所のコインチェックで仮想通貨を購入する方法(販売所編)

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

Coincheckの新規口座開設はコチラ

手順② Coincheckで仮想通貨の購入を行う

コインチェックの口座開設が完了したら、まず最初に日本円の入金を行います。

仮想通貨の購入の為に日本円入金を行います。

まずはホーム画面から「日本円の入金」を選択しましょう。銀行振り込みやコンビニ入金などが選択して頂けます。

やり方 仮想通貨取引所のコインチェック(Coincheck)での日本円の入金方法について解説

次に販売所で仮想通貨の購入を行います。

トップ画面の「販売所(購入)」へ進み「リップル」を選択して購入します。

やり方 仮想通貨取引所のコインチェックで仮想通貨を購入する方法(販売所編)

手順③ 海外の仮想通貨取引所の開設

現時点での購入可能な仮想通貨取引所はコチラのページから確認して頂くことが可能になっています。

コインマーケットキャップの公式ホームページに移行します。

現時点での購入可能な仮想通貨取引所を見る

コインマーケットキャップのページから「市場」を押すと購入可能な仮想通貨取引所が分かります。

どの購入所で購入するのかはユーザー様の判断でお願いします。

時期によっては購入可能場所の選択肢は広がっていると思います。

また、当ブログの紹介リンクを下記に貼っておきますのでご利用ください。

筆者がメインで利用している海外の仮想通貨取引所はBitgetです。

Bitgetを利用している一番の理由は安全性です。保護基金が充実しており、もしもの事があっても保護基金からの補填がされるので大事な資産を置いておくことが出来ると考えています。

DNくん
DNくん

アカウントの登録は1分もあればサクッと開設できますよ

下記リンクより新規開設で手数料ずっと30%オフ

Bitgetの公式のホームページはこちら

仮想通貨取引所のBitget

設立国Seychelles
所在地60 Payar Lebar Road #08-55 Payar Lebar Square Singapore 409051
取り扱い銘柄数490以上
コピートレード取引量世界1位
準備金制度(POR)/保護基金
取引手数料Maker0.02%/Takaer0.06%
グローバルユーザー数800万人以上
1日の取引量100億USDT以上
スマホアプリandroid/iPhone
日本語対応

下記リンクより新規開設で手数料ずっと30%オフ

Bitgetの公式のホームページはこちら

仮想通貨じい
仮想通貨じい

手数料が安くて有名な取引所じゃ

👉BItgetおススメポイント

  • セキュリティに関して高い評価をされている
  • コピートレードで有名
  • デリバティブ取引で世界5位にランキングされている
  • 800万人のユーザー
  • 1000億ドルの取引高(2021年)
  • 世界100か国以上で展開している

関連 Bitget解説|新規口座開設&2段階認証・KYC認証の設定について

関連 Bitget|コピートレードのやり方・手数料・やって分かったおすすめ設定について解説

DNくん
DNくん

取り扱い銘柄数は下記のとおりです

仮想通貨取引所の名前取り扱い銘柄数
Binance(バイナンス)約360
Bybit(バイビット)約300
Kucoin(クーコイン)約750
MEXC約1600
Bitget(ビットゲット)約500
Gate.io約1700
OKX約350
BTCEX約190
CoinEx(コインエックス)約700
BingX(ビンエックス)約500

手順④ 仮想通貨の送金を行う

コインチェックで購入した仮想通貨を海外の仮想通貨取引所に送金します。

  • ホーム画面の「暗号資産の送金」を選択
  • 「送金する通貨」をリップルを選択
  • 送金先アドレスを入力
  • 宛先タグを入力
  • 送金目的を入力
  • 送金額を入力
  • 「送金する」をクリック

以上のような手順で送金を行います。

今回はリップルで行いましたが、「ビットコイン」や「イーサリアム」でも送金は可能になっています。

また、送金した際に間違えたアドレスに送付してしまった場合には仮想通貨は帰ってこないと思ってください。

なので、必ず最初に少額の金額でテスト送付を行うようにしてくださいね。

手順⑤ 海外の仮想通貨取引所で購入する

送金が完了したら、海外の仮想通貨取引所で現物購入を行いましょう。

DNくん
DNくん

送金から購入までの流れは以上になります。

  • この記事を書いた人

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

-仮想通貨解説
-

error: このページは右クリックなどはできません。