仮想通貨解説

仮想通貨SMART(スマート・$SMART)とは?特徴・将来性・買い方・今後の価格予測(チャートAI分析)・安全性について解説

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

(※重要)投資に関する判断は自己責任でお願いいたします。本記事に記載されている事は、記事執筆時点での情報に基づいて記載をしています。

このブログについて

筆者は、ブログ・Twitter・Youtubeで仮想通貨に関する情報を日々発信しています。

仮想通貨と接してきた経験をもとに本記事を執筆しています。

当ブログはアフィリエイトプログラムに参加をしています。

当ブログ内で利用されているリンクはアフィリエイトリンクを利用しています。

DNくん
DNくん

分かりやすく説明していきますね~!!

おススメ国内仮想通貨取引所

基本的に国内仮想通貨取引所は取り扱い銘柄が少なく海外の仮想通貨取引所は取り扱いが豊富という違いがあります。

どこの仮想通貨取引所を利用するかは個人の判断でお願いします。

まだ、国内の仮想通貨取引所を開設していない方はこの機会に開設してみてくださいね。

DMM Bitcoin

【PR】有名なDMMグループが運営する仮想通貨取引所であるDMM Bitcoin。

【PR】DMM Bitcoin公式ホームページはコチラから

暗号資産をはじめるなら、DMM Bitcoin

Coincheck

【PR】500円の少額から利用できるコインチェックの口座を持っていな方はこの機会に口座開設をサクッと行っておきましょう。

コインチェック

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

Coincheckの新規口座開設はコチラ

仮想通貨の税金について

仮想通貨の損益の計算を簡単にしてくれる損益計算ソフトの”クリプタクト”を実際に利用してみました。

DNくん
DNくん

レビューを記事にしたので読んでみてくださいね♪

確定申告のギリギリになって慌てないように事前に導入の検討をしておきましょう。

【PR】cryptact公式ホームページはコチラから

合わせて読みたい 【確定申告】仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)を導入した感想&新規アカウント開設方法

合わせて読みたい 仮想通貨損益計算ソフトのクリプタクト(Cryptact)の新規アカウント開設方法を解説【税金・確定申告】

基本情報・特徴

Smart Blockchain(@SmartNetwork27)さん / X (twitter.com)

基本情報

公式ホームページhttps://smartblockchain.com/en/
公式ツイッターSmart Blockchain(@SmartNetwork27)さん / X (twitter.com)
コントラクトアドレス
最大供給量9,000,010,200,000 SMART
時価総額
$79,994,571,494
情報は記事執筆時点の情報に基づく

どんなコイン?

スマート (SMART) は、スマート ブロックチェーン ネットワークの親コインです。スマート ブロックチェーンは、革新的な技術を使用して従来のブロックチェーン ネットワークに関連する問題を解決する、簡単に拡張可能なブロックチェーン ソリューションです。スマート ブロックチェーンのコンセンサス メカニズムは、革新的な DPoS (Delegated Proof of Stake) を使用します。 システム。 ブロックチェーン モデルは、Google Protobuf (プロトコル バッファ) システムに基づいており、分散ネットワークとトークンを迅速に作成し、既存の製品に統合できます。スマート ブロックチェーン ネットワークは、1 秒あたり最大 2,000 トランザクションという高いスループットが特徴です。 動的な手数料が低く、新しいブロックの作成速度は平均 3 秒です。さらに、このプロジェクトには多機能の暗号通貨ウォレットである SMART ウォレットがあり、SMART を含む最も人気のあるデジタル通貨をサポートしています。スマート ブロックチェーンは 2023 年に、ある企業によって開始されました。 ブロックチェーンの専門家からなる経験豊かなチームが、高速なスケーラビリティ、トランザクション速度、セキュリティの問題を解決する任務を負っています。このプロジェクトは着実に開発を続けており、世界中の何十万人もの暗号通貨愛好家を魅了しています。

引用元 暗号資産価格、チャート、時価総額 | CoinMarketCap

価格推移

直近の推移

将来的な価格予測

ここからは将来的な価格推移について確認をしていきましょう。

Priceprediction(プライスプレディクション)の将来価格予測

2025年時点での予測価格記事執筆時点で掲載なし
2030年時点での予測価格
Price Prediction | 暗号通貨の価格予測 2023, 2025, 2030

Digitalcoinprice(デジタルコインプライス)の将来価格予測

2025年時点での予測価格記事執筆時点で掲載なし
2030年時点での予測価格
All Cryptocurrency Price Chart | Digital Coin Price

ポイント

※あくまでも将来の予測になります。予測を過信せず参考の一つにしてください。

外部監査による安全性

ここからは安全性について見ていきたいと思います。

下記の仮想通貨外部監査機関によるレポートを引用していきます。

Certik(サーテック)による監査結果

100点満点中のスコア記事執筆時点で掲載なし
評価ランク

Certik(サーテック)の評価ランクは最高が「AA」で最低が「D」の評価になります。

「AAA」→「AA」→「A」→→「BBB」→「BB」→「B」→「CCC」→「CC」→「C」→「DD」→「D」の10段階表記になります。

Cyberscope(サイバースコープ)による監査結果

100%満点中のスコアSMART(SMART)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap
評価ランク

購入方法

ここからは具体的な購入方法について見ていきましょう。

海外の仮想通貨取引所で購入する場合について確認をしていきます。

購入の流れについて説明をしていきます。

購入の大まかな流れ

  • コインチェックでリップルを購入する
  • リップルを海外の仮想通貨取引所に送金する
  • 海外仮想通貨取引所で購入する

仮想通貨のリップルを送金する理由には二つあります。

①送金スピードが速い事②送金手数料が安い事という理由があります。

リップルは送金に適した仮想通貨なのでリップルを選んでいます。

手順の解説

国内仮想通貨取引所の口座を持っていない方はこの機会に新規口座を開設しましょう。

海外の仮想通貨取引所への送金の為に国内の仮想通貨取引所の口座が必要になるからです。

10分程度で開設が可能になっています。もちろん無料で作成できますよ。

DNくん
DNくん

筆者が仮想通貨を始めた時、一番最初にコインチェックを開設しました。

取引所は多種ありますが、初心者には一番分かりやすく歴史のあるコインチェックをおススメします。

コインチェックは銀行振り込みやコンビニ入金が可能になっており、500円から仮想通貨の購入が可能になっています。

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

Coincheckの新規口座開設はコチラ

手順① Coincheckで口座開設をする

【PR】おススメ仮想通貨取引所

コインチェック

【PR】👉Coincheckの特徴

  • アプリDL数がNo1
  • 初心者にも分かりやすいサイト設計
  • 365日体制のサポート
  • 国内最古の歴史がある取引所

合わせて読みたい 仮想通貨取引所のコインチェック(Coincheck)とは?安全性や使いやすさなどの実際に使用してみての感想

合わせて読みたい 仮想通貨取引所のコインチェックで仮想通貨を購入する方法(販売所編)

【PR】Coincheck公式ホームページはコチラから

Coincheckの新規口座開設はコチラ

手順② Coincheckで仮想通貨の購入を行う

コインチェックの口座開設が完了したら、まず最初に日本円の入金を行います。

仮想通貨の購入の為に日本円入金を行います。

まずはホーム画面から「日本円の入金」を選択しましょう。銀行振り込みやコンビニ入金などが選択して頂けます。

やり方 仮想通貨取引所のコインチェック(Coincheck)での日本円の入金方法について解説

次に販売所で仮想通貨の購入を行います。

トップ画面の「販売所(購入)」へ進み「リップル」を選択して購入します。

やり方 仮想通貨取引所のコインチェックで仮想通貨を購入する方法(販売所編)

手順③ 海外の仮想通貨取引所の開設

現時点での購入可能な仮想通貨取引所はコチラのページから確認して頂くことが可能になっています。

コインマーケットキャップの公式ホームページに移行します。

現時点での購入可能な仮想通貨取引所を見る

コインマーケットキャップのページから「市場」を押すと購入可能な仮想通貨取引所が分かります。

どの購入所で購入するのかはユーザー様の判断でお願いします。

時期によっては購入可能場所の選択肢は広がっていると思います。

また、当ブログの紹介リンクを下記に貼っておきますのでご利用ください。

筆者がメインで利用している海外の仮想通貨取引所はBitgetとMEXCです。

Bitgetを利用している一番の理由は安全性です。保護基金が充実しており、もしもの事があっても保護基金からの補填がされるので大事な資産を置いておくことが出来ると考えています。

DNくん
DNくん

アカウントの登録は1分もあればサクッと開設できますよ

下記リンクより新規開設で手数料ずっと30%オフ

Bitgetの公式のホームページはこちら

仮想通貨取引所のBitget

設立国Seychelles
所在地60 Payar Lebar Road #08-55 Payar Lebar Square Singapore 409051
取り扱い銘柄数490以上
コピートレード取引量世界1位
準備金制度(POR)/保護基金
取引手数料Maker0.02%/Takaer0.06%
グローバルユーザー数800万人以上
1日の取引量100億USDT以上
スマホアプリandroid/iPhone
日本語対応

下記リンクより新規開設で手数料ずっと30%オフ

Bitgetの公式のホームページはこちら

仮想通貨じい
仮想通貨じい

手数料が安くて有名な取引所じゃ

👉BItgetおススメポイント

  • セキュリティに関して高い評価をされている
  • コピートレードで有名
  • デリバティブ取引で世界5位にランキングされている
  • 800万人のユーザー
  • 1000億ドルの取引高(2021年)
  • 世界100か国以上で展開している

関連 Bitget解説|新規口座開設&2段階認証・KYC認証の設定について

関連 Bitget|コピートレードのやり方・手数料・やって分かったおすすめ設定について解説

DNくん
DNくん

取り扱い銘柄数は下記のとおりです

仮想通貨取引所の名前取り扱い銘柄数
Binance(バイナンス)約360
Bybit(バイビット)約300
Kucoin(クーコイン)約750
MEXC約1600
Bitget(ビットゲット)約500
Gate.io約1700
OKX約350
BTCEX約190
CoinEx(コインエックス)約700
BingX(ビンエックス)約500

草コインやミームコインを購入海外の仮想通貨取引所の、おススメはMEXCになります。

MEXCは手数料も非常に安い仮想通貨取引所になりますのでおススメです。

コチラも、新規口座開設を行っておきましょう。

下記リンクより新規開設で手数料ずっと10%オフ

MEXCの新規口座開設はコチラ

口座の開設方法に関する記事も執筆していますのでそちらも参考にしてみて下さい。

開設方法 【初心者用】MEXCでの新規アカウントの口座開設方法について解説します

仮想通貨取引所のMEXC

どこの国の仮想通貨取引所?シンガポール
最大レバレッジ数200倍
取り扱い銘柄数約1600
設立年2018年
展開国数170以上
ユーザー数1000万人以上
スマホアプリandroid&iPhone
日本語対応
MEXCの基本情報

下記リンクより新規開設で手数料ずっと10%オフ

MEXCの新規口座開設はコチラ

仮想通貨じい
仮想通貨じい

手数料が安くて有名な取引所じゃ

👉MEXCおススメポイント

  • 世界トップレベルの取り扱い銘柄数
  • 非常に安い手数料水準
  • 使いやすいく優秀なプラットフォーム
  • 日本語完全対応

関連 【初心者用】MEXCでの新規アカウントの口座開設方法について解説します

関連 MEXCでのGoogle二段階認証の設定方法について解説します

DNくん
DNくん

取り扱い銘柄数は下記のとおりです

仮想通貨取引所の名前取り扱い銘柄数
Binance(バイナンス)約360
Bybit(バイビット)約300
Kucoin(クーコイン)約750
MEXC約1600
Bitget(ビットゲット)約500
Gate.io約1700
OKX約350
BTCEX約190
CoinEx(コインエックス)約700
BingX(ビンエックス)約500

手順④ 仮想通貨の送金を行う

コインチェックで購入した仮想通貨を海外の仮想通貨取引所に送金します。

  • ホーム画面の「暗号資産の送金」を選択
  • 「送金する通貨」をリップルを選択
  • 送金先アドレスを入力
  • 宛先タグを入力
  • 送金目的を入力
  • 送金額を入力
  • 「送金する」をクリック

以上のような手順で送金を行います。

今回はリップルで行いましたが、「ビットコイン」や「イーサリアム」でも送金は可能になっています。

また、送金した際に間違えたアドレスに送付してしまった場合には仮想通貨は帰ってこないと思ってください。

なので、必ず最初に少額の金額でテスト送付を行うようにしてくださいね。

手順⑤ 海外の仮想通貨取引所で購入する

送金が完了したら、海外の仮想通貨取引所で現物購入を行いましょう。

DNくん
DNくん

送金から購入までの流れは以上になります。

  • この記事を書いた人

DN

2022年から仮想通貨に関する情報発信を開始。 今まで一切投資に興味は無かったが新しい事をしてみたく仮想通貨の世界に。 これから大きく変わっていく世の中とともに仮想通貨の可能性を大きく感じています! 初心者の頃は私も分からないことばかりでしたが、その経験を活かし読者の方に理解してもらえるように記事を執筆しています。

-仮想通貨解説
-

error: このページは右クリックなどはできません。